嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group N

Group-Nには以下のアーチストが含まれます。
Nia Daniati
Novia Kolopaking
Nur'Afni Octavia

Nia Daniati
歌手
Nia Daniaty はバンドンで1964年4月17日に生まれた。
彼女は1980年代に人気があったインドネシアの歌手である。Niaは常にRinto Harahap作の歌を歌っていたことで知られている。Niaの最大のヒット曲はGelas-gelas Kaca出会った。Niaは数曲のスンダのポップスも歌っている。歌手以外にNiaは演劇の世界にも身を投じた。幾つかの映画とシネマスコープに出演している。1980年であったが、Niaは映画Antara Dia dan Akuの中の役でFFIイベントの最優秀女優賞にノミネートされた。

プライベートライフ
Niaはブルネイ王国籍のMohamad Hisamとジャカルタで1991年9月25日に結婚した。この結婚で1992年2月20日に彼らは子供Olivia Nathaniaを得た。彼らは1993年に離婚した。Niaはその後2002年3月21日に有力者であるFarhat Abbasと再婚した。Farhatより12歳年上のNiaはこの年の差を問題ないと理解していた。この結婚で彼らは2003年10月10日にMuhammad Angga Hadi Farhatという名の男の子を得た。この結婚は何回にもわたり第三者の存在で揺すぶられた。結婚後二年ではFarhatがバンドンの乙女Melani(当時24歳)と結婚したと聞かされた。一年後に二人の子持ちの寡婦Ani Muryadiと2005年6月19日に結婚したと白状した。NiaもFarhatにすでに子供がいるNiaとの家庭生活を続けていくかどうか決定してほしいと迫った。2006年末にNiaは自分が貶められていると考えてLala(*1)を南ジャカルタ市警に告発したのでLalaとの問題がまだ解決していなかった。その数日前にLalaは他人の家庭をかき回すつもりもないし静かに生活したいと言っていた。

2005年にFarhatは重婚の許しを求めNiaからは逃げなくなり、Farhatは離婚を提示した。彼らはそのまま同居したが7年間も連続して別々に寝て、最終的にはNiaがFarhaに対して離婚訴訟を起こした。そして2014年6月4日に彼らは正式に離婚した。

ディスコグラフィー
アルバム
  • Country vol.1
  • Nia Daniati The Best Of Pop Bossas
  • Nia Daniati Mega Pop Intim Vol 3
  • Nia Daniati 15 Lagu Terbaik
  • Tembang Asmara Vol. 1 (Siapa Tak Ingin Disayang)
  • Tembang Asmara Vol 3 (Masih Ada Cinta)
  • Tembang Asmara Vol. 4 (Tak Ingin Seperti Dia)
  • Tembang Asmara Vol. 6 (Aku Tak Ingin Dimadu)
  • Tak Ingin Seperti Dia (versi 1995)
  • 365 Hari (1993)


  • Orang Ketiga
  • Gelas-Gelas Kaca (1985)
  • 365 Hari (1993)
  • Tak Ingin Seperti Dia (1995)
  • Kaulah Segalanya
  • Tikar Merah
  • Cintamu Cinta Apa (1997)
  • Hati Yang Sakit
  • Mana Sumpah & Janjimu
  • Bagai Bergantung Di Dahan Rapuh
  • Harus Bagaimana
  • Biarkan Aku Pergi
  • Hanya Ada Satu Cinta
  • Untuk Apa
  • Terlalu
  • Maafkan Daku
  • Siapa Tak Ingin Disayang (1991)
  • Tujuh Purnama
  • 7 Menit
  • Hancur Hatiku
  • Antara Hujan dan Cinta (1996)
  • Perkawinan bukan sandiwara
  • Bila Kau Rindu Baliklah Bantalmu
  • Singgasana Cinta (2012)
  • Belahan Jiwa (2015)

フィルモグラフィー
映画
題名l 配役
1979 Antara Dia dan Aku Nur Nominasi – Piala Citra untuk Pemeran Utama Wanita Terbaik di Festival Film Indonesia 1980
1980 Senyum untuk Mama
Nostalgia di SMA Anggra
1981 Setetes Kasih di Padang Gersang
2016 Gelas Gelas Kaca Teh Nia Juga sebagai produser eksekutif
テレビ映画
題名l 配役 放送局
1994-1996 Buku Harian SCTV
2014 Cakep Cakep Sakti Dewi MNCTV

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Nia_Daniaty

[脚注]
(*1) LalaとはMelaniのことであろう。

1986年にインドネシアに転勤した時にGelas-gelas Kacaがジャワ島ではどこでも掛かっていた。

Novia Kolopaking
歌手
Novia Kolopakingの名前で知られているNovia Sanganingrum Saptarea Kolopakingは西ジャワ州バンドンで1972年11月9日に生まれた。
彼女はインドネシアの芸術家で、ジャワ・ミナン・マラユ人の混血である。彼女は詩をはじめとする文芸のいろいろな分野に参加するとともに歌手としてまたドラマや映画に出演している。

経歴
小さい頃からNoviaの名前は子供雑誌や歌手あるいは俳優としてステージ出演で知られていた。その名は、テレビシリーズドラマのKeluarga CemaraのEmakの役を演じた時とテレビ映画Sitti NurbayaのSiti Nurbayaの役を演じた時に全国的な芸能ステージに上がった。たくさんは覚えていないが、彼女はラジオドラマSaur Sepuhの中のDewi Anjani役の声優を演じたこともあった。

