嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group R

Group-Rには以下のアーチストが含まれます。
R. Maladi 
Rafika Duri
Rama Aiphama
RAN
Rani
Rano Karno
Reza
Richard Kyoto
Rinto Harahap
Rita Butar-butar
Rita Effendy
RM Sunandar Hadikusumo
Roma Irama
Rudy Wairata
Ruth Sahanaya
Richard Kyoto
ミュージシャン・作曲家
作品
Kasih
Pasrah

[出典]
https://musisi.fandom.com/id/wiki/Ermy_Kullit

Rinto Harahap
歌手・作曲家
Rinto Harahap
Rinto Harahaは北スマトラ州中部タパヌリ県Sibolgaで1949年3月10日に生まれ、2015年2月9日にシンガポールで没した。享年65歳。
彼はインドネシアの歌手で、作曲家でプロデューサーでもあった。1969年、彼は自分自身と兄のErwin Harahap,友人のReynold Panggabean, Rizal Arsyad, Iskandarからなる音楽バンドThe Nercy’sを立ち上げた。その後IskandarがCharles HutagalungにRizal ArsyadがAlbert Sumlangに構成が変わった。このグループは1970年代に数々のヒットを飛ばすことで黄金時代を築いた。作曲家以外に彼は1970~1980年の時代にLolypopというレコード会社を所有していた。多数のインドネシア歌手、とりわけNia Daniati, Betharia Sonata, Christine Panjaitan, Iis Sugianto, Rita Butar-butar, dan Eddy Silitonga、は彼の作品のおかげで流行った、

自伝
幼少期
RintoはBNI (国立銀行)のシボルガ支店長であったJames Warreb Harahapと北タパヌリ県のTarutung出身のSite Raya botu Tobingとのあいだの六人の子供の三番目であった。彼は父親がSobolgaに赴任している時の独立戦争の時代に生まれた。父親は牧師になってほしいと思っていたが小さいRintoは医者になる夢を持っていた。Rintoは音楽で生計を立てることになってしまったとしても。それどころかRintoは鉄筋会社でしばらくはたらくことになったが、レコード業界に身を投じるまで夜はナイトクラブで楽団員として働いていた。

芸能経歴
メダンでThe Mercy'sを結成する
Rintoは兄のErwin Parlindungan HarahapとReynold Panggabean, Rizal Arsyad, Iskandar 別名Boen三人の友達と共にメダンでグループバンドThe Mercy’sを立ち上げた。このバンドは。パーティーバンドの形を取った同じビジョンを持った北スマトラ州メダン市の一地域出身のわた者たちのグループによって設立された。このバンドはRizal Arsyad (Iis Sugiantoの元夫)の下でRintoはベースギターを弾きながらボーカルも務めた。このグループは世界各国の音楽のトレンドを取り込んでいて、彼らはしばしばThe Beatles, The Bee Gees, The Hollys, C.C.R のみならず Monkeysまでカバーした。たまには国内バンドKoes Plusのヒット曲Telaga Sunyiをも演奏した。
The Mercy’sの名そのものは彼らがメルセデスベンツに乗るのが好きであったので彼らの記憶から自発的に出てきたものであった。Mercy’sをフランス語で解釈すると慈愛あるいはありがとうを意味する。かれらはNoor Bersaudara, Ceking, CrussやMedinasのようにジャカルタでパーティーバンドになりたいと考えていたとともに、好きでやっていた思い出と歴史の重要な物語を作ったのであった。

Charles Hutagalungの参加とマレーシアでのThe Mercy's Show
興味を惹かれるのは結成後一年足らずでこのグループはマレーシアからのショーのオファーを得た。マレーシアのペナンでのショーの招待があった同年に、Iskandarは同行しないことを決めた。彼は学業の道を捨てることが許されない医学部に在籍していたために脱退することにしたのだった。(彼は今神経外科医)。かれのポジションは、その時Bhyangkara Nadaバンドを脱退したCharles Hutagalungが埋めた。The Mercy’sのメンバー構成は後日変わり、Erwin Harahap (メロディーギター), Rinto Harahap (ベースギター), Rizal Arsyad (リズムギター), Reynold Panggabean (ドラム), Charles Hutagalung (キーボード)となった。Charlesの参入でThe Mercy’sはそれ以前のバンドとは一線を画すことになった。Charlesはステージ前面に出せるほど声が良くキーボードの演奏力もあった。RintoのポジションはもうメインボーカリストではなくなったがしばしばCharlesと共に彼のいろいろな作品を歌った。彼らはマレーシアのChusan Hotelのナイトクラブでほぼ毎晩演奏した。結成初年にThe Mercy’sはメダンからマレーシアのペナンまでナイトクラブを転々として冒険をしていたのであった。

ベトナムでのThe Mercy's Show
ちょうど1970年代の中盤に六か月間の契約でThe Mercy’sはメダンに戻ってきて若者たちのパーティーでのバンド活動を再開した。後日このグループはその当時内戦で情勢が不安定であり、命を懸けることになったベトナムでのショーのオファーを受けた。このことは、外国で彼らの音楽が認められるためら翼を広げるためにこの分野でのプロ人としての根性をくじくものではなかった。この状況下で出稼ぎ先の国でメンバーのひとりから作曲の本能が芽生えた。Charlesは孤独の中でフレーズごとに考えることができて素晴らしい歌を作り、そのひとつは後日The Mercy’sの名を名声のトップにあげることになったTiada Lagiであった。Charles Hutagalungは常に快活ではあったがTiada Lagiのようなセンチメンタルなうたも作れた彼のイメージに親指を立てた。この歌を通じてThe Mercy’sは後日数百万人のファンが望んでいたスーパーグルプとなった。

