嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group R

Group-Rには以下のアーチストが含まれます。
R. Maladi 
Rafika Duri
Rama Aiphama
RAN
Rani
Rano Karno
Reza
Richard Kyoto
Rinto Harahap
Rita Butar-butar
Rita Effendy
RM Sunandar Hadikusumo
Roma Irama
Rudy Wairata
Ruth Sahanaya

Raden Maladi
アスリート・作曲家・政治家
Raden Maladiは1912年8月30日に中部ジャワ州Surakarta (Solo)で生まれ、2001年4月30日ジャカルタで没した。享年88歳。
彼は1959年から1962年まで情報大臣、1964年から1966年まで青年スポーツ大臣を務めた。彼はまた1950年から1959年までインドネシアサッカー協会の会長を務めた。

インドネシアに対する貢献
インドネシアの独立初期に、Maladiは後日「ソロでの四日間の攻撃」として知られるようになったオランダ軍との交戦で「学生軍」を率いてインドネシア独立戦争に身を投じた。。
インドネシアの国家主権の認証後、R. Maladiは音楽とスポーツの分野で活躍した。スポーツ界でR. Maladiは1950年から1959年までインドネシアサッカー協会の会長を務めた。サッカー協会のゴール審判になったこともあった。音楽界でとても有名なDi Bawah Sinar Bulan PurnamaやNyiur HijauのMaladiは信頼できるクロンチョン作曲家でもあった。
情報大臣在席時にMaladiは1961年にスカルノ大統領の命令で、1962年8月24日にテレビ放送を開始すべく、テレビ放送準備委員会のために大臣令SK Menpen No. 20/Sk/M/1961を発出してTVRI (インドネシア国営テレビ局)プロジェクトを立ち上げた。

スタジアムの名
2003年8月4日に、市長のSlamet Suryantoの下、スポーツ大臣であった時の功績とSriwedariスタジアムのデザイナーであったことの称賛としてソロ市政府は同スタジアムをR. Maladiスタジアムに名称変更した。このスタジアムの名称変更は元Surakartaの第18学生旅団協会の申し出に依ったものであった。R. Maladiの名はManahanスタジアムに関されることになっていたが、歴史的な理由から市政府はその名をSriwedariスタジアムにつけたのであった。

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Maladi

英語のwikipediaの方が詳しい。https://en.wikipedia.org/wiki/Maladi

Rafika Duri
歌手
Rafika Duriは1960年1月20日にBangkaで生まれた。
彼女はA. Riyantoが作曲したTertusuk DuriとHanya Untukmuで1970年代に活躍した歌手である。

バイオグラフィ
当時BangkaのSungailiatの郡長の職にあったKemas Duriの七人の子供のうちのこの末っ子は小さいうちから歌を歌い始めた。1971年に11歳の時、愛称FikaはBangkaのポップシンガーコンテストで一位になった。それからFikaはジャカルタに移り兄や姉と共に暮らした。ジャカルタでFIKAは歌の個人レッスンを受けた。1976年のラジオテレビスターボーカルコンテストで受賞した後に彼女の名が知られ始めた。当時Fikaは男性歌手のカテゴリーで入賞したHarvey Malaiholoと共演した。HarveyはFikaとのデュエットとして有名になった。

Fikaの名はA. Riyanto作のTertusuk Duriを通じて急上昇した。Fikaは、A. Royanto作のHanya Untukmuで1978年の国際歌唱フェスティバルでGayageum賞の栄誉を受けた。

1982年にFikaはIreng Maulanaと共にボサノバ音楽にトライして四枚のアルバムを出した。最初、Fikaはポップスを数年間歌った後で何か新しいものを探すつもりでいた。事実も彼女はChristinaのようなソフトな声で映画Isris Sardiの音楽を歌ってレコード化したことがあった。Ireng Maulanaによるこのソフトな声こそボサノバを歌うのにぴったりだと考えられた。1960年代初頭にThe Girl From IpanemaやFly Me to the Moonで有名になったブラジルの歌手でボサノバの女王アストラッド・ジルベルトのアルバムからボサノバの歌い方をFikaは学んだ。
歌手活動が忙しかったが、1978年から1982年にFikaはTrisakti大学を屋内芸術分野で卒業した。そして1982年12月18日にFikaはSonny Kusuma Yuliarsoと結婚した。この結婚で彼らは三人の子供を得た。

