嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
GroupJ

Group-Jには以下のアーチストが含まれます。
Jamal Mirdad
James F Sundah
Jane Susan
Java Jive
Jessy Wenas
Julius Sitanggung

Jamal Mirdad
歌手・俳優・政治家
Jamal Mirdadは中部ジャワ州のKudusで1960年5月7日に生まれた。
彼は映画とテレビスターのインドネシア人歌手である。彼は1992に映画Ramadan dan Ramonaでインドネシア映画祭にて最優秀主演男優賞として表彰されたことがある。彼の歌の才能は彼が1980年代にA. Riyantoの家族に奉仕していた時作曲家のA. Riyantoによって見いだされた。芸能界に入った初期には、A. Riyantoの局をたくさん歌っていた。この時彼は中部ジャワ第一選挙区でGerakan Indonesia Raya党から立候補して2014-2019年任期の国会議員になった。

プライベートライフ
Jamal Mirdadは映画Ramadan dan Ramonaで共演した時に妻のKydia Kandouと出会った。Lydiaとの結婚は二人の宗教が異なっていたためLydiaの両親の祝福を得ることができなかった。彼らの子供たちのNana MirdadとNaysila Mirdadは現在両親と同じ道をたどっている。そして26年間の夫婦生活ののち2013年3月8日に、法的権力を通じてLydia Kandouは南ジャカルタ地方裁判所に離婚訴訟を起こした。
この時、彼は中部ジャワ第一選挙区でGerakan Indonesia Raya党から立候補して2014-2019年任期の国会議員となり政界に身を投じた。

ディスコグラフィ
ポップスアルバム
Hati Selembut Salju (1981)
Madu dan Racun
Hati Lebur Jadi Debu
Hati Seorang Kawan Baru
Hati Kecil Penuh Janji
Rasa Cinta Bukan Dosa
Antara Aku dan Dia
Hati Seteguh Karang
Jamilah
Julaeha
Mariam Soto
Masih Adakah Cinta
Dibalik Rindu Ada Dusta (Nathalia)
Susan... Bukan Aku Merayu
Amanda
Cinta Anak Kampung
Yang Penting Hepi
Baru Lima Menit
U..Lay..Lay
2012

ダンドゥットアルバム
Madunya Iblis
Suminah
Merasa Hokey
Bujangan
Goyang DPR
Dan lain lain....

フィルモグラフィー
AIDS Phobia (1986)
Ranjang Tak Bertuan
Isabella (1990)
Ramadhan dan Ramona (1992)
Kun Fayakuun (2008)
Sang Martir (2012)

表彰
1992に映画Ramadan dan Ramonaでインドネシア映画祭にて最優秀主演男優賞

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Jamal_Mirdad

James F Sundah
作曲家
Ir. James F. Sundah、本名James Freddy Sundahはマナド人の子孫でSemarangで1955年12月1日に生まれた。
彼はインドネシアの作曲家でインドネシア音楽産業界では目立つ存在である。SundahはChrisyeが歌って1977年にリリースした永遠の歌Lilin Lilin Kecilでよく知られている。この歌でジャカルタのPrambors Rasisona Radioから「リスナーの好む歌」で表彰された。

