嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group Z

Group-Iには以下のアーチストが含まれます。
Zaenal Arifin

Zaenal Arifin
ミュージシャン
Zaenal Arifinは1935年5月5日に中部ジャワ州のスラカルタで生まれ2002年3月31日にジャカルタで没した。享年66歳。
彼は1957年のOslan HuseinとMus DSが共に立ち上げたOrkes Teruna Riaの解散後にZaenal Comboを立ち上げたインドネシアの歌手である。

Bill Saragih, Maryono, Sadikin Zuchra, Paul Hutabarat, Didi Pattirani や歌手の Ponto dan Ivo NilakreshnaのようなIndonesia All Starsの数人のミュージシャンとと共にZaenal Arifinは1959年の東京でのFloating Fairに出演した。帰国後ZaenalはZaenal Comboを立ち上げインドネシア社会から広く称賛を得たのだった。

1960年代を通してZaenal Comboの音楽はインドネシア音楽界の王者であった。ミナンの歌の歌手のElly Kasimやポップス歌手のLilis Suryani, Ernie Djohan, Alfian, duet Tuty Subardjo/Onny Suryono, Patti Sisters, Tetty Kadi, Anna Mathovani, Emilia Contessa, Aida Mustafa, Titi Qadarsih, Angel Paff, Lily Marleneさらには地方の歌の歌手Fenty Effendi (Sunda), Nurseha, Eva Hasan, Yan Bastian, Irni Yusnita (Minang), Ida Anastya (Bengkulu)など当時の有名であったほぼすべての歌手がZaenal Comboの伴奏で歌った。

Zaenal Comboの伴奏で歌った当時の有名なインドネシアポップスには"Teluk Bayur" (Ernie Djohan), "Senja di Kaimana", "Semalam di Cianjur", "Sebiduk di Sungai Musi" (Alfian), serta "Teringat Selalu", "Pulau Seribu" (Tetty Kadi)、その他多数の曲がある。

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Zaenal_Arifin
目次に戻る  PopIndoの目次に戻る 

2021/05/18 作成

 

inserted by FC2 system