The Mercy'sがメダンに帰還
ベトナムからの帰国後、このグループは生誕地のメダン市に定着してBee Gees, The Hollies, Grank Funk, The Beatlesたちのグループバンドを目標にしており、たまにインドネシアの歌や自作曲を演奏した。その後シンガポールとバンコクでのショーのオファーがきた。しかしながら何らかの理由によりこの契約は日の目を見なかった。このことは彼らの望みを損ねることはなく、The Mercy’sはステージで演奏するようにRRI(インドネシア国営ラジオ)から直接依頼され、曲Tiada Lagiが初めてこの町で聞かれるラジオ放送のために録音された。曲Tiada lagiは隣国のマレー半島までその電波が届くRRIラジオの聴取者から絶大な称賛を得た。このことは毎日絶えることなくオンエアされたTiada Lagiにたくさんのリクエストがあったことが証拠となった。
1971年に彼らは日本でのショーのオファーを再度得た。当時Spokiesグループは東京で学校に行っているインドネシア人の青年たち、とりわけBroery PesolimaとJoko Susilo、スタッフでこの地で成功した。この新鮮な空気が彼らに闘志を持たせた。しかしながら、とある理由で日本でステージに上がるという彼らの計画は挫折してしまった。このグループは無責任な人に騙され、海外に行く夢は消えてしまい、メダン市にいることを選択するしかなかった。彼らは気を取り直してステージの仕事に熱心になった。しかしながら、当時彼らの名前は国内的に知られていなかったので、彼らの人気はそれ以上高くすることはできなかった。
Pada 1971, mereka kembali mendapat tawaran show di Jepang. Pada saat itu grup Spokies sudah berjaya di sana dengan personel anak-anak Indonesia yang bersekolah di Tokyo, antara lain, Broery Pesolima dan Joko Susilo. Angin segar ini membuat mereka bersemangat kembali. Namun, karena sesuatu hal, rencana mereka untuk manggung di Jepang, kandas lagi. Group ini tertipu oleh oknum yang tidak bertanggung jawab, pupuslah harapan go International dan memilih tetap di kota Medan. Mereka kembali beraktivitas di panggung dengan kesabaran. Namun popularitas mereka tidak bisa terangkat lebih tinggi lagi, karena nama mereka belum dikenal oleh publik nasional kala itu.

ジャカルタへの転戦
1972年にThe Mercy’sはジャカルタに転戦することを決めた。まず最初にやってきたのは救い神のErwinとRintoの母親の弟にあたるHerman Tobingだった。かれは甥っ子たちに手紙を送ってジャカルタに来るように誘い、音楽活動ができる場所を探してあげると約束した。CharlesとRizal, Rintoは最初のこの機会を利用することにした。メダンで事務的問題を処理しなければならなかったのでErwinはReynoldともどもジャカルタでのステージのパイオニアであったメンバー構成に参加した。首都に移った最初の頃彼らは自作の曲をいくつかのナイトクラブで演奏した。その後彼らはTropicanaや LCC, Paprica, Mini Discotiqueのような四か所で定期的なショーシリーズに出るようになった。この好機をThe Mercy’sはUntukmu, Hidupku sunyi, Loveのような彼ら自作の曲を披露することで利用したのだった。この最後の場所でこそThe Mercy’sはジャカルタやバンドンのような大都市出身のバンドの支配に穴をあけたのだった。メダン出身のローカルバンドから出てきた彼らはThe RolliesやGipsy, The Prosと比肩する全国的なバンドになった。ジャカルタの後、インドネシア音楽界を襲った浮き沈みもThe Mercy’sは感じさせられたゆえに、その時期はレコード界に入ったのであった。Rizal Arsyadは後日、ドイツ留学を希望してグループを脱退した。The Mercy’sのリーダーシップはその時Erwin Harahapに渡された。

編成替えと楽器の変更とレコード業界に
彼らはその後新人と新しい楽器を加えて音楽性の方向を変えることを決意した。ミナハサ人の血を引く女性ジャズシンガーのVonny Sumlangの実の兄のジャズプレイヤーでてサキソフォン奏者のAlbert Sumlangを参加するように招いた。サキソフォンの追加は後日The Mercy’sの音楽に色を添えることになりこの決定は極めて適切なものであった。この編成でThe Mercy’sは最初のアルバムを吹き込んだ。Remacoレコード会社とプロデューサーとしてのPurnamaのコラボがThe Mercy’sの最初のアルバムとなったのである。このアルバムにはTIADA LAGI (Charles H), HIDUPKU SUNYI (Charles. H), BAJU BARU (Charles. H), UNTUKMU (Charles.H), LOVE (Rinto.H), DI PANTAI (Charles. H), BEBASKANLAH (Charles.H), UNTUKKU(Charles.H), WOMEN (Rinto.H), KURELA DIKAU KASIH (Reynold. P), KISAH SEORANG PRAMURIA (Albert Sumlang)が含まれている。このメインのアルバムは疑いもなく爆発的売り上げをしてThe Mercy’sの名をインドネシア音楽界でTiada Lagiがメインとなって引き上げたのだった。曲Tiada Lagiはどこでもヒット曲になった。このローカルバンドはレコードだけではなく先輩たちのKoes PlusやPanbersのカセットの売り上げを揺すぶった。このデビューアルバムから抜き出した五枚のシングルはジャカルタや全国的に私営ラジオ局の歌謡ランキングで首位を占めたのだった。