経歴
Sundahの音楽の経歴は幼少時から始まった。父親、Alfred SundahはKolintangと竹音楽を保存しようとした北スラウェシの文化保存の有名人の一人としてしられている。彼は8歳の時に父親の録音のために楽器を演奏し始めた。
1977年にSundahはジャカルタのPrambors Rasisona Radioから青年作曲競技会の「リスナーの好む歌」で優勝した。この競技会とこの歌はインドネシア音楽産業界のポップス流行の転換点であったと言われている。Lilin-lilin Kecilは一年以上インドネシアチャートで一位を続けChrisyeを目立たせた。1970年代末にSundahはYockie SoerjoprajogoとJurang Pemisahでコラボした。このアルバムはコレクターの蒐集物になっていてインドネシアの蒐集家の間で高い値段がついている。
彼はインドネシアの歌姫としてみなされているVina Panduwinata, Ruth Sahanaya, Krisdayantiなどの才能を発見したと信じられている。彼は仕事の全期間を通じて、Vina Panduwinata, January Christy, Sheila Majid (Malaysian), Ismi Azis, Fairuz Hussein (Malaysian), Blue Diamond (Dutch), Victor Wood (Philippines), Ruth Sahanaya, Krisdayanti, Chrisye, Yockie Soerjoprajogo, Erwin Gutawaなど多数のミュージシャンと広くコラボした。Sundahは、Rolling Stonesの記事によると、常にミュージシャンたちの最大のジャンボリーとみなされている1986年のSuara Persaudaraanグループでインストルメンタル部門を担当していた。Sundahは1995年のPacific Harmonyにも参加し、 Lois WaldenとCathy Dennisを含むアメリカとヨーロッパのトップアーティストとコラボした。Titiek Puspaや Ahmad Albar, Bimbim Slank, Nicky Astria, Iwan Fals, Doel Sumbang, Franky Sahilatua、 the Scorpionsとともに彼はWhen You Came Into My Lifeを1996年のアルバムPure Instinctに書いた。この歌はシングル盤で再リリースされ受賞したプロデューサーのDavid Fosterによって制作された。

積極行動主義
「歌なくして音楽産業界なし」とは非情にたくさんのメディアで出版されたSundahの最も流行った言葉である。直健に対する執拗な提唱、Sundahはインドネシアミュージシャン組合のPAPPRI (nformation Technology Department at the Indonesian Association of Singers, Songwriters and Arrangers, Indonesia)の議長をしているのは知られている。
https://web.archive.org/web/20080318004731/http://www.suarapembaruan.com/News/2006/05/22/Editor/edit01.htm.
彼は文化の問題でもエキスパートで、しばしばそれについて書いたり外国でのいろいろな フォーラムにインドネシアの代表として出席している。
Soloて゜開催されたInternational Ethnic Music 2007で彼は技術の高速度の発達によって印付けられた「気違い世代Generasi Edan」の概念を導入した。E-d-a-nとはインドネシア語で「気違い」の意味であり、高名なジャワの詩人であるRangga Warsitaの造語で「気違い時代」の来訪を予言したものである。創造的にSundahはElectronic- Digital - Angka-angka - New norm, 今日の世界発展と調子が合うことを説明する、それはだいぶ前に考えられた新しいもの/ことを受け入れなくてはならないことなのである。

表彰
青年作曲競技会の「リスナーの好む歌」に加えて、Sundahは、インドネシア音楽界では、Voices of Brotherhoodと Ruth Sahanaya, Krisdayantiと作り上げた彼のもっとも特筆すべき作品で最高の栄誉である幾つかのBASF Awardsを受賞している。1996年にはSundahのトップヒットのLilin-lilin Kecilはインドネシアの国債AIDSメモリー祝賀会のテーマソングとして選ばれた。2002年には日本の遠藤実音楽財団がLilin-lilin Kecilを東南アジアの永遠の歌の一つに選んだ。

プライベートライフ
SundahはLia Sundah Suntosoと結婚して一児をもうけた。彼は失くした免許証の代わりをもらうために担当官に賄賂を渡すのを拒んだため三回も運転免許証の更新テストを受けた時2009年の国際的な見出しを飾った。現在彼は家族と共にニューヨーク市に住んでいる。

ディスコグラフィー
Lilin-lilin Kecil (1977)
Jurang Pemisah (1979)
Citra Biru (1980)
Citra Pesona (1982)
Melayang (1986)
Suara Persaudaraan (1986)
Ozon (1989)
Basa-Basi (1990)
OST Catatan Si Emon (1991)
Tak Kuduga (1989)
Legenda (1990, re-released 2009)
The Slow Collections (1990)
Indonesian Top Ten (1990)
Pure Instinct (1996)
そのた多数

