嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group K

Group-Kには以下のアーチストが含まれます。
Kelly Puspito
Keroncong Setiakawan
Ki Demang Sokowaten
Ki Narto Sabdo
KLA Project
Koes Plus
Kris Biantoro
Krisdayanti
Kusbini
Kelly Puspito
作曲家
Kelly Puspotoは中部ジャワ州のPatiで1930年8月27日に生まれ中部ジャワ州のスマランで2009年12月19日に没した。享年79歳。
彼はインドネシアの音楽家である。彼はKeroncong Tanah Airkuの作者として有名である。中学校在学中から音楽が好きであった。作曲の傍ら曲のアレンジメントや和声の訓練、クロンチョン、コリンタンを。さらに、特別講師としてスマランのUnnesでいくつかの講座を受け持っていた。Kellyはインドネシアのクロンチョンの発展に影響を与えた作曲家の一人である。彼の作品はBintang Radio dan Televisiの大会の題材となり、卒業論文の題材ともなっている。

プライベートライフ
中学時代からKelly Puspituは音楽に惹かれ演奏をしようとした。ハワイアン、ジャズ、クロンチョン音楽は当時ラジオ聴取者の大多数が好むところになっていた。しかし、ついに彼は生涯の仕事としてクロンチョンの道を選ぶことを決めた。彼の能力から芸術活動、1961年にはDiponegoro師団の地方軍管区のクロンチョンオーケストラの指揮を執り訓練を行いながら、郵便局で働いていた。
このクロンチョンオーケストラを通じて、国民に好かれるクロンチョン音楽にするための幾つかの音楽理想を彼は試行した。Kellyの手により、熱情が衰えたクロンチョン音楽を、時代の変化に対応しようとしたことと弾力的な努力で再興させたのだった。

最初、Kelly Puspitoは1950年代にCincin Tanda Setiamuというクロンチョンを作った。他の多数のクロンチョンミュージシャンのように、時には彼は物質より芸術にたいする愛情をより高く評価しロマンチストになったと告白している。芸術に対するこの愛情は老齢になるまで持ち続け、彼は音楽から妻のイメージを抱いていたたのでとても愛してはいたが、彼は何も所有しないと感じて、10年連れ添った妻と別れることになってしまった。後日、この孤独は後妻になるクロンチョン歌手に慰められることになった。彼は全てが不足しているクロンチョンミュージシャンとして共に生きるためによりよいと後妻を感じたのであった。

「クロンチョン音楽はTuguクロンチョンが発祥のインドネシアオリジナルからの発展形で、この音楽はスマランに入ってそこで発展した。このスマランのスタイルのクロンチョン音楽の特徴はソロにも、ジョグジャにもスラバヤのスタイルとも異なるチェロ演奏が聞こえる点である。」 Kelly Puspito

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Kelly_Puspito

Keroncong Setiakawan
クロンチョンバンド
Kroncong Setiakawanは ジョグジャカルタのオリジナルのクロンチョンバンドである。
リーダーは Agus Heri Poernomo。
クロンチョンはポルトガルの影響を受けたインドネシアのポップスで今では流行遅れになっている。これらのストリートミュージシャンはいまだにオリジナルのスタイルで演奏している。例えばチェロがガメランのドラムパターンを模しているように西洋がオリジンなのにもかかわらず、インドネシアの伝統音楽の要素が織り込まれている。
出典
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=hPwSxXt16Ls

Ki Demang Sokowaten


出典

Ki Narto Sabdo
ワヤンクリッの人形使い(ダーラン)
Ki Nartosabdo (huruf Latin Jawa: Nartasabda; aksara Jawa:ꦤꦂꦠ​ꦱ​ꦧ꧀ꦢ​; )は中部ジャワ州Klatenで1925年8月25日に生まれ、スマランで1985年10月7日に没した。享年60歳。
彼はインドネシアの中部ジャワ出身の伝説的なミュージシャンであるとともにワヤンクリッ(影絵芝居)のダーラン(人形使いでありコンサートマスター)であった。現時点で有名なダーランの一人であるKi Manteb Soedharsonoは、Ki Nartosabdoはインドネシアで最高のダーランであり、現在に至るまで彼を越すダーランはまだいないと述べている。

出自
Ki Nartosabdoの元々の名前はSoenarto出会った。Partinoyoというクリスのサルンの作者の息子であった。全てが不足していた幼少の頃の生活はSoenatroをStandaard School Muhammadiyahでの公式な教育の継続を小学校五年生で断ち切ってしまった。
経済的に全てが困難であった人生は彼が持っていた芸術的才能を通じてSoenartoを家族の生活費の助けために働かせた。彼が画家になったことがある以外に、クロンチョンオーケストラSinar Purnamaでバイオリンを弾いたりしていた。これらの芸術的才能はSunartoが Lembaga Pendidikan Katolik(刈特区教育協会)で学業を継続していた時にますます発達した。
1945年にSunartoはWayang Orang Ngesti Pandowoの創立者であるKi Sastrosabdoと知り合った。これ以降、彼は師匠としてのKi Sastrosabdoの下でダーランの世界を知ることとなった。彼の仕事はこのグループにとって多数の創作物を生み出し、Soenartoは元々の名前の後にSabdoをつけるに至った。この称号は1948年に受け入れられ、今に至るまでその名は変わってNartosabdoになっている。