成功を引き寄せた
これ以来The Mercy’sは大衆のアイドルグループの一つになった。この他には見られない優越性のために、国軍総司令部とRemacoとPurnamaレコード会社は1972-1973年の愛好されたバンドとして賞を授与し100万枚以上を売りあげたことでゴールデンレコードが与えられた。この事実は彼らが自分たちの夢を形にできたということである。短時間の間に彼らがジャカルタの独立広場のTaman Riaで役立つ武器としてショーを繰り広げた。1972年12月31日に国内四大バンドのKoes PlusとPanbers, Favorite's Group, The Mercy'sがスナヤンIstoraアリーナでコンサートを開催した。定員を超える数千人の視聴者がショー会場を満員にした。
The Mercy’sの人気は、当時存在した全国的なバンドと並んで大都市に進出した。このバンドは長髪で「箒」のような形をしたラッパズボンをはいてキンキラキンの服で幅広のネクタイをしていた。CharlesとRinto, Albertのトリオの専門技術を使って、彼らはUntukmuやHidupku Sunyi, Love, Kisah Seorang Pramuriaのような歌の歌詞を使って彼らの能力を示したのだった。Charles HutgalungとRinto Harahapの二人の伝説的人物のすごさでThe Mercy’sの威信はますます高まった。彼らのアクションは大多数が恋愛について語る歌詞でインドネシアの音楽愛好家たちの注意を常に引いていた。このふたりは作曲と歌唱でThe Mercy’sの中での役割が極めて強かった。ボーカリストのCharlesはバタック人特有の怖い顔をしているカリスマて゜すぐに覚えられこのグループの象徴になった。AyahというRinto自作自演の曲は爆発的な人気になり現在まで伝説的なヒットになっている。
The Mercy’sの栄光の時代、彼らはKoes PlusとPanbers, D’Lloyds, Favourite’s Groupと共にThe BIG FIVEに入っていた。この行動でThe Mercy’sは六枚のゴールデンレコードと彼らの他の数アルバムで高い評価を受けた。The Mercy’sグループは約20年間を生き延びることができ、彼らの曲が今まで好まれて楽しまれているので現在までインドネシアの伝説的音楽バンドになっている。愛好されるバンドに三回選ばれて、Remacoレコードから100万枚以上売り上げた彼らのアルバムで何回もゴールデンレコードを受けた。

The Mercy’sからCharlesが脱退して復帰した
The Mercy’sがレコード業界に入ってからインドネシア音楽界を襲った浮き沈みは彼らにも感じられた。1974年にCharles Hutagalungはグループ内部の問題からThe Mercy’sを一時的に脱退すると述べた。この時期にRintoがメインボーカリストの座に返り咲いた。

CharlesとAlbertがThe Mercy’sを脱退した
まもなく、CharlesはThe Mercy’sに復帰することを決めて、レコードプロデューサーと契約した何枚からのアルバムを作成した。The Mercy’sがRemaco制作の彼らの10枚目のアルバムとPop MelayuとPop Mandarin, 子供の歌を済ませた後Charlesは1976年に再度グループを脱退した。この時、彼はThe GE & GEという自分自身のバンドを立ち上げた。Charlesの脱退はAlbrosという名の兄弟バンドを立ち上げて自分がソロ活動をすることを選んだAlbert Sumlangを伴った。

Charles HutagalungとAlbert SumlangなしのThe Mercy’s
それは1977年頃The Mercy’sのメインボーカルとキーボード奏者の二人がグループから脱退すると告げた時であった。残された三人のThe Mercy’sのメンバーのRinto Harahap (bass, vocal)と Erwin Harahap (gitar), Reynold Panggabean (drums, vocal)はこのグループを継続しようと努力していた。The Mercy’sの音楽は最初からトレードマークになっていたキーボードの要素が失くなったためにびっこになったのは確かだった。近いうちにThe Mercy’sは残された三人で新しいアルバムのためにスタジオ入りする必要があったのでThe Mercy’sの残りの三人は交代メンバーを探そうとささやきあった。

The Mercy’sは追加のミュージシャンとしてJockie Sujoprajogoをかっさらってきた
メンバーの不足問題に対処するために、Remacoレーベルから去った後、ドラマーのReynold PanggabeanがGod BlessのキーボーディストのJockie Surjoprahogoを追加のミュージシャンとしてYukawi(Nomo Koeswoyo所有)レーベルのThe Mercy’sの幾つかのアルバムのために誘ったらどうかと提案した。この提案はRintoとErwinの承諾を得た。最終的にJockie Surjoprajogoはプロ的に二枚のクリスマスアルバムを含めたアルバムThe Mercy’s 11から始まる上記のアルバムを支える提案を呑んだ。
Jockieが追加のミュージシャンとして現れた時にThe Mercy’sの音楽の方向性に新しい何者かが存在した。キーボードの音色はより重厚になった。これは1972年のアルバムThe Mercy’s Volume 1以来Charles Hutagalungが使っていたFarfisaとの違いによるものでロックミュージックの背景を持つJockie SurjoprajogoはHammond B3オルガンを使うことに傾注していたからである。