ディスコグラフィーi
Singel
  1. Tertusuk Duri
  2. Tersiksa Lagi
  3. Kekasih
  4. Isabella
  5. Diwajahmu Kulihat Bulan
  6. Tirai
  7. Cinta Pertama (feat. Harvey Malaiholo)
  8. Kidung
  9. Permata Hati
  10. Tiada Kau Sadari
  11. Zaal Biru
  12. Pilar
  13. Puja
  14. Jua
  15. Rindu
  16. Lagu Untukmu
  17. Gelora Asmara
  18. Cemara
  19. Sebelum Tersisih
  20. Asmara Melanda
  21. Untuk Dikau (ciptaan Lilis Suryani)
  22. Kau Tanyakan Rembulan (ciptaan Ireng Maulana)
  23. Dalam Kerinduan
  24. Layu Sebelum Berkembang (ciptaan A.Riyanto)
  25. Payung Angan
  26. Puspa Dewi
  27. Tiada Yang Lain Lagi
  28. Seandainya
  29. Hanya Semalam (ciptaan Bing Slamet dan Ismail Marzuki)
  30. Jalan Hidup Manusia
  31. Satu Nada Cinta
  32. Dilanda Cinta (ciptaan A.Riyanto)
  33. Selamat Jalan
  34. Jangan Lagi (ciptaan Titiek Puspa)
  35. Tak Ingin Terlena
  36. Penghambur Cinta
  37. Usah Kau Sesali
  38. Terlambat
  39. Biarkan
  40. Hati Yang Beku
  41. Jangan Terulang Lagi
  42. Cinta Palsu
  43. Kusayang Padamu
  44. Mari Gembira
  45. Kau dan Aku
  46. Kasih Sayang
  47. Bukan Itu Maksudku
  48. Datanglah Lagi Padaku
  49. Ingin Kau Temani
  50. Semoga Bertemu Lagi
  51. Citra (ciptaan Sam Bimbo)
  52. Ariawan (ciptaan Ireng Maulana)
  53. Embun (ciptaan Tjok Sinsoe)
  54. Cinta
  55. Jangan Lama Dalam Bimbang
  56. Surat Undangan
  57. Pada Dewi Malam (ciptaan Jaka Bimbo)
  58. Malam Syahdu
  59. Keheningan Malam
  60. Desir Angin
  61. Cermin Tersiksa Lagu (ciptaan Ramsey Lewis, Christ Kayhatu, Georgie Leiwakabessy)
  62. Lagu Rindu Asmara
  63. Kau S'makin Terpesona (ciptaan Is Haryanto)
  64. Hari Ini
  65. Semua Yang Bilang (ciptaan Charles Hutagalung)
  66. Kau Yang Kusayang
  67. Persembahanku
  68. Sabda Alam
  69. Api Asmara

デュエットアルバム
  • 1977 - Volume 1 - bersama Harvey Malaiholo
  • 1978 - Volume 3 - bersama Harvey Malaiholo
  • Rafika & Harvey - bersama Harvey Malaiholo
  • 1983 - Titian Karier - bersama Harvey Malaiholo
  • Album Lain
  • 1990 – Hening, Album bersama Chrisye dan Trio Libels
  • 1990 – Kidung, Album bersama Chrisye dan Trio Libels

表彰
  • 1971– Juara ke-1 Pop Singer di Bangka
  • 1976 – Juara ke-1 Bintang Radio dan Televisi Remaja Jakarta dan Nasional
  • 1978 – Mewakili Indonesia di Seoul Song Festival Korea membawakan lagu ciptaan A.Riyanto berjudul Hanya Untukmu serta mendapatkan penghargaan Gayageum Awards
  • 1979 - Mengikuti Pop Song Festival di Jepang membawakan lagu ciptaan Anton Issoedibjo berjudul Lady, serta meraih penghargaan Kawakami Awards

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Rafika_Duri

RAN
音楽グループ

 
RANはジャカルタを拠点とするインドネシアの音楽グループである。この音楽グループは2006年に結成された。メンバーはRayi, AstaとNinoの三人である。このグループの名前は三人のメンバーの名前の頭文字をとったものである。最初のアルバムはRAN for Your Lifeで2007年にリリースされた。

RayiとAstaは南ジャカルタのPOndok LabuにあるAl-Izar高校在学時代から一緒に演奏を始めた。友達と共に彼らはFunk Rap Discoという名前のバンドを結成し、種々の学校間バンド競演会で優勝を勝ち取った。高校卒業後、メンバーの数人が海外留学したためにこのバンドは活動停止になった。JakTVスタジオで開催されたIndonesian Song Festival 2006に参加した折、彼らは下級生のNinoをバンドに参加するように無理やり巻き込んだ。彼らはこのバンドにRANという名を選んだというのは名前のRANは実際に日本語の蘭がもとになっている。曲Pandangan Pertamaはこの競演会で二位に表彰された。この曲はRANを、後日このデモテープをUniversal Music Indonesiaに提出することになるプロデューサーのDondy Soedjonoと知り合わすことになった。Universal Music IndonesiaのDanel TumiwaはRANを新人バンドとして制作準備をおこない、初めてのアルバムを出す前のRANのイメージクリエーターとしてNala Rinaldoを指定した。NalaとDanielはユニークに見えるように三人だけと提案していたが、RANの初期のメンバー構成は当初多数のメンバーを含んでいた。2007年末にRANはデビューアルバムRAN for Your LifeをUniversal Music Indonesiaのマネージメントとレーベルの下でリリースした。

三人で活動しているRANはライブステージでは追加のプレーヤーを用いた。普通、彼らは2本のギターと二台のキーボード、二組のバックコーラス、一人のドラマーとパーカッショニストの11人編成で登場した。彼らとしばしば共演したのはJoey (bass), Rio (drum), Aldhan (Keyboard)とEva (keyboard)であった。

2011年10月中旬、インドネシア音楽シーンでKLa Projectが奮闘する最初の曲となったTentang Kitaを入れたA Tribute To KLa Projectと題したコンピーレーションアルバムに入れるためにこのグループは一つのアーティストとしてまとまった。
【ディスコグラフィー】
スタジオアルバム
  • RAN for Your Life (2007)
  • Friday (2009)
  • HOP3 (2011)
  • Hari Baru (2013)
  • RAN (2016)
シングル盤
  • Saling Merindu (2019)
  • Orang Yang Paling Kubenci (2020)
  • Selalu Bersama (2022)
【フィルモグラフィー】
タイトル 配役 プロダクション
2009 Queen Bee Rayi Putra Rahardjo, Astono Handoko, dan Anindyo Baskoro sebagai Grup Musik Million Pictures
2014 Tak Kemal Maka Tak Sayang Rayi Putra Rahardjo sebagai Khalil MD Pictures
Astono Handoko dan Anindyo Baskoro sebagai Penyanyi Kafe

