嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group T

Group-Tには以下のアーチストが含まれます。
Teresa Teng
Tetty Kadi
The Crabs
The Mercy's
Titiek Puspa
Titiek Sandhora
Tito Soemarsono
Tonny Koeswoyo
Toto Salmon
Trie Utami
Tulus
Tuti Trisedya

Teresa Teng
歌手
日本語のWikipediaのサイトの内容とインドネシア語のサイトの内容が少し異なるのでインドネシア語版の和訳を載せます。
テレサテン(Teresa Teng鄧麗君)は1953年1月29日生まれて1995年5月8日没した。享年42歳。
彼女の名前は 時にはTeresa Tangあるいは Teresa Deng, Deng Li-junと表記され台湾の伝説的歌手である。彼女は日本を含む東アジア全体でまた中国語普通話の通じる社会で30年以上にわたって有名であった。彼女の歌がロマンチックなバラードであり大衆に親しまれた歌であるために今に至るまで知られている。

TeresaはKapankah Kau Akan Kembal=何日君再来を含無数々の歌をレコード化した。普通話の歌以外に彼女は福建語、広東語、日本語、インドネシア語、英語でレコード化したことがあった。
Teresa Tengはタイのチェンマイでの休暇中に満42歳で急性喘息で1995年5月8日に亡くなった。彼女は台湾の英雄の一人として棺を国旗でくるみ当時の台湾・李登輝総統の立会の元で埋葬された。
Teresaは台北の近くの新北市金山区の金宝山の麓の墓地に埋葬された。ショーの時の衣装でその背景としての歌を伴った本人の像がこの墓地に記念碑として建てられている。ここにはまた巨大なピアノがあり、会葬者がこの鍵盤を踏むことで遊べるようになっている。この墓所はファンがひっきりなしに訪問する場所であり、一般的に墓参するための中国伝統とはとてもかけ離れている行動である。

Teresaが1986年に香港のCarmel Street No. 18の購入した家は、死亡通知が広がった時にまずファンたちが訪れた場所になった。上海の博物館の費用を賄うためにこの家を売る計画は2002年に広告され、その後、3200万香港ドルで売れた。この家はTeresaが51歳になるはずであった2004年1月29日まで公開されなかった。

死後10周年を記念して、Teresa Teng Culture and Education Foundationが"Feel Teresa Teng"という題のキャンペーンを打ち上げた。香港と台湾でのコンサート計画以外にファンたちは金宝山の墓地への参詣も行った。Teresaのガウンや装身具、所有物も中国の桂林市郊外にある芸術公園の愚自楽園での展示会で展示された。

2002年5月、Teresa Tengの蝋人形が香港のマダムタッソー蝋人形館で一般公開になった。

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Teresa_Teng

Tetty Kadi
歌手・政治家
Tetty Kadi BawonoはジャカルタのTanjung Priokで1952年4月3日に生まれた。
彼女はインドネシア人歌手であるとともにゴルカール党から出た国会議員でもある。彼女はKadi大佐の二番目の子でインドネシアの作曲家の一人であるA. Riyantoの従姉妹にあたる。

音楽歴
彼女の歌の多くは1970年代に社会に浸透した。歌を歌う特別な能力はNumataという名のグループバンドを組んだInuとMhala, Tantraの三人の子供たちに遺伝している。
1960年代にTetty Kadiは従姉妹のA. Riyanto作のSepanjang Jalan KenanganをPhillips Compで録音している。最初のレコードはZaenal Comboの伴奏で、Pulau Seribuと Bunga Mawar, Ayah dan Ibu, Habis Gelap Terbitlah Terang, Teringat Selalu, Si Kura-Kura, Alam Desaの8曲と共に1966年に発売された

1967年の二回目のレコードのPulau SeribuとTeringat Selaluの二曲はRemacoレーベルで
、またマレーシアとシンガポールではBintang dan Melodyによって市は何され最大のヒットとなった。これ以外にTetty KadiはMimpi Sedihでも有名である。

長い空白期間ののち2007年にTettyはNumataとコラボしPenjaga Hatiを歌った。

政治経歴
Tetty Kadiはその後ゴルカール党を通じて政界で活動した。2004の総選挙で彼女は西ジャワ州地方議員に選出された。その後2009年の総選挙で2009-2014任期の西ジャワ州第8選挙区選出の国会議員になった。
西ジャワ州地方議会でTetty Kadiは最も重要な常任委員会の一つである委員会Bの副委員長の席にあったこともある。

ディスコグラフィ アルバム
  • Pulau Seribu (1966)
  • Bisikan Angin (1968)
  • Mirip Wadjahmu (1971)
  • Mimpi Sedih (1972)
  • Tetty Kadi (1973)
  • Untukmu (1974)
  • Kucing, Meong (1974)
  • Bulan Purnama (1974)
  • Kasih Sayang (1974)
  • SIAPA DIA. (Remaco.RLL-05)
  • Tak Kusangka (Remaco. RL-037)
  • Sepasang Rusa (Remaco. RL-056)
  • Ratapan Anak Tiri (Indah. SML.12015)
  • Kapan Lagi. (Remaco.RLL-143)