Charles HutagalungとAlbert SumlangのThe Mercy’sへの復帰
1978年にCharles HutagalungとAlbert SumlangはThe Mercy’sに復帰し、彼らは最後の録音を行った。CharlesとAlbertの復帰後の完璧な構成での彼らの最後のアルバムとして記録されたアルバムMimpiはその年にリリースされた。The Mercy’sがこのアルバムの作成を終えた後メンバーたちは退屈した。The Mercy’sのメンバーはグループ外で各々の活動を始めた。Charles Hutagalungはソロ活動で忙しく、Erwin Harahapは自分の会社を設立してレコーディングプロデューサーとしての仕事を道を選んだ。Reynold PanggabeanはOrkes Melayu Tarantulaというダンドウットの流れをくむ自分のバンドを立ち上げた。一方、Albert Sumlangは他の歌手のソロアルバムの手伝いで忙しかった。Rinto Harahapはソロシンガになり、Lolypopバンドとレコード会社を立ち上げたり、作曲を行ったり歌手たちを人気歌手にあげたりしていた。

The Mercy’sの解散
このアルバムのリリースの後、The Mercy’sのレコード業界での実質的な活動は空白となり、伝説的バンドThe Mercy’sの歴史は終焉の崖淵にたたされた。The Mercy’sはポップスアルバムから始まりクロンチョン、子供のポップス、賛美歌など平均して社会に広く愛されて成功した40枚のアルバムを記録した。本当はThe Mercy’sはまだ存在し彼らからも公式な解散の生命は出されていないとRinto Harahapは常に言っていた。しかしながら、The Mercy’sはCharles Hutagalungの存在とこの彼らが補完的であっただけ故のMercy’sであったと知られていることは否定できない。

The Mercy’s解散後のRinto Harahapの芸能経歴
作曲と歌手のプロモート
The Mercy’sの解散後、Erwin Harahapと共にRintoはシリーズものの器量の良い女性歌手を含んだスイートポップスを出すLolypopレコード会社を設立した。プロモートに成功したインドネシア人歌手は、Diana Nasution, Rita Butar-butar, Bornok Hutauruk, Berlian Hutauruk, Nia Daniati, Betharia Sonata, Christine Panjaitan, Iis Sugianto, Maya Rumantir, Eddy Silitongaなどがいる。

国内音楽ランキングで王者に
Lolypopを通じてRintoは“Burung Burung Putih” (Christine Panjaitan), “Jangan Kau Sakiti Hatinya” (Iis Sugianto)また“Hati Seorang Wanita” (Betharia Sonata)などのヒットを生み出した。Rita Butr-butarはSeandainya Aku Punya Sayapを通じて、Broery PesulimaはAku Begini Engkau Begituを与えられた。

その初期にRintoの歌を飛び上がらせた歌手は1976年のBiarlah Sendiriを歌ったEddie Silitongaで、その後1978年のBenci tetapi Rinduを歌ったDiana Nasutionであった。1979年にはHetty Koes EndangがDinginを流行らせ、Rita ButarbutarはSeandainya Aku Punya Sayapを甲高い声で叫び、Iis Sugianto (The Mercy’sの初期にメンバーでもあったRizal Arsyadの妻)はJangan Sakiti Hatinyaを歌った。これらの有名な曲から覗いている赤い糸とはこれらすべてが高い音程を有していることである。高い音程で歌うことはThe Mercy’sで歌っていた間ボーカリストのRintoにとって困難なことであった。The Mrecy’sにいた時のRintoの曲でLoveやBinga Mawarは同バンドのキーボード奏者と歌手兼任のCharles Hutagalungと一緒に唄わなければならなかった。CharlesはBunga MawarやLoveのリフレインの部分のような高い音程の部分を貪り食った。他の部分はRintoが担当した。Eddie Silitonga、Diana Nasution, Rita Butarbutar, Hetty Koes Endangを通してRintoは高い音程の絶叫型の曲に縛られなくなったのだった。
Rintoがプロモートした数ある歌手の中でMawi Purbaは少し異なっていると評価されている。一般的にRintoの曲は一緒にギターをかき鳴らして同じパトロンでアレンジされていたので、ちょっと聞いただけで人はRintoの作品であることが分かったほどだった。Mawiが最初のアルバムKau Yang Kusayangをリリースした時、このRintoの作品はオーケストラを使って真剣にアレンジされたので作風が異なっているように聞こえる。更に柔らかいMawiの歌声の印象は確かに曲を心地よくする大役を担っていた。この最初のアルバムが1982年に市場に好感を持って迎えられたのは不思議ではないのである。
Rintoの曲は一般的に悲しい、メランコリックでセンチメンタルな歌詞であることで知られている。このためRintoは1980年代初頭に主力の歌手たちを有していた。取り立てて言えばTangan Tak SampaiやSudah Kubilang, Tangismu Tangisku Jua, Untuk Mamaを流行らせたChristine Panjaitanが挙げられる。Nia DaniatyはGelas-gelas Kacaであった。その後Bila Kau Seorang DiriとKaulah SegalanyaでNur Afni Octaviaで、Lau Tercipta UntukkuでBetharia Sonataもいる。

スハルト政権(Orde Baru)から一時的にブロックされたRintoの歌
落ち着いたリズムで雨が降るような歌詞、セミロック調のアクセントが付いたサウンドギターの運用が結合したLolypopの登場は音楽愛好家をして「オギャーポップス」と言わしめた。第二代大統領は当時情報大臣だったHarmokoを通じて、いくつかの歌はやる気をそぐと考えられるので数曲をテレビで歌うことを一時的に禁じた。しかし実際にRintoはこれらの歌に注意を払うミュージシャンたちを探していた。この専門知識はポピュラーな専門用語Badan Rambo Hati Rinto=体はランボーで心はりんと、にスパークした。Rintoはこれを批判する文章を微笑で理解した。彼はこれらの歌を「オギャーソング」として感じてはいなかった。彼によると彼の作った曲は涙をそそる歌なのである。Rintoはこれらの歌が「オギャーソング」と言われた時には異見を持っていた。数年前のコンパス紙に語った中でRintoは、かれの歌が悲しみ、センチメンタルでメランコリックと呼ばれることをより好んだと語っていた。Rintoにとって「オギャーソング」の呼び名は否定的な意味を含んでいなかったのであった。