経歴r
中部ジャワ出身であるにもかかわらずKi Nartosabdoが最初にダーランとしてデビューしたのは1958年4月28日にRRIから生放送されたPTIKホールでのことであった。この時に上演されたのはKresna Duta出会った。このダーランとしての初体験は、実はこの時の本当の仕事とはNgesti Pandowoの指揮であったのでKi Nartoを舞台上でパニックにさせた。
Ki Nartoは青年時代以降ソロ出身のNgabehi Wignyosoetarnoや Klaten出身のKi Poedjosoemartoのような高名なダーランが好きであった。彼も数ある古書を読み漁った。その時のRRIスタジオのボスであったSukimanがKi Nartoにダーランをやらないかと持ち掛け上記のPTIKでの公演となったのであった。
このメインの公演は直ちにJi Nartoの名を高めた。続いて彼はソロ、スラバヤ、ジョグジャカルタなどでダーランとしての機会を得た。Dasa Griwa, MustakaweniやIsmaya Maneges, Gatutkaca Sungging, Gatutkaca Wisuda, Arjuna Cinoba, Kresna Apus, Begawan Sendang Garbaのような創作物語も生み出した。一般的に他のダーランのようにダーランの家系に生まれるか先天的な才能を持っているということではなく、彼は自分で学んだことからこれらを得ることができた。
Ki Nartoの派生的演目(創作)のステージが頻繁になったことから多数の批判を受けた、、一般的には格式高い宮廷のシーンでの幕間としてユーモアを演出する勇気があったりして彼は指摘される点を多数持っていたと理解された。これらの批判は彼を震い上がらせなかったどころか実際にはますます仕事が増えたのだった。
Ki Nartosabdoは1980年のダーランの世界の再構築者としていえるであろう。彼の創作物を投入すると言った衝撃は先輩のダーラン達を追い落とした。彼の作品をボイコットした町のRRIもあった。このような状況ではあったが、彼への支持は、舞踏芸術は固定化していないでよりフレキシブルであることを望む若いダーラン達から流れ出した。
Ki Nartoという有名なダーラン以外に、彼はとても生産的なジャワの歌の作者としても知られている。彼が設立したガメラングループのConding Raosを通じてCaping GunungやGambang Suling, Ibu Pertiwi, Klinci Ucul, Prahu Layar, Ngundhuh Layangan, Aja Diplèroki, Rujak Jeruk.などの319曲を生み出した。

弟子
Ki Nartosabdoの弟子にはKi Manteb Soedharsono (dalang) dan Jaya Suprana (pianis dan komposer)がいる。
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Nartosabdo

KLA Project
音楽バンド
KLa Project はKaton Bagaskara (vokal, bass, gitar), Lilo (Romulo Radjadin) (gitar, vokal), Adi Adrian (keyboard, piano, synthesizer)と Ari Burhani (drum)で構成されているインドネシアの音楽バンドである。このバンドは正式には1988年10月23日に結成された。KLaの名は彼らの名前のイニシャルから採用したもので、小文字のaはメンバー二人のイニシャルがAであることを意味している。
【バンドの歴史】
当初Romulo RadjadinとKaton Bagaskaraはボーカルグループを構成したとある教会の信者同士であった。成人後Katonはガルーダ航空の機内乗務員を辞めてLiloと音楽界での経歴を切り開くことに焦点を当てた。KLaはJakartaのTebetで1988年10月23日に Katon, Lilo, AdiとAriで結成された。KLaの曲の初回レコーディングの費用は機内乗務員の時にためることができたKaton Bagaskaraの資金から拠出された。彼らは1989年にRentang Asmara, Tentang Kita, Waktu TersisaやLagukuのようなヒット曲を入れたアルバム"KLa"をリリースした。1991年にKLaは記念となる曲Yogyakartaを含むKeduaというタイトルの二番目のアルバムを出した。一方、彼らの三番目のアルバム(Pasir Putih - 1992)ではTak Bisa Ke Lain HatiやBelahan Jiwaのようなヒット曲が盛り込まれている。

当時irama melayuが流行っていたので、KLa Projectの音楽は時代に先行していてとはいえ、彼らは音楽リスナーの心を奪うことに成功した。彼らもKLanis (KLanese)と自称する熱狂的なファンを有していた。