集合アルバム
  • SI BUYUNG (Remaco. RLL-012)
  • 3 BINTANG POP (Remaco. RLL-040)
  • AIR MATA KEKASIH (Diamond. DLL-007)
  • ANEKA 12 volume 10. (Hari ini Tiada Cinta -Remaco. RLL-068)

共同アルバム
  • Bunga Anggrek Mulai Layu. (bersama Alfian -Indah. SML-12026)


  • Mengapa Tiada Maaf (Jawaban)
  • Aku dan Dia
  • Renungkanlah
  • Sepasang Rusa
  • Semalam di Kuala Lumpu
  • Mimpi Sedih
  • kentut yang bau
  • Album Emas Vol 2 Karaoke vcd Indonesia Song
  • Sangkuriang
  • Teratai Hati
  • Tanpamu
  • Ku Tunggu-Tunggu
  • Gadis Kecil
  • Biarkan Bunga Berkembang
  • Pulau Seribu
  • Mawar Berduri
  • Teringat Selalu
  • Bunga Mawar
  • Senandung Rindu
  • Habis Gelap Terbitlah Terang
フィルモグラフィ
  • Tantangan (1969)
  • Mimpi Sedih (1974)

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Tetty_Kadi

The Crabs
歌手
Hilang PermatakuやDuri dan Cinta, Sebelum Kau Pergi, Cinta Remaja, Selamat, Oh Mengapa, Kenangan Abadi, Bali, Laguku Lagumu, Jangan Datang Lagi. Tjinta Sedjatiを歌った。
---------------------------------------
The Crabs was the Indonesian band in 70s, leaded by Bambang Tri (his full name Harto Bambang Trihatmodjo Suharto), the son of the old dictator Suharto. Singing by Widyawati and Sophan Sophiaan and the songs are composed by some of the best from the early 70s like, A. Rianto, Is Haryanto, Idris Sardi, Broery Marantika and Harry Sabar.

[出典]
https://www.last.fm/music/Band+The+Crabs

The Mercy's
グループバンド
The Mercy'sは1965年にメダンで結成されたインドネシアのグループバンドで1970年代に流行った。

歴史
1965–1969年: 結成初期
The Mercy’sは最初1965年にErwin Harahap (gitar)とRinto Harahap (bass), Reynold Panggabean (drum), Rizal Arsyad (gitar, vocal), Iskandar 別名 Boen (kibor)の五人で結成された。このバンドは北スマトラ州メダン市のとある地域出身の少年たちでパーティバンドを作ろうとする同じ意思を持ったグループで立ち明けられたものであった。このバンドはRizal Arsyad (Iis Sugiantoの元夫)がリーダーで、Reynoldはドラマーであった。このグループは常に諸外国の音楽のトレンドに乗っていたので、彼らはThe Beatles, The Bee Gees, The Hollys, C.C.RのみならずMonkeysも参考にしていたのであった。たまにはKoes Plusのヒット曲であるTelaga Sunyiのような国内バンドの歌も演奏した。
The Mercy’sの名前自体、彼らはメルセデスベンツに乗るのが好きだったため小野図出てきたものだった。フランス語で解釈すればMercy’sとは愛あるいは感謝を意味する。彼らは、Noor BersaudaraやCeking, Cruss, Medinasの様にジャカルタでのパーティーバンドとしての方向性をもってお祭り騒ぎの好きな歴史と記憶の主要な物語を作り出した。