【表彰とノミネート】
カテゴリー ノミネート作品 結果
Anugerah Musik Indonesia 2009 最優秀Rhythm & Blues作曲部門 Pandangan Pertama ノミネート
2010 最優秀urban作品賞 T.G.I Friday 優勝
2014 最優秀Soul/R&B作曲賞 Kita Bisa (bersama Tulus) ノミネート
2016 Group/コラボ Soul/R&B/Urban賞 Para Pemenang (menampilkan Tulus) ノミネート
2017 最優秀Popアルバム賞 RAN 優勝
2017 最優秀Group/コラボ Soul/R&B/Urban賞 Mager ノミネート
2017 最優秀コラボ Pops賞 Salamku untuk Kekasihmu yang Baru (menampilkan Kahitna) ノミネート
2018 最優秀Duo/Grup/Grup Vokal/コラボポップス賞 Kulari ke Pantai (OST Kulari ke Pantai) ノミネート
2018 最優秀オリジナルサウンドトラック作品賞 Kulari ke Pantai (OST Kulari ke Pantai) ノミネート
2018 最優秀再編曲賞 Selamat Pagi (bersama Maisha Kanna & Lil'li Latisha) ノミネート
2019 最優秀再編曲賞 Dekat di Hati (Japanese Version) ノミネート
2020 最優秀Duo/Grup/ Pops賞 Saling Merindu ノミネート
2020 最優秀ソロ・男女・グループコラボダンス賞 Ain't Gonna Give Up (bersama Ramengvrl) ノミネート
2021 最優秀Duo/Grup/ Pops賞 Orang Yang Paling Kubenci ノミネート
Festival Film Indonesia 2015 最優秀テーマ曲作曲賞 Kulari ke Pantai (OST Kulari ke Pantai) 優勝
Rolling Stone Indonesia Editors' Choice Awards 2015 Hits of the Year Dekat di Hati 優勝
Mnet Asian Music Awards 2015 Best Asian Artist Indonesia RAN 優勝
Nickelodeon Indonesia Kids' Choice Awards 2009 最優秀人気Duo/Grup賞 RAN 優勝
2010 RAN 優勝
2015 RAN ノミネート
 出典
https://id.wikipedia.org/wiki/RAN_(grup_musik)

Rama Aiphama
歌手・作曲家
Rama Aiphama、本名Sayyid Mohammad bin Syagab Al-‘IdrusはGorontaroで1956年9月17日に生まれ2020年3月11日にジャカルタで没した。享年63歳。
彼はアラブ・ゴロンタロの血を引く歌手で作曲家であった。彼はMelayu、ダンドウット、レゲエ、クロンチョンのフュージョンの流れの中の歌手であった。彼の経歴の頂点はリバイバル曲Dinda Bestariの1990年代であった。Ramaはレゲエ歌手のような特殊な形の帽子と色とりどりの特別な衣装でも知られている。

プライベートライフ
Ramaは1993年頃にEuis Kartika Sariと結婚し、三人の子供をもうけた。2008年にRamaがしばしばEuisに暴力をふるい、女中さんと褒められない行動をとったとEuiからの情報が飛び出してきた。Euisは2008年12月24日に東ジャカルタ警察署に夫の行動に関して訴え出た。その前にEuisはRamaを置いて、家を出て両親の家に住んでいた。その6日後にこの訴えを撤回した。しかし、結局のところ2009年5月に正式に彼らは離婚するに至った。

ディスコグラフィ
Aku yang Merindukanmu (1981)
Ratna (1987)
Dinda Bestari (1995)
Keroncong Disco Reggae (1996)
Kroncong Disco Reggae Vol. 2 (1996)
Jawa Disco Reggae (1997)
Torang Samua Basudara (1999)
Pesona Melayu (2001)
Keroncong Jaipong Dangdut (2003)

死去
Rama Aiphamaは2020年3月11日に自宅で亡くなった。遺体はジャカルタのCimanggisのAl Muchtar公共墓地に葬られた。

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Rama_Aiphama

Rani
Minggus Tahitu作のPergi Untuk Kembaliの歌手。
[出典]
Youtube & website

Rano Karno
俳優・脚本家・映画作家・歌手・映画監督
Rano Karno
H. Rano Karno, S.I.Pはジャカルタで1960年10月8日に生まれた。
彼はインドネシアの俳優、歌手、監督であるとともら2015年8月12日から2017年5月13日までバンテン州知事を務めた。それ以前、憲法審査会の選挙での買収事件に関連してクビになったRatu Atut Chosiyahの後任としてかれは2014年5月13日から2015年8月12日までバンテン州知事実行部門に籍を置いていた。Rano Karnoは1970年代から1980年代にかけて俳優として、劇場映画Rio Anakku, Gita Cinta dari SMA, Taksiとともに1990年代にはテレビドラマSi Doel Anak SekolahanでDoelを演じた。俳優以外にRano Karnoは歌手や監督として知られている。
彼の父親はベテラン俳優のSoekarno M. Noerであった。彼には映画界で演じている兄弟のTino KarnoとSuti Karnoがいる。彼は2007年のジャカルタ特別州知事選挙では副知事としてFauzi Bowoについた。2008年3月22日、彼は2008年から2013年の任期のタンゲラン県副県令に公式に任命された。Ratu Atut Chosiyahとともに2012年から2017年任期のバンテン州副知事に彼が当選したため2011年12月19日をもって副県令の職を退いた。