三番目のアルバムを出した後Ari Burhaniはバンドメンバーから退出してバンドのマネージャーに就任した。KLaはその後ゲストドラマーのUngu (1994)、Ronald Fristianto (drummer Dr.PM, 元 drummer GIGI)やV (1995)、Wong Aksan (drummer Potret, 元drummer Dewa 19)と共に三人で活動した。1996年末にKLa ProjectはEdi Kemput (gitar), Danny Supit (bass), Hendri Lamiri (biola), Budhy Haryono (drum)などのようなゲストミュージシャンを巻き込んでKLakustikと名打った大規模なアコースティックライブコンサートを繰り広げた。このコンサートはジャカルタのGedung Kesenianで開催され、ANTVで放送され、後日彼らはライブ録音し第二巻レコーディングアルバムとしてリリースした。

2001年3月にこのバンドから脱退するLiloの転換点は起きた。とはいえ、KLaは残ったKaton BagaskaraとAdi Adrianだけで活動を続けた。その後2003年にKLaは Erwin Prasetya (bass, eks bassist Dewa 19), Yoel Vai (gitar)とHarry Goro (drum)の三人を追加することを決定した。新しいメンバー構成でKLaの名もNuKLaと変わった。NuKLaは2004年にアルバムNew Chapterを出すことができた。2005年にNuKLaはDukamu DukakuとKau Tak Pernah Sendiriの新曲二曲を追加したNew Chapter For Acehをリリースした。

2006年にErwin Prasetyaは音楽へのビジョンが異なったという理由でNuKLaから脱退した。その後Harry GoroとYoel Vaiが続いてバンドメンバーから抜けた。その直後にKaton BagaskaraがNuKLaの名前をKLaに戻すことを宣言した。その理由の一つは以前のKLaのイメージを新しくすることが困難であったということである。

2009年初めに、KLa ProjectはアルバムKLa Returnsを出すことで初期メンバーのKatonとLio, Adiをメンバーとして再編したのであった。

幾人かのKLa Projectメンバーはソロとして活動している。Katon Bagaskaraは6アルバム、Adi Adrianは2アルバム、Liloは最近1アルバムを出した。2010年に彼らはアルバムExellentiaをリリースした。このアルバムは、ゲストプレーヤーの支援を受けてHidup Adalah PilihanとCinta Bukan Hanya Kataのヒットシングルの候補になった。2011年11月8日はKLa ProjectはUngu, Ahmad Dhani, Kerispatih, Maliq & D'Essentials, Vidi Aldiano, Pongki Barata, RAN, Babas, VioletとThe Upstairsの歌手とバンドを登場させたアルバムA Tribut to KLA Projectをリリースした。
【ディスコグラフィー】
スタジオアルバム
  • 1989 - KLa
  • 1990 - Kedua
  • 1992 - Pasir Putih
  • 1994 - Ungu
  • 1995 - V
  • 1996 - KLakustik
  • 1998 - Sintesa
  • 1999 - Klasik
  • 2004 - New Chapter (sebagai NuKLa)
  • 2005 - New Chapter For Aceh (sebagai NuKLa)
  • 2010 - Exellentia
コンピレーションアルバム
  • 1992 - Best Cuts
  • 1998 - Dekade (1988 - 1998)
  • 2001 - The Best of KLa Project
  • 2008 - KLa Returns
  • 2011 - A Tribute To KLa Project
  • 2013 - Greatest Hits
【表彰歴】
  • 表彰 BASF Award 1991 最優秀歌曲部門で "Yogyakarta"
  • 表彰 BASF Award 1991 最優秀アレンジメント部門で "Yogyakarta"
  • 表彰 BASF Award 1991 最優秀テクノポップ部門で "Yogyakarta"
  • 表彰 BASF Award 1992 最優秀コンテンポラリーポップス部門
  • 表彰 BASF Award 1994 最優秀歌曲部門で "Terpuruk Ku Disini"
  • 表彰 BASF Award 1994 最優秀アレンジメント部門で "Terpuruk Ku Disini"
  • 表彰 BASF Award 1994 優秀コンテンポラリーポップス部門で "Terpuruk Ku Disini"
  • 表彰 音楽部門センターPWI (Persatuan Wartawan Indonesiaインドネシアレポーター連盟) もっとも斬新なレコーディンググループで 1996
 出典
https://id.wikipedia.org/wiki/KLa_Project