1969–1970年: Charles Hutagalungの参加とマレーシアとベトナムでのショー
注意を引くのは結成後一年未満でこのグループはマレーシアでのショーのオファーを得たことである。1970年にマレーシアのペナンでのショーのオファーがあった時Iskandarは同行しないことにした。彼は医学部を退学することが許されなかったので、グループから出た。(現在は神経外科になっている)。このポジションはちょうど元Bhayangkara Nadaを脱退したCharles Hutagalungが埋めた。後日変更になるThe Mercy’sのプレーヤーの完璧な構成はErwin Harahap (Gitar Melody)とRinto Harahap (Gitar Bass), Rizal Arsyad (Gitar Rhythm), Reynold Panggabean (Drum), Charles Hutagalung (Keyboard, Organ)であった。Charlesの加入でThe Mercy’sは以前とは異なる感じのバンドになった。彼は素晴らしいキーボードの演奏手腕を持ちかつまた前面で歌う歌手としての素晴らしい質の声を持っていた。Rintoのポジションはメインシンガーではなくなったが時にはCharlesと一緒に自作の歌を歌うことがあった。彼らはマレーシアのChusan Hotelのナイトクラブのプログラムの消化にほぼ毎晩を過ごした。最初の年、The Mercy’sは確かにメダンから始まってマレーシアのペナンに至るナイトクラブでのハシゴの冒険をしたのであった。
1970年のちょうど中頃、六か月間の契約でThe Mercy’sはメダンに戻ってきて若者たちのパーティーでの演奏活動を再開した。その後彼らは、当時国内で仲間割れして戦争していて命が賭け事であったベトナムでのショーのオファーを受けた。このことは外国で自分たちの曲が認められるために翼を広げるようとしているプロのミュージシャンとしての彼らの気持ちを萎縮させなかった。このような状況の下、出稼ぎ先の国においてメンバーの一人に曲を作る本能が芽生えた。孤独の中でCharlesは一言一言切り込んで素晴らしい曲を作った。そのひとつがThe Mercy’sの名前を頂点まで押し上げたTiada Lagiであった。そして親指の価値のあるのは常に語っていたCharles Hutagalungの描いた理想であったが、Tiada Lagiのようなセンチメンタルに曲を生み出すことができた。この曲を通じてThe Mercy’sは数百万のファンを持つスーパーグループになったのであった。

1970–1971: Medanへの帰還
ベトナムから戻ってきて、このグループは出生地のメダンに定着していて、音楽バンドのBee Gees, The Hollies, Grand Funk, The beatlesなどにその志向をむけ、たった一回だけ彼らのインドネシア語の曲を演奏しただけだった。その時期にシンガポールとバンコクでのショーのオファーが届いた。しかし何らかの理由でこの契約は実らなかった。この話は彼らを失望させるものではなかった。The Mercy’sは舞台上で演奏するためとこの町で初めてオンエア放送のためにTiada Lagiを録音する依頼をRRIメダンから受けた。Tiada Lagiはマレー半島までその電波が届くRRIのリスナーから尋常ではない拍手喝さいを受けた。この件は毎日の放送でのひっきりなしのTiada Lagiへの注文がそれを証明している。
1971年に彼らは今度は日本でのショーのオファーを受けた。当時東京で就学していたインドネシア人の子供でSpokiesグループとBroery Pesolima, Joko Susiloが流行していた。この風の吹きまわしが彼らに勇気を与えた、しかし何らかの理由でし日本でのステージ計画は座礁してしまった。このグループは無責任な人物に騙されていて、Go Internationalの希望は消えそのまま彼らの舞台はメダンを選ぶことになったのだった。彼らは我慢してステージでの行動に戻った。しかし、当時のインドネシアの国民に彼らはまだ知られていなかったため彼らの人気はそれ以上に高くはならなかった。
「The Mery’sがジャカルタに転戦」
1972年にThe Mercy’sはジャカルタに転戦することを決めた。Herman Tobing (ErwinとRinto Harahapの母親の弟)の努力が救いの神の来訪の緒端となった。彼は彼らに手紙を書き音楽をやる場所を探すと約束してジャカルタに移動するように誘った。CharlesとRizal, Rintoはこの初めての機会を利用した。メダンでの事務的問題を解決しなければならなかったのでErwinはReynoldとともに先にジャカルタのステージのパイオニアとなる構成でグループを組んでいた。首都でのその初期に彼らは数か所のナイトクラブに出演して自分たちの曲を演奏した。その後、彼らはTropicana, LCC, Paprica, Mini Discotiqueのような四か所で定期的に開かれたショーに出演した。この好機を彼らの自作曲のUntukmu, Hidupku Sunyi, Loveなどを知らせるThe Mercy’sが利用したのであった。最終地点はThe Mercy’sがジャカルタやバンドという大都市出身のバンドを制覇できることであった。メダン出身のローカルバンドからやってきた彼らはThe Rollies, Giosym The Prosと同等の全国版のバンドになったのであった。ジャカルタの後、インドネシア音楽界を襲った引き潮をThe Mercy’sが感じて、その時期にレコード界に入ったのである。Rizal Arsyadはドイツてで学業を続けるため後日バンドを脱退した。The Mercy’sのリーダーはその時Erwin Harahapに移ったのであった。