バイオグラフィ
芸能界での経歴

Rano Karnoは9歳の時から父親の誘いで、有名人の子供を配役とした映画Lewat Tengah Malamで主演した。彼の名はAman Datoek Madjoindoの物語から脚本化されたSjuman Djaya作の映画Si Doel Anak Betawi (1972)広く知られ始めた。この映画でSoekarno M. Noer (Minang)とIstiarti M Noer (Jawa)が演じた夫婦の間の六人の子供の三人目の役であった。それ以来、彼の業績は目を見張るものがあった。映画Rio Anakku (1973)でRanoは1974年にインドネシア記者協会からHarapan I俳優として表彰された。その後、1974年に台北のアジア映画祭で最優秀子供俳優賞を受賞した。これに続き、映画Wajah Tiga Perempuan (1976), Suci Sang Primadona (1977), Gita Cinta dari SMA (1979)で青年と成人を演じた。映画界に身を投じるためにRanoは米国のEast West Playerで俳優の勉強もした。

インドネシア映画産業界が失神した時Ranoはテレビ映画にシフトした。テレビドラマSi Doel Anak SekolahanはKarnos Filmで兄弟たちとともに達成した金字塔であった。このテレビドラマで監督を務める一方シナリオ作家、またRanoはKasddullah (Si Doel)を演じた。Si Doel Anak Sekolahanシリーズ以外に第一期から第六期のPT. Karnos Filmの作品はKembang IlalangとUsaha Gawat Daruratがある。

Ranoは歌手の世界にも飛び込んだ。主要なアルバムは市場で十分に受けたYang Sangat Kusayangである。

政治家経歴
2007年の初めにジャカルタ特別州副知事候補としての新しい経歴により集中するためにRanoは国内の映画人に別れを告げたことがあった。2007年中盤にFauzi Bowoを支持するSi Doel家族の宣伝が出た。このことはFauzi Bowoから数十億ルピアの現金をもらってジャカルタ特別州知事選挙シーンから撤退するのではないかという噂が出た。この疑惑は後日、別人から払しょくされた。

タンゲラン県の副県令
2008年のタンゲランの首長選挙で県令候補Ismet Iskandarを支持する政党の決定に従って自分はタンゲラン県の副県令候補にとどまると言ったことで2007年の末に世間を驚かせた。このカップルは後日当選して、Ranoは2008年から2013年任期のタンゲラン県の副県令になった。

バンテン州副知事
2011年にRanoは、2007年から2011年任期のバンテン州知事であったRatu Atut Chosiyahについてバンテン州副知事候補になるべく立候補し、2011年10月30日にバンテン選挙委員会から、開票結果に従いRatu Atut ChosiyahとRano Karnoの組み合わせがバンテン州知事選挙に勝利したと発表された。Ratu Atut ChosiyahとRano Karnoの組み合わせは、第二位のWahidin Halim-Irna Nurulitaと第三位のJazuli Juwaeni-Makmun Muzzakiを負かしたのであった。

バンテン州知事
2014年5月13日以後、首長選挙での買収事件に関連して憲法審査会に失職させられたバンテン州知事Ratu Atut Chosiyahの後任としてRano KarnoはSusilo Bambang Yudhoyono大統領の指示でバンテン州知事に任命された。

プライベートライフと社会生活
RanoはDewi Undriatiと1988年2月8日に結婚しRaka WidyarmaとDeanti Rakasiwiの二人を養子として迎えた。これ以前、Ranoは結婚したことがあったのだが結婚生活は二年後の離婚で終了した。
元厚生大臣のProf.Dr. Emil Salimや故Prof. Dr. Adhyatma, Ibu Prof. Singgih, Ibu Prof Murprawoto.の推薦で教育分野で活動する国連組織の一部のUNICEFによる教育部門でRano Karnoはインドネシアの特別大使として取り上げられたことがあった。