Rinto創作曲の栄光の終焉
Lolypopと共にRintoの人気は1980年代中盤にJK Recordsレーベルで当時sweet popsの旗を掲げたJudi Kristianto登場で打撃を受けた。作曲家Obbie MessakhとWahyu OS Pance Pondaagと共に歌手のDian Piesesha, Helen Sparingga, Meriam Bellina, Anie Ibon, Ria Angelina, Richie Ricardo, Chintami Atmanagara, Metha Armys, hingga Trio Ceriwisの登場はSweet Pop界における新しい磁石になったのだった。Rintoの王位もPanceとRintoの後継者のObbie Massakhにわたり始めた。PanceのみならずObbieもJK Recordsに多数の曲を与えた。80年代の半分は、少なくとも「オギャーポップス」界の三巨頭、RintoとObbie, Panceに仕切られていた。旗を掲げ続けた歌手たち国内の音楽界で成功した以外にRintoの時代のSweet Popは徐々に沈んだのだった。

ソロシンガー
Rintoはソロシンガーとしてレコードアルバムを作たこともあった。作曲と歌唱での成功は教育文化省の文化総局から作曲家としてまた実績ある歌手として1982年3月に芸術表彰を受けた。フィリピンのレコード会社のWEA Recordが彼の歌を輸出するための信用を与えたことがあった。残念ながら彼は有名になったが数曲は盗用されてMandari語とタガログ語で歌われた。

自分の子供のプロモーション
芸能経歴の終わりにRintoは一時的に長子のCindy Claudia Harahapを歌手としてプロモーとした。1992年のアルバムAku Tak Mau Lupaから始まり、1992年末にはAku Sayang Kamuが続いた。Cindyの名は1994年初めのアルバムAku Sayang Kamuのリリース後広く知れ渡るようになった。その後にはアルバムMengapa Harus BerpisahとKunang-Kunang、Rasa Cinta、Aku Milikmuが続いた。全般的にこの娘が歌った歌はRianto作曲のものだった。歌手としてだけでなく、この長女はテレビ映画に出演することで演劇界にも浸透している。

社長
Rintoは第二代インドネシア共和国大統領スハルトの長女のTutut (Siti Jardijanti Rukmana)が設立した子会社の一つであるPT. STAR (Sira Tama Agra Raya)の社長の席を占めるための信用を受けたことかあった。チェンダナの家族(スハルト一家)はRintoの作った歌を体操好んでいたようで、当時彼らは近い関係になった。Rintoはその時まTututのとった行動に置いてきぼりにされたことはなかった。例えるとTututが1990年、1993年、1996年に全国青年カーニバル(KRN)事業を作った時であった。ミュージシャンとしてRintoは全国青年カーニバルのマーチの作者になる役割を得た。

インドネシア著作権協会での活動
Rintoはインドネシア著作権協会(YKCI)の理事長になるという信用を与えられたこともあった。彼はインドネシア人作曲家の創作曲の著作料問題の挑戦に対して多数の援護を行った。彼がストロークにかかった時に理事長はミュージシャンのMunif Bahasuanに交代した。

つまづいた事件
作曲家としての経歴の中で、Rintoは法的問題に何回か突き当たった。Injit-injit Semutという題のThe Mercy’sが流行らせたAhmad CBの作品を盗用したと彼が訴えられた時のことである。Rintoはその告発を退けたが、彼の話によると彼は著作権の侵害は行っていないとのことだった。更に、彼はInjit-injit Semutの曲はMelayuの伝統的遊びからインスピレーションを受けたものであると説明した。

プライベートライフ
Rintoは三歳違いでガルーダ航空の元キャビンアテンダントでイスラム教徒の中部ジャワ出身のLity Kuslolitaと異教徒同士の婚姻生活を過ごした。彼らは1973年11月9日に結婚した。彼らは三人の娘を授かった。長女は後日歌手として父親の後を歩むCindy Claudia Harahapであった。二人の妹はRatna HarahapとAstri Maria Harahapである。長女のCindyはオーストラリアに留学中の1991年末にイスラム教徒に改宗した。

Rinto Harahapがストロークを患う
2000年初め以降Rintoの健康は損なわれ始めた。彼はストロークに襲われ、2003年来いくつかの合併症があった。これ以来彼は国内の音楽界で多くの活動をしなくなった。

Rinto Harahap逝去
Rinto Harahapは2015年2月9日の現地時間22:45にシンガポールのマウント・エリザベス病院で65歳でなくなった。シンガポールに行く前にRintoはジャカルタの六か所の病院に一時的に入院していた。Rintoは長いこと悩まされてきた背骨の骨ガンで亡くなった。長患いのこのガン以外の死因は肺炎の合併症であった。
遺体は故国に移送され、2015年2月10日に南ジャカルタCilandakのPndok Labu, Jalan Bango 2 No. 22の葬儀場に安置された。Rintoの遺体はジャカルタCiganjurのKampung Kandangにある公共墓地に2015年2月11日13:30に埋葬された。
葬儀の過程で家族総代のErwin Harahapは故人の生前の行為について参列者たちに詫びを入れた。Cindy Claudia Harahapとその夫のThariq Mahmud、妻、二人の妹にErwinは伴われていた。ErwinとAstrid HarahapとRintoの末娘はあの世に無事に行けるように生前の過ちを赦してほしいと希望した。
Rintoが亡くなる数日前、Rintoは紙に彼の意志を書いた。その時には話がもうできず、不明瞭であった。彼は新曲を作る意図を紙に書いた。Rintoはこの期に及んでも悲しくて心を薄く切る以前のような歌を作りたいと思っていた。家族によると、音楽についてしゃべる時Rintoはいつもやる気満々だった。彼はコンサートのための意欲を持っていたのだった。