Koes Plus
歌手・作曲家
Koes PlusはKoes Bersaudaraグループの後継として構成されたインドネシアの音楽グループである。この音楽グループの最盛期は1970年代で彼らはインドネシアのポップスとロックンロールの草分け的存在である。彼らの発展途上においてメンバーの交代があったとはいえ、最も長く有名な構成は、Tonny Koeswoyo (キーボードとメロディーギター), Yon K. (リズムギター), Yok K. (ベースギター), Murry (ドラムとパーカッション)であった。メンバー全員がボーカルと作曲を担当した。
Koes Plusの創設は、Koes Bersaudaraから音楽以外の仕事を選んだTonny Koeswoyoが抜けたことから構成された。グループ内の最年長としてのTonny Koeswoyoは、Nomo K. dan Yok Kの代わりとしてKoeswoyoの親戚ではないMurryとTotok A.R.をドラムとベースギターを担当するために仲間に引き入れた。Yokが参加した後、Totok A.R.が脱退することを決めた。Tonnyが1987ねんになくなったあと、毎回アルバムやショーでのメンバー構成が異なったが、Yon Koeswoypだけがその中で頑張った。このグループは2018年にTonがなくなった後活動していない。
Koes Plusの音楽のスタイルは1960年代から1970年代に流行った洋楽に影響を受けていたが、彼らのオリジナリティはちゃんと見られる。Koes Plusは広い音楽ジャンルで試行することを厭わず、彼らはdangdut/melayu, pop keroncong, ジャワ語のpops (ジャワの伝統的ポップスとマレー音楽との接触によるlelagonで)、更には英語とフランス語の歌、子供のポップス、フォークソングのジャンルのアルバムを出した。

彼らの音楽作品はコラボだけではなく新しいアレンジで単独の他のミュージシャンがカバーした。例えば、Ernie DjohanとArie KoesmiranはKoes Plusとのコラボアルバムを出し、コーラスグループのLex's Trioと作曲家Erwon GutawaはKoes Plusの歌を再度歌ったアルバムを出した。Cintamu T'laj Berlaluの歌はKatara SingersとKahitnaが歌ったManis dan Sayangをも含めChrisyeが再度歌った。全国レベルでのミュージシャン以外に、いくつものグループバンドもいくつものステージショーでKoes Plusの作品の演奏を専門にした。彼らはトノビュートバンドと自称した。これ以外に、Koes BersaudaraやMurry's GoupのようにスピンオフしたグループまでKoes Plusの作品を演奏する特別番組を組んだラジオ局もいくつか存在した。

歴史
このグループはKoes Bersaudaraの後継として1969年に結成された。東ジャワ州Tuban県Sendangharjo村出身のこのグループはTuban第一高校の卒業生から構成されていて、彼らの音楽がインドネシアで資本主義を代表すると考えられて投獄されたことがあったにも関わらす、ポップスとロックンロールの草分けとなった。

Koes BersaudaraからKoes Plusへ
Koes Bersaudaraからの始まりはKoesnomo (Nomo)とKoesroyo (Yok)の脱退で、バンドメンバー最年長のTonnyが穴が開いたドラムとベースギター担当にKoewono一家以外からメンバーを採用したことであった。Tonnyはここに知人であるPhilonグループのKasmuri (Murry) とTotok A.Rの二人のミュージシャンを誘った。このバンドは後日「Koes一家と追加」を意味するKoes Plusの名を使うようになった。
このようにして構成されたKoes Plusは1969年にMelodyレーベルからDheg Dheg Plasの名で最初のアルバムをリリースした。レコードアルバムは当初いくつかのカセット屋で拒否されるに至った。歌「Kelelawar(コウモリ)」が多くのリスナーに軽蔑された。Murryは激怒してJemberに行って友達にこのレコードをただで配ったのだった。かれはその後製糖工場で働く一方、音楽グループGomblohとLemon Tree's Anno'69の手伝いもした。Murryに寄り添うことになるMurryはジャカルタに戻るように誘われた。RRIでKelelawarが放送された直後、人々はこのKoes Plusの最初のアルバムを探すようになった。しばらく後にDeritaとKembali ke Jakarta, Malam Ini, Bunga di Tepi JalanからCinta Butaに至るまでの曲でKoes Plusは当時インドネシアの音楽界を支配したのであった。

インドネシアンポップスの向かう先
レコード会社のプロデューサーの要求もあったことから、Favourite's, Panbers, Mercy's, D'Lloydのような「同期」のグループたちはKoes Plusを進む目標として、Koes Plusが始めてから他のグループの流行となったメラユーポップス、ジャワポップスがのようにインドネシアポップス以外のレコードを作ったりして彼らは常にKoes Plusの真似をした。
“Lagu Nusantara I” (Volume 5), “Oh Kasihku” (Volume 6), “Mari-Mari” (Volume 7), “Diana” dan “Kolam Susu” ( Volume 8) は当時のポップミュージックの流行のトップになった。Koes Plusの黄金時代の頂点はTonnyとYon, Yokの父親のKoeswono作のきわめて有名な曲Muda-Mudiを含んだVolume 9を出した時であった。アルバムVoulme 10のBujanganとKapan-kapanがこれに続いた。更にアルバムVolume 11でNusantara V、Volume 12ではCinta Butaが続いたのであった。
これと一緒に、Koes Plusはトッカンベチャから主婦、子供たちまでに知られているTul JaenakとOjo Nelongsoというジャワポップスアルバムを出した。MengapaやCinta Mulia、Penyanyi Tuaと題されたクロンチョン曲のようなメラユーメロディを彼らはまだ取り込んでいなかった。彼らが出した各々のアルバムは年月などの記録がないので、何年に出されたかを確定するのが困難である点が残念である。他のレコードの下帯の表記もない。彼らのアルバムはRemacoとの契約署名後のVoume 8からきちんと記録されている。それ以前に録音したアルバムのレコード会社はDimitaであった。
1972年から1976年にかけてインドネシアの空はKoes Plusの曲で満ちていた。ラジオのみならずパーティーの人たちもKoes Plusの曲は響き渡った。当時若者でKoes Plusを知らないインドネシア人は多分いないだろう。Koes Plusが次にいつ新しいアルバムを出すかをKoes Plusのファンや一般人は待ち望んでいた。
1972年にKoes Plusはスナヤンでのバンドジャンボリーで最優秀バンドになった。聴衆のすべてが洋楽を英語で歌ったのだった。DeritaとManis dan Sayangを歌うことで出場する勇気があったのはKoes Plusだけであった。