フィルモグラフィー
劇場映画
俳優として
  • Lewat Tengah Malam (1971)
  • Malin Kundang (1971)
  • Lingkaran Setan (1972)
  • Si Doel Anak Betawi (1973)
  • Yatim (1973)
  • Rio Anakku (1973)
  • Di Mana Kau Ibu (1973)
  • Si Rano (1973)
  • Tabah Sampai Akhir (1973)
  • Romi dan Juli (1974)
  • Jangan Biarkan Mereka Lapar (1974)
  • Perawan Malam (1974)
  • Anak Bintang (1974)
  • Ratapan Si Miskin (1974)
  • Senyum dan Tangis (1974)
  • Sebelum Usia 17 (1975)
  • Tragedi Tante Sex (1976)
  • Wajah Tiga Perempuan (1976)
  • Semau Gue (1977)
  • Suci Sang Primadona (1977)
  • Musim Bercinta (1978)
  • Pelajaran Cinta (1979)
  • Anak-Anak Buangan (1979)
  • Buah Terlarang (1979)
  • Gita Cinta dari SMA (1979)
  • Remaja di Lampu Merah (1979)
  • Puspa Indah Taman Hati (1979)
  • Remaja-Remaja (1979)
  • Nikmatnya Cinta (1980)
  • Roman Picisan (1980)
  • Selamat Tinggal Masa Remaja (1980)
  • Selamat Tinggal Duka (1980)
  • Kembang Semusim (1980)
  • Nostalgia di SMA (1980)
  • Tempatmu di Sisiku (1980)
  • Yang Kembali Bersemi (1980)
  • Kisah Cinta Tommi dan Jerri (1980)
  • Kau Tercipta Untukku (1980)
  • Aladin dan Lampu Wasiat (1980)
  • Senyummu Adalah Tangisku (1980)
  • Bunga Cinta Kasih (1981)
  • Mawar Cinta Berduri Duka (1981)
  • Detik-detik Cinta Menyentuh (1981)
  • Dalam Lingkaran Cinta (1981)
  • Yang (1984)
  • Asmara Di Balik Pintu (1984)
  • Untukmu Kuserahkan Segalanya (1984)
  • Ranjau-Ranjau Cinta (1985)
  • Tak Ingin Sendiri (1985)
  • Kidung Cinta (1985)
  • Yang Masih di Bawah Umur (1985)
  • Pertunangan (1985)
  • Anak-Anak Malam (1986)
  • Merangkul Langit (1986)
  • Di Dadaku Ada Cinta (1986)
  • Opera Jakarta (1986)
  • Gema Hati Bernyanyi (1987)
  • Bilur-bilur Penyesalan (1987)
  • Arini, Masih Ada Kereta Yang Lewat (1987)
  • Macan Kampus (1987)
  • Dia Bukan Bayiku (1988)
  • Arini II (1988)
  • Sumpah Keramat (Sumpah Pocong Lintang dan Bayu) (1988)
  • Adikku Kekasihku (1989)
  • Taksi (1990)
  • Perasaan Perempuan (1990)
  • Suamiku Sayang (1990)
  • Sejak Cinta Diciptakan (1990)
  • Pagar Ayu (1990)
  • Taksi Juga (1991)
  • Bernafas dalam Lumpur (1991)
  • Perawan Metropolitan (1991)
  • Sekretaris (1991)
  • Kuberikan Segalanya (1992)
  • Selembut Wajah Anggun (1992)
  • Kembali Lagi (1993)
  • Si Jago Merah (2008)
  • Satu Jam Saja (2010)
  • The Last Barongsai (2017)
  • Galih dan Ratna (2017)
  • Suami Untuk Mak (2017)
  • Benyamin Biang Kerok (2018)
  • Si Doel The Movie (2018)
  • Si Doel The Movie 2 (2019)
  • Akhir Kisah Cinta Si Doel (2020)
  • Benyamin Biang Kerok 2 (2020)
  • Cinta Subuh (2021)
  • 劇作家など
  • Anak-Anak Malam (1986) – 脚本家と原本作家
  • Macan Kampus (1987) - 原本作家
  • Satu Jam Saja (2010) - 脚本家
  • The Last Barongsai (2017) - 原本作家
  • Si Doel The Movie (2018) - ディレクター、脚本家、チーフプロデューサー
  • Si Doel The Movie 2 (2019) - ディレクター、脚本家、チーフプロデューサー
  • Akhir Kisah Cinta Si Doel (2020) - ディレクター、脚本家、チーフプロデューサー
  • テレビドラマ
  • Pelangi di Hatiku (RCTI, 1992-1993)
  • Si Doel Anak Sekolahan 1 - 4 (RCTI, 1993-1998)
  • Si Doel Anak Sekolahan 5 (Indosiar, 2000)
  • Kau di Atas Aku di Bawah (Indosiar, 2001)
  • Si Doel 6 (Indosiar, 2003)
  • Si Doel Anak Gedongan (Indosiar, 2005-2006)
  • Jomblo The Series (RCTI, 2008)
  • Amanah Wali 4 (RCTI, 2020)


テレビ映画
  • Si Doel Anak Pinggiran (RCTI, 2011)


表彰
  • Panasonic Awards 1997でのもっとも好まれるテレビ男優賞
  • BP2N (Dewan Film Nasional) – 1997でのSurjosoemanto賞
  • インドネシア映画祭ノミネート: Yang (1984), Ranjau-Ranjau Cinta (1985), Arini I (1987), Arini II (1989), Kuberikan Segalanya (1992)
  • Taksiでの主役 – インドネシア映画祭1991
  • スラバヤの最優秀子役- インドネシア映画祭1974
  • 映画Rio Anakku (1973)でのBest Child Actor di Taiwan - Festival Film Indonesia 1974
  • Aktor Harapan I Pemilihan Best Actor/Actress - PWI (1974)

経歴
政治家
前任者:Ratu Atut Chosiyah バンテン州知事
2015~2017
(Pelaksana Tugas: 2014~2015)
後任者:
Wahidin Halim
前任者:
Mohammad Masduki
バンテン州副知事
2012~2014
空席でその後は
Andika Hazrumy
前任者:
Tidak diketahui
タンゲラン副県令
2008~2011
空席でその後は
Hermansyah
表彰
前任者:
Rachmat Hidayat
Film?:?Pacar Ketinggalan Kereta (1989)
最優秀男優賞
(インドネシア映画祭)
Film?:?Taksi
(1990)
後任者:
Tio Pakusadewo
Film?:?Lagu untuk Seruni
(1991)