い彼らはその後新し楽器とプレーヤーを追加して曲調を変えることを決断した。Albert Sumlang (女性ジャズシンガーのVonny Sumlangの実兄)サックス奏者はMinahasaの血を引いていて参加するように乞われた。サキソフォンの導入はThe Mercy’sの音楽にいろいろな色を与えたことでこの決定はぴったりだった。新しいバンド構成でThe Mercy’sは最初のレコードを吹き込んだ。プロデューサーとしてのRemacoとPurnamaレコード会社とのコラボはThe Mercy’sにとっての初のアルバムを生み出した。このアルバムにはこれらの曲が入っている。TIADA LAGI (Charles H), HIDUPKU SUNYI (Charles. H), BAJU BARU (Charles. H), UNTUKMU (Charles.H), LOVE (Rinto.H), DI PANTAI (Charles. H), BEBASKANLAH (Charles.H), UNTUKKU(Charles.H), WOMEN (Rinto.H), KURELA DIKAU KASIH (Reynold. P), KISAH SEORANG PRAMURIA (Albert Sumlang)。この最初のアルバムは疑うべくもなく爆発的ヒットを招き、インドネシア音楽界においてその主力であるTiada LagiをもってThe Mercy’sの名前を直ちに持ち上げたのであった。上記のTiada Lagiは全国どこでもヒット曲になった。このローカルバンドはレコードとカセットテープの売り上げのトップであったKoes PlusとPanbersの首位の地位を揺り動かすことになった。とはいえ、デビュー以来五枚のシングルをだして、ジャカルタのみならず全国的に民放ラジオの歌ランキングの王者に据えたのだった。
これ以来、The Mercy’sは大衆のアイドルとなったグループに成長した。この異常な優位性は国軍司令部とRemacoとPurnamaレコード会社が1972-1973年に最も愛されたバンドとして褒めたたえ、ミリオンセラーを達成したことからGolden Recordを受賞した。彼らはゆめをじつげんできたのであった。時間を省略して彼らは1972年12月31日に独立記念広場のTaman Riaで、ショーを開催した。このショーには全国的に有名なKoes Plus, Panbers, Favorite’s, Mercy’sが出演した。会場の定員を上回る数千人の観客でステージはごった返した。

The Mercy’sの人気は当時の国内バンドとともに大都市をぶち抜いた。このバンドはざんばら髪と「箒」と呼ばれていたラッパズボンと幅広のネクタイをして色とりどり服を着て1970年代の若い子供たちのアイドルとなった。この行動でCharlesとRinto, Albertのトリオは、Untukmu, Hidupku SunyiとLove, Kisah Seorang Pramuriaのような曲の歌詞を使う上での能力を示したのだった。The Mercy’sはますます伝説的存在のCharles HutagalungとRinto harahapの蓋の偉大さでますます持ち上げられたのであった。彼らの行動は、愛について多くを語る歌詞でインドネシアの音楽ファンの注目を引いた。彼ら二人は作曲と歌唱でThe Mercy’sでの役割を十分に果たしたのであった。ReynoldもMercy’sのために多数の曲を作ったのではあったが。
栄光の時代、The Mercy’sはKoes PlusとPanbers, D’Lloyd, Favourite groupともにThe Big Fiveに入ったことがあった。この過程でThe Mercy’sは6枚のgolden recordと彼らのアルバムで高い評価を獲得した。The Mercy’sは彼らの曲が今に至るまで好まれ楽しまれているので現在までのほぼ20年間インドネシアの伝説的グループバンドの一つであり続けた。もっとも好かれるバンドに三回なった記録があるとともに、Remoacoレコードのミリオンセラーになったアルバムでgolden recordを何回も受賞した。

1973–1976: Charles と Albertの脱退と再加入
インドネシア音楽界を襲う潮流をThe Mercy’sはレコード界に入って以来感じてきた。1974年にCharles Hutagalungはグループ内の問題からThe Mercy’sを脱退するという声明を出すに至った。Charlesの不在期間はRintoがメインボーカルをReynoldがバックボーカルを担当した。
その後すぐCharlesはThe Mercy’sに復帰してレコード会社との契約にあったいくつかのアルバムを作った。The Mercy’sがRemacoの製品になった10番目のアルバムとPopo Melayu, Pop Mandarin, 子供Popを作った後、Charles Hutagalungは1976年にグループを去った。彼はThe Ge&Geという自分のバンドを立ち上げた。Charlesの脱退はソロの経験をもつAlbert Sumlangの脱退を伴った。

1976–1977: Charles Hutagalung & Albert SumlangなしのThe Mercy’sと追加のミュージシャンとしてのJocky Surjoprajogo
1977年頃にThe Mercy’sのキーボード奏者でボーカリストのCharles Hutagalungがグループからの二回目の脱退を宣言したため、The Mercy’sの残された三人のメンバーRinto Harahap (ベースとボーカル)とErwin Harahap (ギター)、Reynold Paggabean (ドラムとボーカル)はこのグループの存続のために努力していた。The Mercy’sの音楽はその初期からトレードマークになっていたキーボードの要素にかけていたために明らかにかたわであった。やや短い間、三人が取り残されたThe Mercy’sはすぐに新しいアルバムのためにスタジオ入りしなくてはならなかったため、The Mercy’sはその後ひそかにキーボード奏者の代理を探した。
不足メンバーを補充するためにReynold Panggabeanは後日God Blessのキーボード奏者であるYockie SurjoprayogoをNomo Koeswoyoが株主のYukawiレーベルでMercy’sの何枚かのアルバムのための追加のミュージシャンとするアイデアを出し、その後Remacoレーベルを去った。この提案をRintoとErwinは受けいれた。最終的にYockie SurjoprjogoはプロとしてThe Mercy’sのアルバムVolume 11と二枚のクリスマスアルバムを始めとするThe Mercy’sのアルバムを支援する要請を受諾した。
Yockieが追加のミュージシャンとして登場した時The Mercy’sにもたらした音楽のやりかたが新しくなったものがあった。キーボードの音色が厚くなったのである。これはCharles Hutagalungが1972年のアルバムThe Mercy’s Volum 1以来常に使ってきたFarfisaキーボードを、一方ロックがその背景にあるYockie SurjoprajogoはHammond B3を好んで使っていたことによるものであろう。