The Mercy'sへのトリビュート
Rintoの逝去の数年前、彼自身が参加したThe Mercy’s拡大記念コンサートの開催は成功を収めた。2012年11月12日の17:57、ジャカルタのAirman Sultan HotelでTribute to The Mercy’s Lagu Rindu Untuk Negeri(国家を恋しがる歌)の大規模なコンサートが行われた。この催し物をアーティストDina MarianaとRRIのゲストアナウンサーであるJose Choa Lingeがガイドした。臨席した他の年配のアーティストたちにはErmy KullitやArie Kusmiran, Yetty Lorent, Nana Dhiana, Betharia Sonatha, Rita Latul, Jelly Tobingなどがいた。元The Mercy’sの一線プレーヤーだったErwin Harahapとその当時存命であった故Rinto Harahapも見られた、この催し物には数百人のファンとThe Mercy’sのメンバーであった故Charles HutagalungとAbert Sumlangの遺族もいた。

開会式としてAlbert Junior Bandが、すぐに数百人の招待客の温かい称賛を受けたUntukmuを歌った。グループバンドThe Mercy’sの名前の記憶と拡大を起こすことができたとともにKisah Seorang PramuriaやMimpi, Biarlah Kusendiri, Tak Sedikitpunのような曲が次世代としてのくぐる―バンドに演奏された時、雰囲気もますます暖かくなった。歌手のErmy Kulitもゲストスタートして出演した。閉会式としてすべてのアーティスト、ミュージシャンと二人の故人の家族たちはRintoの作品であるInjit-injit Semutを通して締めくくったのであった。Rinto Harahapはこの催し物に出席した時と四時間にわたって観覧していた時に泣いているように見えた。
The Mercy’s所有のレコードの二回のオークションで、それぞれ150万ルピアと3百万ルピアの高値で落札された。一方Charles Hutagalung作でJelly Tobingが歌ったTiada Lagiのオークションでは参加者のポケットに手を伸ばして1600万ルピアを得ることに成功した。オークション参加者の幾人かはUsah Kau HarapやAyah, Tiada Lagi をJelly Tobingが歌ったときにヒステリー状態になった。このTribute to The Mercy’sを見るためにスラバヤからやってきたThe Mercy’sのファナティックなファンのVivi夫人はこのオークションに献金する以外に、この伝説のバンドの演奏で大好きな歌を聞いたときは震えが止まらなかったと言ってた。主宰したBaju Biru EnterpriseのJose Choa Lingeによるとこの売上金すべてはCharles HutagalungとAlbert Sumlangの墓地の修理に使われるということであった。この催し物の成功はThe Mecy’sがファンの心にしっかりと張り付いていることの証拠なのである。

Charles, Albert, dan Rinto没後のThe Mercy’s
まだ残っているのThe Mercy’sのメンバーはErwin HarahapとReynold PanggabeanだけであるがThe Mercy’sは解散したと正式には言われていない。2001年5月7日の7:53に亡くなったCharlesの死はジャカルタクバヨランバルーのプルタミナ病院へ向かう途中でのストロークの影響であった。2009年11月16日以降の集中治療後、12月6日20:13にGatot Subroto陸軍中央病院で生涯を閉じたAlbert SumlangがCharlesに続いた。そして2015年2月9日のRinto Harahapの死去が最後になった。

Tribute to Rinto
Rinto harahapはA Tribute to Rinto HarahapをテーマとしたインドネシアのメトロTVの番組Just Alvinにゲストスターになったことがあった。これは2010年7月2日に放映されきわめて注目を集めた番組になった。

2015年3月21日、老ミュージシャンJelly Tobingが始めたTribute to Rinto Harahap Pihak Mall AncolコンサートもAuditorium Mall Ancol Beach Cityで行われた催し物の主催者になったことでJellyの意図は好意を持って受け入れらた。このトリビュートコンサートは大インドネシアの編曲家、ミュージシャン、作曲家を記念するために行われたものであった。Jellyは幾人かの有名なアーティスト、その中にはRinto Harahapの歌で有名になったEddy SilitongaやBetharia Sonata, Christine Panjaitanをはじめとして無名な人まで選抜した。Charly Van Houtenもこのコンサートにゲストスターになる幸運に従った。Rinto Harahapの末っ子のAstri Maria Harahap、呼び名がAchi Harahapはこのコンサートのトップシンガーとして並んだ。Achi Harahapの甘い声はlagu Jangan Kau Sakiti HatinyaとJangan Kau Berkata Benciを通じて聞くことができた。この後Jelly TobingやHelmi Yahya, Betharia Sonata, Eddy Silitonga, Charly Van Houten, Nia Daniati, Cindy Claudia Harahap, Christine Panjaitanのようなミュージシャン達が続いて登場した。
ステージ上で彼らは素晴らしい歌手を生み出したことで魅力的であると知られているRinto Harahapの写真に対して美しい幾百万の思い出を演奏し直し、時間によって空虚にならない歌を大事にすることに成功した。Rinto Harahap自身のの人生物語もこのコンサートを通じて整然と語られた。Tribute to Rinto Harahapと題したコンサートは、彼の作品が永遠であることの実際の証拠となった。この時は、子供のがん患者へのチャリティーもあり、Konser Tribute to Rinto Harahap のショーディレクターも含めたMall Ancol Beach Cityを代理とするいくつかの財団の共同運営であった。