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Rano_Karno
 編者註
1996年頃に、ジャカルタのCineri住宅地へのアクセス道路上でSi Doelの撮影に使ったMikroletを見かけたことがあった。当時このテレビドラマは大した人気で知らぬ者はいないほどであった。このドラマはジャカルタ郊外に住むブタウィ人集落でのコメディータッチの物語であった。もう30年ほど昔になるが懐かしく思い出される。


Reza
女優、歌手、政治家

 
Reza Arta Adriana Eka Suciは1975年5月29日生まれ。彼女はジャワとスンダ人の血を引いたインドネシアの女優、歌手、政治家である。彼女は特徴あるアルトボイスとして知られていて、1997年に初デビューしそれ以来インドネシアの女性ソロステージ歌手の一人として数えられている。
【家族】
Reza Artameviaは芸術家の血を引いた家族に生まれた。祖父はジャワのダンススタジオを所有しソロの王家の血を引く母親はスカルノ時代からスハルト時代まで大統領宮殿で頻繁に踊ったことがある。歌唱の世界以外ではReza自身が舞踊を好み彼女はジャワの古典舞踊をマスターしている。
【職業経歴】
四歳の時以来Rezaの芸術的才能はとても目立つように見られた。家が停電した夜に幼いRezaを母親が家から連れ出した。幼いRezaは月を見て彼女は曲Ambilkan Bulanを歌った。このように偉大な芸術的才能を見て、Rezaの母親は最終的にRezaの能力を磨き始めた。Rezaの母親はRezaに、耳に心地よく聞こえるような感情を込めた歌い方を教授したのだった。この出来事を始めとして、Rezaにとってとても重要なことを与えたのは明らかである。

小学校に入ってRezaはいくつもの歌唱大会で優勝することとなった。歌唱の世界でのRezaの実績経歴は1985年のTVRI子供歌唱大会(Lomba Lagu Anak-Anak TVRI)で優勝した時から始まったのである。中学校在籍以降、ちょうど家族環境も彼女への支援を与えていたバンドをRezaは結成した。このRezaの趣味はジャカルタのPancasila大学経済学部での就学中急がしい時でも頑張ったのであった。

Rezaのプロ歌手としての能力はDewa19のバックコーラス歌手になった時に注目され始めた。彼女はあちこちの地方への音楽ツアーにしぱしぱ同行した。独自の色彩を持つRezaの声は自分の人気を打ち上げるために彼女に魅了されたDewa19の大物であるミュージシャンAhmad Dahniを誘い込んだ。Achmad BandとDewa19のプロデューサーであるAchmad Dhaniの指導の下、Rezaは最終的にレコーディングスタジオに入り、1997年に作成したファーストアルバムKeajaibanを産み出し、曲のアレンジ変更を経てアルバムKeajaibanは1997年8月末に市場に出された。このAuqrius Musikindo作成のアルバムから、PertamaとSatu Yang Tak Bisa Lepasの両曲が出たのであった。RezaはVina Panduwinataが流行らせたことのある曲Diaの再アレンジも行った。Rezaの曲Pertamaはインドネシアのランキング一位になることができ、最初の登場の時に驚異的なヒットとなった。Rezaが直接手掛けたこのアルバムこそ権威あるインドネシア音楽賞やMTV、で多数の表彰を受けるに至り、最もセクシーな女性という称号を与えられたとしてもインドネシア音楽界におけるその名を打ち上げたのだった。1997年はインドネシアが通貨危機に対面し大衆の購買能力が落ちていた故に、アルバムKeajaibanはReza単独の実力を顕わした新人として10万枚以上の売り上げを記録したのであった。

Rezaの名声で他のミュージシャンは彼女とデュエットした。インドネシアからだけではなく諸外国からのものもあった。2000年にRezaは、Biar Menjadi Kenanganのインドネシア語版とForever Peaceの日本語版、The Last Kissの英語版で日本人ミュージシャンの上田正樹とコラボした二番目のアルバムKeabadianを出した。ファーストシングルとなったソロ歌手上田正樹とRezaとのコラボはインドネシアでのステージ歌手ランキングでReza Artameviaの地位をますます確実なものとした。曲Keajaibanはプライベートテレビ局のドラマMeniti Cintaのサウンドトラックになった。Rezaは、Dewa19の曲Cinta 'Kan Membawamu Kembalとマレーシアの歌手Famieza曲Getaranをリバイバルさせた。曲Aku Wanitaもこの二番目のアルバムのメイン曲である。このアルバムはインドネシアのみならず諸外国のポップス界の両方で成功を収めた。売り上げはインドネシアと諸外国で30万枚に達し、著作権使用料も得た。東京が中心となっているAsian Music Standardにより、アルバムKeabadianは英語版に翻訳され、日本でAmazingのタイトルでリリースされた。上田正樹のアルバムHand of TimeはRezaと一緒に歌ったForever Peace(日本語に訳されたAhmad Dhani作品のBiar Menjadi Kenangan)が盛り込まれていて、後日開催された日韓のFormula 1競争のテーマ曲に選択された。
その以前の二番目のアルバムとはことなり、その曲の全体性はAhmad Dhaniにプロデュースされた。ますます繁忙を極めていたAchmad DhaniのスケジュールゆえにRezaはDhaniと一緒に働く適当な時間を見つけることが最終的には困難になった。Ahmad Dhaniを待つことなくRezaはアルバムKeyakinanを自分自身で進めるための無謀な方法をとらざるを得なかった。このアルバムはロマンチックなポップス音楽を混ぜ込むことでアルトボイスを包み込んだ。歌ったり歌詞を作ったりする以外、Rezaはそのプロデューサーとして貢献した。このアルバムは2002年11月にリリースすることができCinta Kita、Berharap Tak Berpisah、PutusとApapun Kau Mauの各曲のヒットを確実にした。