レコードアルバム
Koes Plusのファンの一人から送られてきた情報から、実際にKoes Plusの成果は普通ではなかった。1974年にMercy'sのメンバーのAlbert Sumlangのサキソフォン演奏が後日入れられたKoes Plusのオリジナルのマスターレコードから作られた、インストロメンタルと新曲を含むThe Bestアルバムからなる22アルバムをKoes Plusは出した。そして毎年平均して二枚のアルバムを出した。1975年には6枚のアルバムだった。翌1976年彼らは10アルバムを出した。多分のこのレコードはギネス記録に乗るものだろう。すごいのは彼らの歌は「取って付けたような歌」ではなく、どれをとっても耳に心地よかった。この証拠とは、Koes Plusの曲がC-F-Gのスリーコードにしか頼っていないと批判する多数の人たちがいたことが有効な回答になったことである。
音楽の発展に多くの奉仕があったので、社会は1992年に「伝説的Basf Award」を通じて称賛を与えることで伝説的なグループになったというその成果に対する評価の印を与えた。
相当長期間にわたり芸術界にこうけんした時代以外の成果とは、1960年代から現在に至るまで89枚のアルバムに集められた953曲を創作し得たので作曲であった。Koes Bersaudara時代の作曲の成果は17枚のアルバムに収録された203曲であり、一方Koes Plus時代には72アルバムの750曲であった。(Kompas紙2001年9月13日版)
Koes Plusのメンバの一人は、彼らはその栄光期には大変高額が支払われたと述べた。Yonは1975年のスマランでショーをしたことをこう明らかにした。「1975年のこの時、我々のスマランのステージの時に300万ルピアが払われた」 実際に1975年当時トヨタコロナが約375万ルピアであった。現在の価値に直すと1億5000万ルピアになる。(Suara Merdeka紙、2001年5月4日版)

当時の350万ルピアは大変に高額で、セダンが300万ルピアで買えた。現在価値に直すと2~3億ルピアになる。今とは違い聴衆を満杯に詰め込んだからだ。'Suara
Merdeka 2001年10月23日版) Yonの記憶。<br>
この後Koes Plusの人気に陰りが出た。世代交代と音楽の好みが変わったためだろう。Koes Plusは真空期間に入り1976年末にNomoがMurryの代わりに再加入した。Koes
Bersaudaraは再結成されて、直ちに1977に出した曲Kembaliでトップに上った。MurryはMurry's Groupと共にMakiku-papikuでその幕を開けた。このグループは長続きせず1978年にKoes
Plusが再編された。その最初の新曲Pilih Satuはすぐに流行った。その後それまでのKoes Plusの他の曲とは確かに異なっていて曲Cintaをオーケストラアレンジで出した。その後Cubit-cubitanとPanah
Asmaraが入った彼らのMelayuアルバムも流行った。しかし、この年代のKoes Plusは、以前ほど流行らなくなった。しかしながら、1978年以降に生まれた曲に耳を傾けてみると、彼らの歌にはまだたくさんの良い曲がある。
Koes Plusの運命は今とても悲劇的だ。Koes Plusは名前ばかり大きくて何もないとYonが言った言葉のように。この発言は確かにKoes Plusのメンバーの現状を述べている。ギャラが保証されている歌手やミュージシャンたちとしての収入の面から見てワオと言いたくなる生活態度の現代の歌手やミュージシャンたちとは異にしている。この様にビートルズやレッドツェッペリンのような元有名グループは彼らの作品のカセットやVCD, CD, DVDの著作料だけで楽しく生きている。彼らの妻子までもこの財政的オーバーフローを楽しんでいる。
Koes Plusはアルバム毎に一階だけ支払いを受けていた。著作料はなく、販売されたCDやカセットのための追加feeもない。それゆえ、1992年にYonが家族を養うために瑪瑙を売らなくてはならなくなったことは不思議ではない。一方、彼らの歌のカセットとCDはインドネシアでまだ需要がある。現在も結成63年で、Koes Plusの名前を保持し続けているYonと同僚(Murryは病気のため何回も欠場した)はお金を稼ぐためにショーに出なくてはならない。無駄に声と強さで彼らは声とその力を売らざるを得ないのである。Yonは確かにこれを心理的負担とは感じていない。彼は彼の歌が未だ人々に愛されているのを祝っている。しかし、我々はこのような彼らの現況に配慮しなくてはならないだろう。