出典
https://en.wikipedia.org/wiki/James_F._Sundah

Jane Susan
歌手
代表曲
Masih Adakah Cinta

Java Jive
バンド
Java Jive は1993年に西ジャワ州のバンドンで結成されたインドネシアのグループバンドで、Capung,とNoey, Tony, Edwin, Fatur, Dannyがメンバーである。
このバンドン出身のグループバンドはバンドン第二高校の同級生の若者が1989年に結成したものがその緒端である。 Edwin Saleh (ドラム) と Noey (ベース)が、ボーカルグループ・マンハッタントラスファーの曲名から取ったJava Jiveという名でグループバンドを結成した。しばらくのテスト期間の後Java JiveはMicko (gitar)とTony (kibor), Fatur (perkusi/vokal), Danny (vokal), Neta (vokal)を交えて完成したフォームを形作った。残念ながら1991年にたった一人の女性であるNetaは最終的にはProtonemaに入るMickoとともにJava Jiveを脱退しした。Mickoの後にはCapungが入った。
このメンバー構成がついには1993年にJava JiveをMusica Studioとの最初の契約をもたらし、現在までもそのままである。最初のアルバムのKau Yang TerindahはJava JIveの名を高めた。
アルバムをリリースしなかった9年間の真空期間の後Java Jiveは2008年7月に主力作品HilangでStay Goldをリリースした。(ただ2006年に1993-2006というアルバム名でThe Bestを出した)。彼らが真空期間に陥ったのはDannyが薬物中毒になったからである。
四年間の真空期間はJava Jiveをくじけさせなかった。2012年にこのバンドン出身の音楽グループは、Java Jiveの音楽界デビュー20周年記念としてTaman Sehatiをリリースした。2012年8月にJava JiveはHidup Ini Indahを出した。2013年4月に彼らは以前故Baram Moersasが歌っていたJujurをリサイクルしてシングル盤をリリースした。
2013年9月に、彼らの八枚目のアルバムJava Jive 20 Teman Sehariをリリースした。

ディスコグラフィー
スタジオアルバム
Java Jive 1 (1994)
Java Jive 2 (1995)
Java Jive 3 (1997)
Java Jive 4 (1999)
Stay Gold (2008)
Java Jive 20 Teman Sehati (2013)

複合アルバム
The Best of Java Jive (2003)
1993-2006 (2006)

シングル曲
Single Teman Sehati (Februari 2012)
Single "Hidup Ini Indah" (Agustus 2012)
Single "Jujur" (April 2013)
Single Keliru (2015)
Single Dansa Yo Dansa (feat. Fariz RM) (2018)

