嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group O

Group-Oには以下のアーチストが含まれます。
Obbie Messakh
Oetjin Noerhasyim
Oei Yok Siang
Orkes Sekar Kedaton

Obbie Messakh
歌手・作曲家
Obbie Messakhは1956年4月26日にジャカルタで生まれた。
彼は1980年代に流行ったポップスの歌手で作曲家である。Obbieの作った歌は市場で人気急上昇したので音楽界では多数の役割を果たしている。
その当時、JKレコードは国内の音楽産業界を支配していたレコード会社であった。Obbieはこの会社専属の作曲家として並んでいた。
大衆に好まれたObbieの歌は彼にソロアルバムKau dan Aku Satuをリリースさせた。
その中の一曲のHati Yang Lukaはその歌詞があまりに感情的であったのでスハルト体制下で発禁になった。このことは彼の人気を下げ始めた。たとえそうであってもObbieはいまにいたるまでも作曲を続けている。

経歴
Obbie Messakhは曲名Kisah Kasih di Sekolahを通じて1980年代に人気があった。

幼少時から彼はジャカルタで育った。彼は自分の作った歌でその名が急上昇した歌手たちの指導で大きな役割を果たした。

彼が軌道に打ち上げたほぼすべてのアーティストはCD40万枚以上を売り上げることができた。Obbieは1983年に国内音楽界に出現したのだった。

その当時国内音楽市場はJudhi Kristianthoの所有するレコード会社のJK Recordに支配されていた。ObbieはPance F. Pondaag, Maxi Mamiri, Wahyu OS、JK自身とDeddy Doresと共に作曲家になるためにJKに選抜された。

Obbieが作った歌が大衆に好まれるようになってから、彼はKau dan Aku Satuと題した主力のソロアルバムをリリースした。このアルバムのうちの数曲はJK Recordから脱落した女性歌手たちによって歌われたことがあった。

彼の名はだんだん知られてきた。Hati Yang Lukaの歌はあまりに感情的だという理由で情報大臣のHarmokoに禁止された。
それゆえ、当時放送を行っていたテレビ局の一つとしてのTVRIはこの歌を放送しなくなった。彼の人気はこれ以来下がったのだった。たとえObbieの作った曲を歌ったことで有名になった多数のアーティストが40万枚のCDを売り上げることができたとしてもだった。
禁止されたとしても彼はせっせと創作に励みダンドゥットポップスながらきれいなメロディーの曲を作ろうとしていた。

ディスコグラフィー
  • Kau dan Aku Satu.
    Putri (Pura-pura Tripping).
    Akhirnya Ku Jatuh Cinta.
    Aduh Rindu.
    Kisah Kasih di Sekolah.
    Cinta Pura-pura (bersama David Messakh).
    Aku Bukan yang Dulu.
    Kamu.
    20 Karya Emas Vol. 1.
    20 Karya Emas Vol. 2.
    Cobalah untuk Mengerti.
    Pantun Anak Negeri.
    Ada Dia Diantara Kita.
    Penyesalan.
    Hanya Nostalgia.
    Bunyikan Suara Hati.
    Jangan Kau Curiga.
    Niko/Nipu Kolot (album Sunda).

Obbie Messakhの最もポピュラーな5曲
  • Kisah Kasih di Sekolah (学生時代の恋愛物語), 1987年にリリースされたObbie Messakh作で故Chrisyeが流行らせた曲。この歌は同名のテレビ映画Kisah Kasih di Sekolahのサウンドトラックに使われた。
  • Antara Cinta dan Dusta (愛と嘘のと間に)、この歌は1985年のアルバムKau dan Aku Satuに収録されている一曲である。Obbie Messakhの作でBroery Marantikaが歌って流行らせた。
  • Hati Yang Luka、Obbie Messakh作のこの曲は1987年にリリースされたアルバムHati Yang LukaでBetharia Sonataが歌った。この歌は歌詞があまりにもやる気をなくす感情的だということでスハルト体制下で発禁になった。
  • Antara Benci dan Rindu (憎悪と思慕の間に)、この歌は1986年リリースのアルバムAntara Benci dan RinduのためにRatih Purwasihが歌ったもの。このシングル盤はRatih Purwasi自身と同一視されたため当時にヒット曲になった。
  • Melodi Memori (思い出のメロディー)、1986年のアルバムAduh RinduでObbie MessakhとHelen Sparinggaが歌ったもの。この歌はEva Soliaも歌って流行らせた。
[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Obbie_Messakh

Oetjin Noerhasyim
クロンチョン作曲家
クロンチョンBaktiとRositaの作家。

[出典]

Youtube

Oei Yok Siang
クロンチョン作曲家

Oei Yok Siangの作品
Gambang Semarang
Impian Semalam
Aksi Kutjing
Bola Hantu
Berdendang Sajang
[出典]

https://www.discogs.com/artist/6861374-Oei-Yok-Siang

Orkes Sekar Kedaton
クロンチョン楽団
Orkes Sekar Kedatonは実は相当な昔の1950年ごろに東カリマンタン、正確にはTenggarong町(Kutai<*1> Kartanegara)で創立された。創立者たちはKutai王朝の末裔たちであった。音楽活動ではOrkes Sekar Kedatonは1970年から1998年まで空白期間に陥った。ついに2001年から今までOrkes Sekar KedatonはH. Nueng氏によりTingkilan, Keroncongなど以前とそれほど違わないかたちで再興された。
時代とSekar Kedatonの現在のプレーヤーとともに、若いプレーヤーやボサノバやセミジャズ風なtingkilan音楽のような現代音楽と昔の音楽のフュージョン音楽の新しい姿を見せている。

[出典]
http://serveryes.ddns.net/simbudpar/home/arsip/profil-kesenian-orkes-sekar-kedaton/154


[註]
<*1> Kutaiはインドネシアで最も古い石碑を残した王国。現在の東カリマンタン州Samarinda一帯。

目次に戻る  PopIndoの目次に戻る  Pのアーティストへ

2021/02/27 作成
2023/02/19 追加

inserted by FC2 system