このアルバムKeyakinanの制作過程は十分に長期間を要した。その前Rezaは第二子の出産で忙しかった。最終的にRezaは子育て以外の時、このアルバムを支えてくれたミュージシャンのYudis Dwikorana, Denny Chasmala, Tohpati, Erwin Gutawa, Andi Rianto, Anto HoedとMelly Goeslawとコンタクトする多くの時間があった。これに関与したミュージシャンや作曲家という点から見れば今回のrezaのアルバムは多様性を越えたのだった。関与した彼ら全ては単に曲の材料を提供するだけではなくその曲のアレンジの取り組みで深く関与したのであった。

Aquarius StudioやMusica Studio、Gins Studio Jakaraでレコーディングされたアルバムで、Rezaはサプライズをも提供した。Sarah Silbaの作品のひとつで、RezaはBisa Jadiをデュエットするためにインドネシアのステージの女神のひとりと組んだ。この曲はTiti Djが提供した。種々の比較検討で(RezaによるとBisa Jadiはユニークで大好きだとのこと)、最終的にRezaはBisa Jadiを歌うことに決めてこのインドネシアのステージの女神とデュエットした。このアルバムも商業的に成功した。アルバムKeyakinanのリリース後、2004年にRezaはFestival Asian Broadcast Unionの関係で歌うように東京と大阪のNHK TVに招待された。舞台に登場し外国人たちに注目され、それはRezaの独自の誇りを形成したのであった。

2005年当初、RezaはKetulusanのタイトルを与えたアルバムの準備にかかった。Rezaはすでに曲の材料のいくつかは準備していたがさらに曲Getirのためにアンダーグラウンドロックの流れをくむPas Bandともコラボした。元夫のAdjie Massaidと反目を続けていた困難な時期のためにこのアルバムはリリースできなかった。Getirは当時のRezaの状況にとても合っていた緊急事態のテーマを意味していた。この離婚過程は2005年を通じて物議をかもしだした話題となった。RezaとAdjiの離婚後Rezaは女神としての人気を差し置いて引退を表明するまでになりGatot Brajamustiの修養所でElma Theanaとともに信仰を深めることを優先的に選択した。音楽界でのブレークの間、RezaはGatot BrajamustiのアルバムKekasihの制作に貢献したと伝えられている。このAry SuthaにプロデュースされたアルバムはRezaとGatot Brajamustiのデュエットで歌われたシングル曲Terkadangを含んでいる。

音楽界での約二年間の空白期間の後、その名は高まった。Rezaは最終的にOnairのみならずOffairの番組に出演して歌うことでカムバックを果たした。2007年四月初旬にRezaは彼女の名前の後半を代えてステージに立った。最初の名前の後半はArtameviaであったがそれをArtameviraに変更した。新しい名前に関し、ラテン語で「悲しみ」を意味するMeviaを変えて、「幸せ」を意味するMeviraにしたのであった。

2008年末、インドネシアで最初に開催されたAsian Beach Games 2008で大きな成果を上げた。Rezaは選抜されたトップ歌手になり、Asian Beach Games 2008のテーマ曲Inspire the Worldのオープニングを受け持つことでインドネシアを代表して名誉を受けた。Rezaは45人のアジア諸国首脳とSusili Bambang Yudhoyono大統領の面前でGaruda Wisnu Kencanaの1700人の踊り子に囲まれてステージに登場した。それ以外に、Rezaは「国際エスニック音楽Soloフェスティバル(SIEM)2008の閉会式を中部ジャワ州Solo(スラカルタ)のMangkunera王宮広場で2008年11月1日にバンドン出身のミュージシャンに囲まれて活気づけるために参加した。この閉会式にRezaは彼女が流行らせた三曲を披露した。ブタウィ民族のAku Wanita、スンダ民族のSatu Yang Tak Bisa Lepas、スマトラ民族のBerharap Tak Berpisahであった。