バンドメンバー

Koes Plus Bersaudara
Koes Brother 1958 -1962
John Koeswoyo - (Koesdjono): Upright Bass
Tonny Koeswoyo - (Koestono): Lead Guitar
Yon Koeswoyo - (Koesjono): Vokal, Rhythm Guitar
Yok Koeswoyo - (Koesrojo): Vokal, Bass Guitar
Nomo Koeswoyo - (Koesnomo): Drum

Koes Bersaudara 1963 - 1968, 1977, 1986 - 1987
Tonny Koeswoyo: Lead Gitar, vokal
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Nomo Koeswoyo: Drum, Vokal

Koes Plus 1968 - 1969
Tonny Koeswoyo: Lead Guitar, Keyboard, vokal
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Totok Adji Rahman: Bass Guitar, (Khusus Album I - Deg Deg Plas)
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal

Koes Plus 1969 - 1987
Tonny Koeswoyo: Lead Guitar, Keyboard, vokal
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal

Koes Plus 1989 - 1991
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal

Koes Plus 1991
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Angga Koeswoyo: Guitar

Koes Plus 1992
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Abadi Soesman: Lead Guitar, Keyboard
Jelly Tobing: Drum

Koes Plus 1993
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Abadi Soesman: Lead Guitar, Keyboard

Koes Plus 1994 (Album "Tak Usah Kau Sesali")
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Damon Koeswoyo: Lead Guitar
Bambang Tondo: Keyboard (Foto Tidak Ditampilkan)

Koes Plus 1994 - 1996
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Najib Usman: Lead Guitar, Keyboard

Koes Plus 1996
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Hans "B-Flat": Bass Guitar, Backing Vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Najib Usman: Lead Guitar, Keyboard

Koes Plus 1997
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Yok Koeswoyo: Bass Guitar, Vokal
Deddy Dores: Lead Guitar

Koes Plus 1997
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Bambang Tondo: Lead Guitar, Keyboard
Jack Kashbie: Bass, Vokal

Koes Plus 1998 - 2004
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, vokal
Murry - (Kasmurry): Drum, Vokal
Andolin Sibuea: Lead Guitar, Keyboard
Jack Kashbie: Bass, Vokal

Koes Plus 2004 - 2014
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, Vokal
Danang: Lead Guitar, Keyboard, Vokal
Sony: Bass, Backing Vokal
Seno: Drum

Koes Plus 2014 - 2017

Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, Vokal
Acil "BPlus": Lead Guitar, Keyboard, Vokal
Sony: Bass, Backing Vokal
Seno: Drum

Koes Plus 2017 - 2018
Yon Koeswoyo: Rhythm Guitar, Vokal
Wahyu: Lead Guitar, Keyboard, Vokal
Sony: Bass, Backing Vokal
Seno: Drum