1977–1978: Charles HutagalungとAlbert SumlangのThe Mercy’sへの復帰と解散
1978年にCharles HutagalungとAlbert SemlangがThe Mercy’sに復帰し、彼らは最後のレコードを録音した。アルバムMimpiは1978年にリリースされた二人が復帰したあとの完全なメンバー構成での彼らの最期のアルバムとして記録されている。最後のレコーディングの後The Mercy’sのメンバーはおのおの他のグループで活動し始めた。Charles Hutagalungはソロ活動、Erwin harahapは自分の会社を立ち上げてレコードプロデューサーの事業家として道を選んだ。Albert Sumlangは他の歌手のソロアルバムの支援に忙しく、Rinto Harahapはソロシンガーになり、Lolypopバンドを立ち上げ、レコード会社を設立し、作曲活動も行って、シンガーとしても大人気を博した。Raynold Panggabeanはダンドウットの流れをくむOrkes Melayu Tarantulaを立ち上げることを決めたのだった。

これらの活動が行われた後The Mercy’sはレコード業界で真空になり、最終的に伝説的バンドThe Mercy’sの歴史が終わる崖淵に建った。The Mercy’sが大衆に広く愛されて成功したポップ、クロンチョン、子供用ポップス、賛美歌の40枚のアルバムが記録されている。Rinto Harahapは常に、The Mercy’sは以前存在していると主張し彼らからも解散という公式な表明離されていないのである。拒否はできないのではあるが、The Mecy’sは、Charles Hutagalungの存在によって知られ、他のメンバーはその補助であったことが言えるであろう。

解散後と死亡後
The Mercy’sは公式には解散したことにはなっていないが、メンバーたちでまだ残っているのはErwin Harahapと Reynold Panggabeanだけになった。Chalesは2001年5月7日7:53にジャカルタのクバヨランバルのPertamina中央病院に向かう途中で亡くなった。11月16日から集中治療を受けていたAlbert Sumlangは続いて2009年12月6日にGatot Subrotoの陸軍中央病院で19:30に息を引き取った。そして最後は2015年2月9日のRinto Harhapの死去であった。

バンドメンバー
Anggota terakhir
Erwin Harahap - gitar, vokal (1965–1978)
Rinto Harahap - bass, vokal (1965–1978)
Reynold Panggabean - drum, vokal (1965–1978)
Charles Hutagalung - kibor, vokal (1970–1974), (1975–1976), (1978)
Albert Sumlang - saksofon, vokal (1972–1974), (1978)
元メンバー
Iskandar - kibor, vokal (1965–1970)
Rizal Arzad - gitar, vokal (1965–1972)

ディスコグラフィ
スタジオアルバム
  • Volume 1 (1972)
  • Volume 2 (1973)
  • Volume 3 (1973)

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/The_Mercy%27s

Titiek Puspa
歌手、作曲家
Titiek Puspaは1937年11月1日に南カリマンタン州Tabalong県、Tanjungで生まれた。
インドネシアの音楽家である彼女の名はSudarwatiからKadarwatiと変わり最終的にはSumartiとなった。

幼少期
Titielは1937年11月1日に南カリマンタン州Tabalong県、TanjungでTugeno PuspowidjojoとSiti Mariamの間にSudarwatiの名で生まれた。その後Kardawatiに最終的にはSumartiに変わった。幼少期彼女は幼稚園教諭になることを夢見ていた。数々の歌謡コンテストで優勝したあと彼女は14歳ころに芸能人になることを決めた。しかしながら、両親はこの決定に反対していた。
Titiek Puspaの名は日ごろの呼び名のTitiekと父親の名前のPuspoからPuspaにした。この名前は彼女自身が統率していて芸能生活の初期にこのバンドで歌っていたPUSPA SARIにも採用されている。