創作曲

歌手名

曲  名

Nia Daniati Kaulah Segalanya, Malam Pertama, Aku Siapa Yang Punya, Hari Telah Berganti, Masih Adakah Rindu Dia Sahabat Karibku, Tikar Merah, Gelas-gelas Kaca,Bukalah Hatimu, Suara Hati
Betharia Sonata Kau Tercipta Untukku, Aku Tak Ingin Sandiwara, Kau untuk Siapa, Siapa Bilang Aku Cinta, Aku Ingin Cinta Yang Nyata, Kau Sungguh Kejam, Jangan Sebut Namaku
Iis Sugianto Jangan Sakiti Hatinya (dirilis ulang oleh Andy /rif), Nasibku Nasibmu,Jangan Tinggalkan Kusendiri Bunga Sedap Malam, Hapuslah Air Mata, Seindah Rembulan, Akupun Ingin Cinta, Masih Sendiri, Pujangga Cinta, Selendang Merah, Salah Siapa, Lagu Pengantin, Jangan Pernah Sangsikan, Dalam Mimpi, Kabar-kabar Burung
Broery Marantika Aku Begini Kau Begitu, Aku Jatuh Cinta, Siti Nurbaya
Eddy Silitonga Ayah (dirilis ulang oleh Peterpan & Candil setelah peristiwa gempa tsunami di Aceh, dengan penggantian kata "ayah" menjadi "Aceh"), Oh Melati, Biarlah Sendiri (dirilis ulang oleh Terry & Indah Nevertari)
Nur'Afni Octavia Bila Kau Seorang Diri (dirilis ulang oleh Astrid), Ibu, Jangan Datang Lagi, Pura-pura, Biar Basah Rambutku, Sayang, Aku Tak Pernah Bosan
Christine Panjaitan Sudah Kubilang (dirilis ulang oleh Rio Febrian), Jangan Simpan Tangismu, Tangan Tak Sampai, Tangismu Tangisku Jua, Frida Burung-burung Putih, Untuk Mama, Kau Dia dan Aku, Hari Akan Berganti, Jangan Tumbuh Disana Katakan Sejujurnya, Rindu,Perasaan
Emilia Contessa Untuk Apa
Rita Butar butar Seandainya Aku Punya Sayap (dirilis ulang oleh Geisha) Mencari Cinta Selamat Jumpa
Hetty Koes Endang Dingin 1979, Bibir dan Mata 1984
Anita Carolina Mohede Dingin 1979, Bibir dan Mata 1984
Jane Susan Malu tetapi mau, Masih Adakah Cinta
Adi Bing Slamet Kau dan Aku, Mari Kita Bergoyang
Rano Karno Melody Asmara
Herlin Widhaswara Tak Kan Ada Lagi Tangis Di Hatiku
Cindy Claudia Harahap Rasa Cinta
Mawi Purba Kau yang Kusayang (dirilis ulang oleh d'Masiv), Kau Yang Pertama
Diana Nasution Benci Tapi Rindu (dirilis ulang oleh Ello juga Titi DJ), Hapuslah Sudah, Mungkinkah Lagi, Aku Tak Tahan Lagi, Sengaja Aku Datang, Rentak-Rentak
Maya Rumantir Daun Daun Kering, Kau Yang Disana, Piye Piye
Nani Sugianto Matahari, Indonesia
Maya Angela Apa Mungkin Hujan Turun Sendiri, Biarkan Larut Sendiri
Sitta Devi Berikan Dia Cinta
Rinto Harahap Kuingin Cinta yang Nyata. Love (dirilis ulang oleh Nidji), Woman, Hari Telah Berganti, Hatiku Bernyanyi, Ibu, Ayah Keroncong Sayang, Untuk Apa, Seindah Rembulan, Masih Adakah Rindu, Suara Hati, Aku Tak Pernah Bosan Akupun Ingin Cinta, Injit-injit semut
Lilik Liliani Abang Sayang
Ane Triana Buku Cerita
Dewi Purwati Karena Kamu
Bersama Mercy's Bunga Mawar, Adinda Sayang, Dendang Melayu, Untukmu, Dendang Sayang, Kisah Seorang Pramuria (dirilis ulang oleh Boomerang) Usah Kau Harap, Jauh Disayang, Seringgit dua kepang, Semua Bisa Bilang, Love (dirilis ulang oleh Nidji)

ディスコグラフィ
スタジオアルバム
• Bila Kau Seorang Diri (1982)
• Kroncong Abadi (1982)
• Rinto Harahap in Latin Love Songs (2013)
カラオケアルバム
• 50 tahun Rinto Harahap VCD.
• Rinto Harahap album sukses VCD.
追悼アルバム
• "Kami Mengenang Rinto Harahap". (2015)
• "The Masterpiece Of Rinto Harahap" (2010)

フィルムグラフィ
• Sirkuit kemelut (1980) sebagai komposer
• Jangan sakiti hatinya (1980) sebagai komposer
• Masih adakah cinta (1980) sebagai komposer
• Seindah rembulan (1980) sebagai aktor dan komposer.