歌の世界で、彼女はKembali, Untukmu Segalanya, Dengan Menyebut Nama Allah, 再録Bunga Mawarなどのヒットポップスを通じて知られている。

八年間のテレビ映画界での空白期間ののち、バンドLettoのボーカリストのNoeの養母である彼女は宗教をテーマにしたRinduku Cintamu (2008)でテレビ界にカムバックした。

家族関係
Noviaは1997年3月22日にAinun Nadjibと結婚して四人の子供をもうけた。全国レベルでは多くは起きなかったものの、彼女はしばしばKiai Kanjengに同行してインドネシアのみならず世界のあちこちを訪ねた。
家系から言うとKolpakingの名はNoviaがまだ、Kolopakingの血統の創始者となったTumenggung Kalapaking一世が両親であるMataram王家のAmangkurat一世の血筋を引いていることを示している。


アルバム
  • Kembali (1992)
  • Biar Kusimpan Rinduku
  • Untukmu Segalanya (1994)
  • Dengan Menyebut Nama Allah
  • Aku Selalu Cinta (Single)
  • Cinta (1999)
  • Bunga Mawar (Single)
  • Asmara (1997)


テレビ映画
  • Jendela Rumah Kita (TVRI, 1989-1990)
  • Siti Nurbaya (TVRI, 1990-1991)
  • Keluarga Cemara (RCTI, 1996-2004; TV7, 2004) / prod. Atmochademas Persada
  • 1 Kakak 7 Ponakan (RCTI, 1996)
  • Darah Biru (
Indosiar, 1995) / prod. Visindo

フィルモグラフィー
  • Brahma Manggala (1988)
  • Perempuan Kedua (1990)
  • Terima Kasih Emak, Terima Kasih Abah (2020)

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Novia_Kolopaking

Nur'Afni Octavia
歌手・女優
Nur Afni Octaviaは1958年10月27日にメダンで生まれた。
彼女はインドネシアの歌手であり女優でもある。Bila Kau Seorang Diriの歌い手として1970年代から1980年代初めの頃の有名人であった。

バイオグラフィ
Nur Afniは1976年のラジオテレビスター選抜に参加したことで歌手としての経歴を開始した。優勝はできなかったが、彼女のスタイルは審査員の注意を引き、彼女は最優秀スタイル賞を得た。その後、彼女はプロデューサーからレコード録音の誘いを受けたが、その時彼女は学業を続けるためにこの誘いを断った。その一年後に彼女はもう一度誘いを受けそれを受けた。彼女の最初のアルバムは1978年に発売されたSurat Cintaである。1980年代から1990年代の初めまで、1990年にはGethukというジャワのポップスアルバムと1991年にはSang Penciptaという賛美歌のアルバムを含めて彼女は定期的にレコードを出した。

Nur Afniの名は1990年代に消えるに至った。2002年にNur Afniは再登場した。この時は自分は自称神父の二番目の夫であるDrs. Edwin Rondonuwu, MBS. S.Thによる迫害がその理由であった。Nur Afniは2000年10月27日に結婚したが、この家庭内暴力の理由で2002年5月21日に正式離婚している。

その前にNur AfniはHenry Siahaan (Yuni Sharaの元夫)と結婚しCila Agnes (Cia)とTasya Sarah Astetica (Chacha)の二人の子供をもうけた。一年後にNur AfniはOlo Panggabeanという名のメダンの有力者と結婚した。Nur Afniはこの話を否定している。

近況は長いこと聞かれなかったが、2008年1月21日に西ジャワ州ボゴール出身の有力者として呼ばれている男性のMuhammad TaufikとNur Afniが結婚したという話で世間を驚かせた。この三回目の結婚でNur Afniはイスラム教に戻ることを決めた。今に至るまでこの話は不明確である。Nur Afniは自分自身がクリスチャンであるかあるいはクリスチャンに戻ったと分かった2014年4月20日に彼女はメディアを騒がせたのであった。

ディスコグラフィー
  • Surat Cinta
  • Katakanlah
  • Jangan Kau Ucapkan Lagi
  • Demi Cinta
  • Bila kau seorang diri
  • Jangan Datang Lagi
  • Ibu
  • Doa
  • Cicin Kenangan
  • Senandung Doa
  • Sayang
  • Kasih
  • Gethuk (lagu Jawa)
  • Sang Pencipta (lagu rohani)


アルバム
15 lagu-lagu slow cinta terlaris 1995 - Keujung Bintang kau kucari
Tembang Kenangan Pop Indonesia vol 3 - Biar Basah Rambutku
Seleksi Super Hits - Indonesian Songs Karaoke VCD MTV
Rinto Harahap Album Suskes VCD

フィルモグラフィー
年  題名  配役  註 
 1974  Butet  Butet  
 1978     Cowok Masa Kini  Siska  
 Pulau Cinta  Kiki  
 Bernafas dalam Cinta  Santi  
 1979 Remaja Idaman     

[出典]
https://id.wikipedia.org/wiki/Nur_Afni_Octavia
目次に戻る  PopIndoの目次に戻る  Oのアーティストへ

2021/02/26 作成
2023/02/19 訂正
 

inserted by FC2 system