芸能経歴
TitiekとBing Slamet.
芸能活動の初期はスマランで始まり、その時に彼女は歌唱ラジオスターコンテストに参加していた。歌唱の分野だけではなくTitiekはBawang Merah Bawang PutihやKetupat Lebaran, Kartini Manusiawi, Ronce-ronceなどのオペレッタのような、TVRIの視聴者がとても好んでいた数々のオペレッタに取り組むことでその統合性を表現した。
Gembiraレーベルでの最初のレコードはDi Sudut Bibirmu, Esok Malam Kau KujelangとTuty DaulayとのデュエットでEmpat Selawan Sarimanの伴奏でIndada Siriritonが含まれている。1960年代の中盤にTitek PuspaはOrkes Studio Jakartaの専属歌手になった。この時Titiek Puspaは作曲家でオーケストラの指揮者であるIskandarと後に彼女の夫になるRRIの歌手のZainal Ardiのたくさんの指導を受けた。人気歌手への階段を上り始めた歌手としてTitiekはアルバムに納めるために自分自身でまだ作曲はせずIskandar, Mus MualimやWedasmaraの多数の曲を収録した。12曲が入ったアルバムSi Hitam dan Pita (1963)になって初めてすべて自作の曲で当時はやったものを収録していて、アルバムDoa Ibuは12曲の収録曲中11曲が自作のものであり一曲はMus Mualimの作である。アルバムSi Hitamからますます流行った歌にはSi HitamとTinggalkan, Aku, Asmaraがある。アルバムSi HitamとDoa Ibuは素晴らしいインドネシアの歌の作曲家で歌手であるTitiek Puspaをますます突き上げることになったMinah Gadis Dusun, Pantang Mundurのような曲を含んでいるため伝説なアルバムになっている。TitiekはOrkes Studio Jakartaを1962年に脱退した。芸名は1950年代にスカルノ大統領による命名である。
1957年TitiekはRRIの職員のZainal Ardhyと結婚した。1963年に二人の娘ができた。この間、Titiekは作曲を夫のZainalから学び始めた。Puspaは歌唱以外に作曲も行った。
2009年にTitiekは子宮頸がんの宣告を受けた。シンガポールのMount Elizabeth病院への入院の二カ月(この間に61曲を作った)を含めた数か月間の治療の後、全治と言われた。彼女は病院での治療と共に行った祈りががんとの闘いに成功した要素であると言っていた。

2017年のTitiek Puspa
2014年にTitiekはDuta Cintaという名前の少数民族書の背景を持った10人の子供のボーカルグループを結成した。2017年にこのボーカルグループはPests Sahabatの第三話(Aku Anak Sehat)から第六話の(Kasih Ibu)までに登場した。2018年7月25日にDuta CintaはTitiekとともにPesta Sahabat Anak Indonesiaに再登場した。
2017年以来、TitiekはPesta Sahabat Cinta Indonesiaから始まった(Pesta SZahabat Lebaran Sebentar Lagiと第17話Kampung Halaman
除いて)RTVのミュージカルドラマPesta Sahabatに登場した。

コンサート
70歳の誕生日を記念して、TitiekはKarya Abadi Sang Legenda: 70 Tahun Titiek Puspa「伝説の人Titiek Puspa 70歳の永遠の作品」と題したコンサートを開いた。このコンサートはTitiek Puspaの関係者各位と国家に対するTitiek Puspaの仕事仲間へ、特に聴取者たちとTitiek Puspaのファンたちへの感謝の形としての意図を目的としたものであった。Dian HP Orchestraの演奏を伴ったこのコンサートはAri Lasso, Andi /rif, 3 Diva (KD, Titi DJ, Ruth Sahanaya), Melly Goeslaw, Vina Panduwinata, Pinkan Mambo, Yovie Widianto, Hedi Yunus, Kevin Aprilio, Rio Febrian, Delon Thamrin, Bob Tutupoly, Dewi Sandra, Emilia Contessa, Marini, Euis Darliah, Elvy Sukaesih, Inul Daratista, Warna, Project Pop, Mamma MiaのアーティストのGita Gutawa, Host Ringgo Agus Rahman, Daniel Mananta, Tamara Bleszynski, さらには諸大臣や高級官僚と元高級官僚を率いたSusilo Bambang Yudhoyono大統領も巻き込んだ。

プライベートライフ
Titiekは映画監督のMus Mualimと結婚した。(/1)彼らには二人の子供がいる。2008年現在Titiekは南ジャカルタ市に住んでいる。