ディスコグラフィー
1969
Dheg Dheg Plas (Melody. LP-23)
1970
Natal bersama Koes Plus (EP) (Mesra. EP-97)
Koes Plus Volume 2 (Mesra. LP-44)
1971
Koes Plus Volume 3 (Mesra. LP-48)
1972
Koes Plus Volume 4 Bunga Di Tepi Jalan (Mesra. LP-50)
Koes Plus Volume 5 (Mesra. LP-51)
Berkas:Koes06.jpeg
1973
Koes Plus Volume 6 (Mesra. LP-60)
Koes Plus Volume 7 (Mesra. LP-65)
Koes Plus Volume 8 (Remaco. RLL-187)
Koes Plus Volume 9 (Remaco. RLL-208)
Christmas Songs (Remaco. RLL-210)
1974
Koes Plus Volume 10 (Remaco. RLL-209)
Koes Plus Volume 11 (Remaco. RLL-301)
Koes Plus Volume 12 (Remaco. RLL-302)
Koes Plus Qasidah Volume 1 (Remaco. RLL-341)
Natal bersama Koes Plus (LP) (Remaco. RLL-342)
Koes Plus The Best Of Koes
Koes Plus Pop Anak-Anak Volume 1 (Remaco. RLL-306)
Koes Plus Another Song For You (Remaco. RLL-348)
Koes Plus Pop Melayu Volume 1 (Remaco. RLL-314)
Koes Plus Pop Melayu Volume 2 (Remaco. RLL-347)
Koes Plus Pop Jawa Volume 1 (Remaco. RLL-248)
Koes Plus Pop Jawa Volume 2 (Remaco. RLL-311)
Koes Plus Pop Keroncong Volume 1 (Remaco. RLL-299)
Koes Plus Pop Keroncong Volume 2 (Remaco. RLL-300)
Koes Plus Volume 8 (Instrumental)
Koes Plus Volume 9 (Instrumental)
Koes Plus Volume 10 (Instrumental)
Koes Plus Volume 11 (Instrumental)
Koes Plus The Best Of Koes (Instrumental)
Koes Plus Pop Jawa Vol 1 (Instrumental)
Koes Plus Pop Jawa Vol 2 (Instrumental)
Koes Plus Pop Melayu Volume 1 (Instrumental)
Koes Plus Pop Keroncong Volume 1 (Intrumental)
1975
Koes Plus Volume 13 (Remaco. RLL-303)
Koes Plus Volume 14 (Remaco. RLL-631)
Koes Plus Selalu Dihatiku (Remaco. RLL-468)
Koes Plus Pop Anak-Anak Volume 2 (Remaco. RLL-448)
Koes Plus Pop Melayu Volume 3 (Remaco. RLL-390)
Koes Plus Pop Jawa Volume 3
Koes Plus Pop Melayu Volume 2 (Instrumental)
1976
Koes Plus In Concert (Remaco. RLL-635)
Koes Plus History Of Koes Brothers (Remaco. RLL-715)
Koes Plus In Hard Beat Volume 1 (Remaco. RLL-717)
Koes Plus In Hard Beat Volume 2 (Remaco. RLL-768)
Koes Plus In Folk Song Volume 1 (Remaco. RLL-)
Koes Plus Pop Melayu Volume 4 (Remaco. RLL-730)
Koes Plus Pop Keroncong Volume 3 (Remaco. RLL-388)
Koes Plus Pop Jawa Irama Melayu (Remaco. RLL-633)
Koes Plus Volume 12 (Instrumental)
1977
Koes Plus Pop Jawa Volume 4
1978
Koes Plus 78 Bersama Lagi (Purnama. PLL-2061)
Koes Plus 78 Melati Biru (Purnama. PLL-2077)
Koes Plus 78 Pop Melayu Cubit-Cubitan (Purnama. PLL-3055)
1979
Koes Plus 79 Melepas Kerinduan (Purnama. PLL-323)
Koes Plus 79 Berjumpa Lagi (Purnama. PLL-3040)
Koes Plus 79 Aku Dan Kekasihku (Purnama. PLL-4022)
Koes Plus 79 Pop Melayu Angin Bertiup (Purnama. PLL-4009)
1980
Koes Plus 80 Jeritan Hati (Remaco. PLL-4044)
Berkas:Koes09.jpeg
1981
Koes Plus 81 Sederhana Bersamamu (Purnama. PLL-5091)
Koes Plus 81 Asmara
Koes Plus Medley 13 Th Karya Koes Plus
Koes Plus 81 Pop Melayu Oke Boss
Koes Plus Medley Dangdut 13 Th Karya Koes Plus
1982
Koes Plus 82 Koperasi Nusantara
Koes Plus 81 Pop Keroncong
1983
Koes Plus 83 Da da da
Koes Plus Re-Arrange I & II
Koes Bersaudara Plus Garuda Pancasila
Album Koes Plus 35 Tahun
1984
Koes Plus 84 Angin Senja & Geladak Hitam
Koes Plus 84 Palapa
Koes Plus Pop Memble 84 (Puspita Record)
Koes Plus Album Nostalgia Platinum 1
Koes Plus Album Nostalgia Platinum 2
Koes Plus Album Nostalgia Platinum (Intrumental)
1985
Koes Plus 85 Ganja Kelabu
1987
Koes Plus 87 Cinta Di Balik Kota
Koes Plus 87 Lembah Derita
Milik Illahi
Koes Plus "Aids"
1988
Koes Plus 88 Jumpa Pertama
Koes Plus 88 Sakit
1989
Koes Plus "Reuni"
Koes Plus 89 Nasib
1990
Koes Plus Kidung Jawa "Pit Kopat Kapit"
1991
Koes Plus 91 Asam Di Gunung Garam Di Laut
Koes Plus Dangdut 91 Amelinda
Koes Plus Reggae
1993
Koes Plus 93 Mata Bertemu Mata
Koes Plus 93 Sedih
1994
Koes Plus "Tak Usah Kau Sesali"
1995
Koes Plus 95 Pantun Berkait
1996
Koes Plus Pop Melayu Putus Cinta
Koes Plus Kasih 96
1997
Koes Plus Dores Rindu Kamu
1998
Koes Plus & Koes Bersaudara Disco House Music
Koes Plus 98 Nusantara 2000
Koes Plus Akustik
Koes Plus 98 Takdir Kehidupanku
1999
Koes Plus Pop Keroncong Abadi
Koes Plus Burung Dara
Koes Plus Back To Basic
Koes Plus Love Song Koes Plus (Billy J Budihardjo)
2006
Melaut Bersama Koes Plus
2009
Koes Plus Pembaharuan Song Of Porong
2011
Koes Plus Pembaharuan "Curiga"