7年のアルバム作成空白期間の後2009年にRezaはアルバムThe Voicerをリリースした。このアルバムには、主力のしんぐるばんとなったKetulusanとTidakkah Kau Lihatと既にRezaが出した三枚のコンピレーションアルバム、Keakaiban, KeabadianとLeyakinan)が収録されている。このアルバムはインドネシアのステージ歌手のランキングにReza Artameviraを登場させた。2010年末、Rezaは再度表彰を受け、雑誌Rolling Stone Indonesiaの50 the greatest Indonesian Singersに返り咲いた。
今に至るまでRezaは4アルバムを成功させている。メインアルバムのKeajaibanのリリース後、Rezaの名は直ちにインドネシアのステージ女性ソロ歌手の列に流星のように急上昇した。Rezaは歌手上田正樹とのコラボの成功後日本から賞状も授与された。成功したアルバムの売り上げはRezaをAquarius Musikindo会社のレーベルの確固たる砦にした女性ソロ芸能人の列に入れたのだった。それゆえに、Rezaはしばしば、KridayantiやTiti DJと同列のインドネシアの女王の一人として定義されている。Adjie Massaidとの離婚後、Rezaはその名を高めた人気を選択するより、社会的行動である招待パーティに出演する事を選択している。
【プライベートライフ】
Rezaは俳優で政治家でもあるAdjie Massaidと1999年2月9日に結婚して、2000年11月19日生まれのZahwa Rezi Massaidと2002年3月8日生まれのAliyah Annisa Jeffar Massaidの二人の子供に恵まれた。2005年1月17日彼らは南ジャカルタ宗教裁判所の決定で正式に離婚した。この離婚の経緯はスキャンダルになり、印刷媒体でも電子媒体でもゴシップメディアによって過大に穿鑿されて物議を醸しだした。元夫との敵対関係の間、Rezaはスカルノハッタ空港で誘拐されたと報じられた。失踪5日目後、Rezaはうつになった故にRezaは自分自身を落ちかせたことが分かった。Rezaは西ジャワ州SukabumiのCisaat地区にあるGatot Bradia Mustiの修養所で発見された。この穿鑿は結婚、離婚のインドネシアアーティストの長いリストを更に伸ばし、子供たちの行為に対して討論する際、メディアを通して物議を公開することになった。RezaとAdjieの間の子供の親権は最終的にAdjieが握ることとなった。Adjie Massaidは2009年にAngelina Sondakhと結婚した。Adjie Massaidの死後、RezaとAngelina SondakhはAdjie Massaidの子供たちを一緒になって育てていると伝えられている。

Rezaは実姉と共にZahwa Khabizaという芸能事務所を立ち上げた。これ以外に、Rezaは中東風nasi kebuliの料理ビジネスも始めた。彼女が怖がっているのはプロデューサーになることとIwan Falsと歌うことである。彼女は青と茶、黒色を好むことで知られている。実際に若い時分以来彼女は自然を愛するグループに属しており、罹患したことがある肝臓疾患で妨げられたとはいえ、ロッククライミングを目指している。音楽における興味はバンドに参加して以来、中学校からジャカルタのPancasila大学経済学部に在籍した時以来見られるものである。彼女は長いことR&Bの潮流を好み曲も書いている。
【ディスコグラフィー】
スタジオアルバム
  • Keajaiban (1997)
  • Keabadian (2000)
  • Amazing (2000)
  • Keyakinan (2002)
コンピレーションアルバム
  • The Voicer (2009)
シングル
  • Selalu Ada (2018)
  • Cinta Sejati (2022)
  • Engkau Tak Sendiri feat Opick (2022)
【フィルモグラフィー】
映画
タイトル 配役
2006 Hantu Bangku Kosong Melisa
2013 Azrax, Melawan Sindikat Perdagangan Wanita
2014 Sayap Kecil Garuda

コメディ
Kampung Lebay (2022)

FTV
Lapor Pak!: Telegram Rahasia (2022)
【業績】
  1. 1985 - Juara I Lomba Lagu Anak-Anak TVRI
  2. 1985 - Juara II Tingkat Anak-Anak BKKBN se DKI
  3. 1992 - Finalis Cipta Pesona Bintang
  4. 1993 - Juara I "Panasonic Singer Contest"
  5. 1992/93 - Juara II Nasional Yamaha Music Quest With Wajang "N" Puppet
  6. 1993/94 - Juara Nasional (3 terbaik) Yamaha Music Quest With Matahari
  7. 1998 - Penyanyi Solo Terbaik Kategori R&B dari Anugerah Musik Indonesia
  8. 1998 - Lagu Terbaik Kategori R&B dari Anugerah Musik Indonesia
  9. 1998 - Pendatang Baru Terbaik Kategori Umum dari Anugerah Musik Indonesia
  10. 1998 - Best Female Artist "Most Female Wanted " di "MTV Video Music Awards"
  11. 2008 - Reza Artamevia mendapat Kehormatan sebagai Penyanyi Pertama yang mewakili Indonesia dalam membawakan Opening Theme Song Asian Beach Games Pertama pada tahun 2008, berjudul "Inspire The World" dengan didampingi 1700 penari di pulau Dewata Bali dihadapan 45 Negara Asia
  12. 2010 - Reza Artamevia masuk dalam jajaran "50 Penyanyi Terbesar Indonesia", Versi Majalah Rolling Stone Indonesia
【表彰とノミネーション】
カテゴリー ノミネート作品 結果
Anugerah Musik Indonesia 1998 最優秀新人賞 Pertama 獲得
最優秀R&Bソロ歌唱賞 獲得
最優秀R&Bアルバム賞 Keajaiban 獲得
2001 最優秀R&Bアーティスト賞 Yang Kedua ノミネート
2003 女性ソロポップスアーティスト賞 Cinta Kita ノミネート
最優秀R&B作品賞 Kau yang Kumau 獲得
2022 最優秀イスラム精神的歌詞の作品賞 Engkau Tak Sendiri (Opickと共演) ノミネート
【選挙歴】
選挙年 選挙区分 選挙区 所属政党 得票数 結果
2019 国民議会議員 西ジャワ第11区 Partai Persatuan Indonesia 未発表 落選
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Reza_Artamevia

目次に戻る  PopIndoの目次に戻る  R2のアーティストへ

2021/03/14 作成
2023/02/20 追加

 

inserted by FC2 system