業績
Titiek Puspaは2020年のインドネシアの切手シリーズになった。

ディスコグラフィ
ソロアルバム
• Kisah Hidup (1963)
• Puspa Dewi (Bali. ARN-1001)
• Tinggi Gunung Seribu Janji (Irama. EP-03)
• Daun Yang Gugur (Irama. EP-27)
• Ditinggal Kekasih (Extended Play / Irama. EP-85)
• Selamat Jalan, Selamat Berpisah (Extended Play /Irama. EP-86)
• Buka Pintu (Single Play /Irama. SP-50)
• Si Hitam (Irama. LPI 175116)
• Sampul Surat (Single Play /Irama. SP-61)
• Doa Ibu (Irama. LPI-17580)
• Sok Teu (J&B. JBL-28837)
• Aneka Gaya Titiek Puspa (Irama. LPI-175126)
• Pita (Irama. LPI 175138) (1963)
共同アルバム
• Mari Bersukaria dengan Irama Lenso (Irama. LPI-17588) (1965)
• Gajah Dungkul - Titiek Puspa, Bing Slamet dan Indonesia Tiga (Bali Rec. BLP-7005)
• Duta Cinta & Titiek Puspa (Musica Studio's) (2015)[10]
複合アルバム
• Papaya, Mangga, Pisang, Jambu (Bisikan Alam Maya - Irama. LPI-17522)
• Ini dan Itu volume 2 (Mata Sapi; Dulu dan Kini - Mesra. LP-19)
• Kroncong Parade (Bubuy Bulan; Bengawan Solo. - Pop Sound. 6417-001)

Lagu
• Mama (1964)
• Bing (1974)
• Kupu-Kupu Malam (1977)
• Apanya Dong (1982)
• Horas Kasih (1983)
• Virus Cinta (1997)
• Gang Kelinci
• Romo Ono Maling
• Rindu Setengah Mati
• Adinda
• Cinta
• Jatuh Cinta
• Pantang Mundur
• Ayah
• Marilah Kemari
• Burung Kakaktua
• Bapak Pembangunan
• Menabung
• Aku Suka Musik
• Dansa Yo Dansa
• Bimbi
• Gadis
• Anti-Mainstream (OST Si Juki The Movie) (2017)
• Sampah Sayang feat Jane Callista, Khadijah Banderas & All Artist (2019)
Lain-lain
• Terima Kasih Tuhan (2008)
フィルモグラフィ
映画
題名 配役 説明
1966 Minah Gadis Dusun
1966 Di Balik Tjahaja Gemerlapan
1972 Bing Slamet Setan Djalanan
1972 Pemburu Mayat
1972 Rio Anakku
1974 Ateng Minta Kawin
1974 Bawang Putih Mak Bakung Juga sebagai penulis cerita
1975 Tiga Cewek Badung Titiek
1976 Inem Pelayan Sexy Bu Cokro
1976 Inem Pelayan Sexy II Bu Cokro
1976 Inem Pelayan Sexy III Bu Cokro
1977 Karminem Karminem
1979 Kisah Cinta Rojali dan Zuleha Pemilik warung
1979 Tuyul Perempuan Tuyul Puspa
1980 Putri Giok
1980 Gadis Bu Titik Juga sebagai penulis cerita
1981 Koboi Sutra Ungu
1983 Apanya Dong Pei-Pei
2008 Cinta Setaman
2016 Musik untuk Cinta
2016 Ini Kisah Tiga Dara Oma Nominasi -?Piala Citra untuk Pemeran Pendukung Wanita Terbaik?di?Festival Film Indonesia 2016
Nominasi - Aktris Pendukung Terpilih di Piala Maya 2016
Nominasi - Pemeran Pendukung Wanita Favorit di?Usmar Ismail Awards 2017
舞台
·         Operet Papiko (Persatuan Artis Pop Ibu kota) (1972 - ???)
·         Operet Kupu Kupu (2006)
·         Semut Merah Semut Hitam (2012)[11]
·        
Pesta Sahabat Cinta Indonesia (2017) (RTV)
·         Pesta Sahabat Aku Anak Sehat (2017) (RTV) bersama Duta Cinta
·         Pesta Sahabat Zona Ceria (2017) (RTV) bersama Duta Cinta
·         Pesta Sahabat Pahlawanku (2017) (RTV) bersama Duta Cinta
·         Pesta Sahabat Kasih Ibu (2017) (RTV) bersama Duta Cinta
·         Pesta Sahabat Melompat Lebih Tinggi (2018) (RTV)
·        
Pesta Sahabat Kasih Sayang (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Hewan Kesayangan (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Kartini Cilik (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Makin Cakep (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Anak Indonesia (2018) (RTV) bersama Duta Cinta
·         Pesta Sahabat Semangat Indonesia (2018) (RTV)
·        
Pesta Sahabat Sahabatku Si Belang (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Petualangan 3 Sekawan (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Ksatria Pendamai (2018) (RTV)
·         Pesta Sahabat Seru Bersama Kodomo (2018, 2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Cinta Untuk Mama (2018) (RTV) bersama Duta Cinta
·         Pesta Sahabat Itik dan Kolam Ajaib (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Petualang Cilik dan Si Pemburu (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Dunia Sirkus Ceria (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Putri Duyung dan Bajak Laut (2019) (RTV)
·         RTV 5 Makin Cakep: Hey Tayo (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Bintang Kebaikan (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Arti Persahabatan (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Indonesia Cakep (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Ceria bersama Jasjus (2019) (RTV)
·         Pesta Sahabat Kurcaci dan Ikan Ajaib (2019) (RTV)  