宣伝広告
Toyota Kijang (1980-an)
F&N Strawberry Soda Pop (1973)
Bentoel Merah (1990-an) tidak sebagai bintang iklan
Wismilak Special (Yon Koeswoyo) (2007)
BCA (2019) tidak sebagai bintang iklan

映画
Pada tahun 2018, muncul rencana untuk membuat film mengenai Koes Plus. Film tersebut diangkat oleh Falcon Pictures.[1] Namun demikian, hingga 2 tahun berselang, belum ada rilis resmi mengenai film ini.

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Koes_Plus

Kris Biantoro
歌手・俳優
Kris Biantoro, 改名後はChristoporus Soebiantoro、は1938年3月17日中部ジャワ州Magelangにて生まれ、東ジャカルタCibuburで2013年8月13日に没した。享年75歳。
彼はインドネシアの俳優であり歌手であった。

背景
オランダ東インドの時代に生まれやがて日本占領時代がやってきたことが経験を積んだ当時子供であったKris Biantoroに今に至るまで、民族の主権を守る気概性格を形作ったのであった。
彼が生まれながらに持ち合わせていた国家と民族に対する愛情は、Atmajaya大学に在籍していた時に西イリアンに志願して送られる友人たちとともに闘争心を形成した。これこそがKrisが西イリアン解放闘争、別名Trikora作戦で六か月間のボランティアになったきっかけであり、これが「元独立闘争戦士」の尊称を拝することになった。芸術界での愛情は祖国と民族に対する愛情と同時に存在したため、挨拶の言葉がつねにMERDEKA (独立)であった。
1964年から1971年まで、Krisはオーストラリアのインドネシア共和国大使館でスタッフとなるためにオーストラリアに行った。オーストラリアでKrisは後日妻にすることになるベトナム人女性と知り合った。オーストラリアのインドネシア大使館の退職者になるのは儲けが無いのでオーストラリアでパンを販売するに至った。

芸術界での経歴
MCとして以外に、Kris BiantorはジョグジャカルタのKolese de Britto高校に在学中から俳優、歌手、作曲家としても知られていた。エンターテーナーとしての幸運は、彼が西イリアンで志願兵として時分にMagelangのまだ小さかった甥やを姪思い出したので、子供の歌のDondong Opo Salakから始まった。
1971年に帰国して、彼はTVRIに加入して、後日名をあげることになるDansa yo DansaやSuka Hati、Silakan Terkaのクイズ番組のプレゼンターになった。娯楽界から手を引いた後Kris Biantoroは心静かな生活を過ごした。2013年に亡くなるときにKrisは1972年以来苦しんできた慢性腎臓病を患っていた。

プライベートライフ
Kris Biantoroはオーストラリアのインドネシア大使館のスタッフとして働いていた時に出会ったベトナム人女性Maria Nguyen Kim Dungの夫であった。彼はMaria Nguyen Kim Dungと共にCibuburに住んで、Inviantoと Ceasefiartoの二人の子供を得た。彼は息子の嫁HennyとAdelinaの嫁とIyoとRafaの二人の孫がいる。

死去
Kris Biantoro はCibuburのKompleks Bukit Permaiの自宅で2013年8月13日に亡くなった。

ディスコグラフィー
"Mungkinkah""
"Jangan ditanya kemana aku pergi"
"Angela"
"Juwita Malam"
"Answer me oh My love"
"The Impossible dream"

フィルモグラフィー
Last Tango in Jakarta - 1973
Si Manis Jembatan Ancol - 1973
Bulan di Atas Kuburan - 1973
Paul Sontoloyo - 1974
Atheis - 1974
Pilih Menantu - 1974
Kuntianak - 1974
Bajingan Tengik - 1974
Bawang Putih - 1974
Tiga Sekawan - 1975
Akulah Vivian - 1977
Kuda-Kuda Binal - 1978

著作
「Manisnya Ditolak」 第一刷 November 2004. (第二刷 Oktober 2006 彼の歌のCD付録)

広告
下痢止め薬 "Koniform" (1974-1976)
洗濯洗剤 "Rinso" (1979-1980)
自動車 "Toyota Hi-Ace" (1978-1981)
歯磨き粉 "Ciptadent" (1993 & 1995-1996)
チューインガム "Clorets" (1996-1997)

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Kris_Biantoro

目次に戻る  PopIndoの目次に戻る   K2のアーティストへ

2021/02/15 作成
2023/02/18 追加

 

inserted by FC2 system