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Rinto_Harahap
 

Rita Butar-butar
歌手
Rita Butar-butarは1960年5月11日北スマトラ州Pematang Siantarで生まれた。
彼女はインドネシアとバタック地方の伝説的な歌手として知られている。その名はRinto Harahap作のSeandainya Aku Punya Sayapで1980年代に高まった。これ以外に、Ritaはインドネシアで再興に高い声が出せるボーカリストとしても知られている。

芸能経歴
Ritaのボーカル経歴は1980年代に始まった。Ritaは当時すごく若く、LolypopレコードのオーナーのRinto Harhapと出会った。大物として知られるこのミュージシャンはこの泣き虫さんの歌をRita Butar-butarに歌わせるために後日Seandainya Aku Punya Sayapを作ってあげると書いた。インドネシアポップスアルバムに入っている歌はまずはインドネシア東部地域にいる彼らから始まり、社会に広く知れ渡ることとなった
その時、この歌はしばしばジャカルタやほかの年でラジオ局でかかるようになった。Rita Butar-butarの名もますます知られるようになった。Ritaは国際ポップスフェスティバルに参加してRitaは入賞したことがあった。
現在、Rita Butar-butarは東南アジアのインドネシアを誇りに思うことができる高い声ゆえに全国的天女の王冠が与えられている。

ディスコグラフィ
  • Seandainya aku punya sayap[1]
  • Aku tak ingin mengemis cinta[2]
  • Air Mata
  • Wanita
  • Siapa Bilang Cinta
  • Oh Angin

賛美歌
  • Partangisan Do Hape
  • Dung Sonang Rohakku
  • Na Mulak Jesus I
  • Sai Mulak
  • Sai Patogu
  • Kuberbahagia
  • O Holy Night
  • Amazing Grace
  • Pasahat Ma Sudena
Karaoke
  • Ultimate Collection Rita Butar Butar
  • Rita Butar Butar - Seandainya Aku Punya Sayap
  • Rita Butar Butar - Tra La La
  • Rita Butar Butar - Air Mata
  • Rita Butar Butar - Jangan Hapuskan Rinduku
  • Rita Butar Butar - Mencari Cinta
--------------
Vokal
Rita Butar-butarは力強い胸声を持ち、ボーカルのレンジは極めて広く下はB(B2)から上のB(B5)まで出すことができる。RitaはE5までさらにはF7までも出すことができる。

パート: Soprano Powerfull
発声音域: 5 オクターブ
[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Rita_Butar-butar

Rita Effendy
歌手
Rita Effendy本名Rita Kurniawati Effendyは西ジャワ州バンドンで1969年4月26日に生まれた。
彼女はインドネシア人ポップス歌手である。もっとも有名な彼女の歌にはSaling SetiaとJanuari di Kota Diliがある。

バイオグラフィ
彼女は音楽バンドKahitnaの初期編成のボーカリストとして芸能経歴を始めた。ボーカルグループElfa's Singersに入る前にRitaは複合アルバムや映画のサウンドトラックの仕事に手を染めていた。

PritaはTelah Terbiasa (1995)とSaling Setia (1996), Maha Melihat Maha Mendengar (1998), Simfoni Negeriku (1998), Salahkan Rembulan (1998), Perempuan (2000), Sendiri (2006)のアルバムをリリースした。

Prita juga menunjukkan kualitasnya dengan menjuarai berbagai lomba dan meraih penghargaan, seperti juara pada Young Star Contest di Taiwan (1990), juara di Band Explotion Contest di Jepang (1991), masuk nominasi penyanyi rekaman terbaik untuk lagu Telah Terbiasa dari Basf Award (1996), video klip terbaik lagu "Telah Terbiasa" dari Video Musik Indonesia (1995) dan sebagai penyanyi wanita terbaik kategori pop dari Anugerah Musik Indonesia (1997). Pada tahun 2000, Prita menjuarai Asian Pop Song Festival 2000 di Manila. Lewat lagu "Selamat Jalan Kekasih", gelar Grand Prize Winner berhasil dibawa pulang.

Prita menikah dengan Joe Michael pada 7 April 1996 dikaruniai seorang putri bernama Lativa.[1]

Diskografi
Artikel utama: Diskografi Rita Effendy
Telah Terbiasa - 1995
Saling Setia - 1996
Semesta Tuhan - 1998
Simfoni Negeriku - 1998
Salahkan Rembulan - 1998
Perempuan - 2000
Sendiri - 2006
Penghargaan
Juara I Bintang Radio & TV Tingkat Nasional 1987
Juara Penyanyi Vinolia Tingkat Nasional 1988
Juara LPLR Prambors Tingkat Nasional 1989
Juara Pada YOUNG STAR CONTEST di Taiwan 1990
Juara Pada BAND EXPLOTION CONTEST di Jepang 1991
Nominasi penyanyi rekaman terbaik untuk lagu "Telah Terbiasa" dari BASF AWARD 1996
Video klip terbaik "Telah Terbiasa" dari Video Musik Indonesia 1995
Penyanyi wanita terbaik kategori pop dari Anugerah Musik Indonesia 1997
Nominasi Penyanyi wanita kategori pop dari Anugerah Musik Indonesia 1998
Grand Prize Winner pada Asian Song Festival 2000 di Manila bersama Dwiki Dharmawan 2000
[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Rita_Effendy

RM Sunandar Hadikusumo
Toto Slmonが歌ったDinda Bestariの作者。
[出典]
Youtube
目次に戻る  PopIndoの目次に戻る  R3のアーティストへ

2021/03/16作成
2021/03/21 追加
 

inserted by FC2 system