表彰・受賞歴
·         Juara Bintang Radio Jenis Hiburan tingkat Jawa Tengah (1954)
·         BASF Award ke-10 untuk kategori "Pengabdian Panjang di Dunia Musik" (1994)
·         Selebrita Awards 2016 – Lifetime Achievement Award (2016)
·         Indosat Awards 2016 – Lifetime Achievement Awards (2016)
·         Nominasi Pemeran Pendukung Wanita Terbaik Festival Film Indonesia 2016 lewat film Ini Kisah Tiga Dara
·         Indonesian Choice Awards 2018 – Lifetime Achievement (2018)
·         Anugerah Komisi Penyiaran Indonesia 2018 – Pengabdian Seumur Hidup (2018)

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Titiek_Puspa

編者註
/1 上記のwikipediaには記載はなかったが、他のサイトで見るとTitiek Puspaの最初の夫Zainal Ardyは1968年に亡くなって、1970年にMus Mualimと再婚している。

Titiek Sandhora
歌手・女優
Titiek Sandhora、本名Oemijatiは中部ジャワ州Brebes県Salem郡Bentarで1954年1月20日に生まれた。
彼女は インドネシアの歌手で女優である。Titiekの初めてのレコードはSi Boncelという曲であった。この歌は1960年代末に多数の年で設立された新しい民放のラジオでほぼ毎日かけられた。これに伴いTitiekの名も流行った。
有名なSandhora-MuchsinのデュエットにはとりわけHalo Sayang, Dunia Belum Kiamat, Pertemuan Adam dan Hawa, Jangan Marahがある。流行歌がラジオというメディアだけを吹き荒れただった時、1970年初めにTitiek Sandhora-Muchsinの歌は実に社会に染み渡った。
Sandhora-Muchsinのカップルはとてもポピュラーになり、彼らは1972年に結婚し Bobby Sandhora, Beby, Bella三人の子供を得て現在では三人の孫もいる。

ディスコグラフィ

  • Boneka dari India (1974)
  • Mawar Berduri (1975)
  • Dunia Milik Berdua (1976)
  • Percaya Harapan dan Cinta (1980)
  • Hatimu hatiku (1981)
  • Adam dan Hawa (1984)
  • Ke Binaria (1990)
  • Mencari (1995)
  • Keagungan Tuhan (1999)
  • Perasaan yang Ditinggal (2000)
  • Termenung (2002)

アルバム
  • Si Boncel (Remaco. RL-079)
  • Si Kumis (Remaco. RL-085)
  • Merantau (FBC. EP-8001)
  • Fujiyama (Mutiara. MLL-014)
  • Si Jago Mogok (Mutiara. MLL-017)
  • Tante Cerewet (Mutiara.MLL-019)
  • Si Cantik Jelita (China No Yoro) (Mutiara. MLL-023)
  • Si Jaket Biru (Mutiara. MLL-034)
  • Mimpi Dirayu (Mutiara. MLL-065)
  • Mirip Boneka (J&B. JBL 28834)
  • Hati Selembut Salju -Pop dan dangdut. (Flower Sound)
  • Golden Hits Titiek Sandora
  • Tembang Kenangan 2
  • Album kompilasi
  • Keroncong Aneka Warna. (Mutiara. MLL-024)
  • Album duet
  • Seuntai Bunga bersama Muchsin (Indra. AKL-043)
  • Biarkan Kumenangis (bersama Muchsin -Mutiara. MLL-032)
  • Mencari (bersama Muchsin. -Mutiara. MLL-051)
  • Tong Kosong - Kroncong Jawa volume 3.(bersama Mus Mulyadi -Indra.AKL-073)
  • Percaya Harapan dan Cinta (bersama Muchsin -Remaco.RLL-658)

フィルモグラフィ
  • Awan Djingga (1970)
  • Dunia Belum Kiamat (1971)
  • Bundaku Sayang (1973)
  • Lagu Untukmu (1973)
  • Si Janda Kembang (1973)
  • Yatim (1973)
  • Permata Bunda (1974)
  • Kasih Sayang (1974))
  • Seruling Senja (1974)
  • Surat Undangan (1975)
  • Ali Topan Anak Jalanan (1977)
  • Penasaran (1977)
  • Skakmat (2015)
  • Insya Allah Sah 2 (2018)

テレビドラマ
  • Kampung Dangdut (2006)
[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Titiek_Sandhora

Tito Soemarsono
歌手
Tito Sumarsono はインドネシア人男性で作曲家で歌手である。ゴルフが趣味のこの歌手はアルバムPesta Indahで広く知られている。

ディスコグラフィ
Pesta Indah

https://id.wikipedia.org/wiki/Tito_Sumarsono
目次に戻る  PopIndoの目次に戻る  T2のアーティストへ

2021/04/01 作成

 

inserted by FC2 system