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Java_Jive

Jessy Wenas
作曲家・マエストロ
マエストロJessy Wenas、最終的な名前Jehezkiel Robert Wenasは北SulawesiのTomohonで1939年4月14 日に生まれ、ジャカルタで2019年1月18日に没した。享年79歳。
中学校まではTomohanで過ごしたが、高校からはバンドンで、大学はITBに進んだが政治情勢の悪化に伴い退学した。
Jessy WenasはAlulasのギタリストとして活躍し始めた。Alulasは1959年バンドンのHotel Homanで行われたグルーブバンドフェスティバルで優勝した。「私はギターの音色を高く評価していて、実際には父親がギターを持っていた。ギターの音色は実に美しい」と2014/4/14のKabari Newsに語った。
Jessyはその後1961年にAneka Nadaグループに所属した。メンバーはGuntur Soekarno Putra(ギタリスト)とIwan(ベース)、Indradi(ドラム)、Samsudin、Memet Slamet(ボーカル)であった。同年にJessyはYantui BersaudaraのためにAbunawasやSi Gareng、Kisah Setangkai Daun、Menuai Padiを作曲した。
1960年代から70年代にかけては作曲家としてJessyの働き盛りであり、Ernie DjohanとTitiek Puspa、Bob Tutupoli、Ellu Kasim, Ineke Kusumawati, Titek Sandra、Patty Bersaudaraたちは彼の創作曲を歌った。
作曲以外にJessyは1970年にはインドネシアポピュラーソング作者協会の会長を務め、録音スタジオであるMetro Studioのサブディレクターを務め(1971-1974)、Yukawi録音スタジオの社長(1975-1978)、雑誌Sonota社の記者(1981-1984)、雑誌Duta Kawaniaの編集長(1998-1999)、タブロイド紙Palakatの編集長(1999-2000)を務めた。
これ以外には北スラウェシ文化協会長(2010-2015)も務めた。2016年にはインドネシア音楽に貢献した賞、Lifetime Achievmentを受賞した。
Jessyは生涯で313曲を作曲し、若い人たちにもけちけちしたことがなかった。
Bob TutupoliとYuni Sarahが流行させたMengapa Tiada Maaf Darimuがもっとも有名な曲となったJessyはその人生の終盤をsanggar Bapontar(ミナハサ文化コミュニティー)で過ごした。
1966年にレコーディングされたのはBorobudur (創作日1066/5/29)、Putri Malu (1966/7/12)、Masa Lalu、Daku Dewasa、Pak Tani (PH Volume Aneka 12)、Wolter Mongisidi (Remaco: RL-043)、Nyai Roro Kidul (1966/7/14)、Burung Gereja (1966/12/23)である。
1967年に studio Remacoで band studio Remaco (A Riyanto, Joppy Item, Zaenal Arifin, Enteng Tanamal, dkk):とともに録音した創作曲はSemalam di Kota Bogor, penyanyi Alfian. (PH Aneka 12″.Vol.4)
Kini Ku Rindu, penyanyi Tatty Saleh
Yang Terakhir, penyanyi Tatty Saleh
1967-1968年に: studio Remacoで歌手 Ernie Djohanが歌った創作曲は
Pemalu (ciptaan tanggal 6 Maret 1967)
Ingin Kembali (ciptaan tanggal 29 Maret 1967)
Tidak Kutanya Lagi
Samudraku
Setengah dari Hatiku
Mutiara yang Hilang
Jangan Biarkan Kusendiri
Semau Gue
Kisah di Seberang Samudera
Senja di Bina Ria
Stop
Jembatan Sarinah
Nompang Parkir
Pantai di Kala Senja
Sinar Mata Seorang Kekasih
1968年に Bob Tutupoliが歌った創作曲
Mengapa Tiada Maaf (創作日 2 April 1968),Yuni Sharaがリバイバルさせた
Wanita
Titiek Sandoraが歌った創作曲
Si Jago Mogok
Si Boncel
Jangan Tertawa
Warung Kopi (duet dengan Muchsin Alatas)
Micoma (Oh Mama)
Si Bogel
Lotto Harian
Sedetik Kau Terlambat

Titik Puspaが歌った創作曲
Antara Sepi dan Kesepian
Penyesalan

1968年Patty Bersaudaraが歌った創作曲
Cintaku Abadi Untukmu (創作日 6 Juli 1968)
Kisah Seribu Satu Malam

Tetty Kadiが歌った創作曲
Pramugari Udara
Bungaku
Bisikan Angin
Kuda Terbang
Tiada Maaf Bagimu

Anna Mathovaniが歌った創作曲
Antara Pria dan Wanita
Menyambut Malam Tiba
Tukar Tambah
Lalu “Penyelam Mutiara”, penyanyi Lilies Suryani

1969年にElly Kasimが歌った創作曲
Jangan Kau Paksakan
Tak Usah Ya

1970年にMetro Studio – Jakartaで録音された創作曲
Penyanyi Ineke Kusumawati:
Melati di Musim Kemarau
Bila Teringat Padamu
Pertama Berkenalan (duet dengan Oma Irama)
Rindu Tiada Obatnya
Penyanyi Oma Irama:
Diam-diam Jatuh Hati
Hari Ini Tiada Cinta
Mohon Diri
“Mak Tjomblang”, penyanyi Bing Slamet:
“Bila Sedang Sendiri”, penyanyi Oslan Husein
“Aku Sedang Rindu”, penyanyi Onny Soerjono.
Penyanyi Vivie Sumanti:
Di Tepi Danau Tondano
Hilang Tiada Berita
Bunga-Bunga Berguguran
Dendang Sayang

1971年にstudio Lokananta – Soloで録音された創作曲
“Ingin Belaian Tanganmu”, penyanyi Nunning Suwiryo
Penyanyi Nenny Triana:
Bayangan Wajahmu (ciptaan Maret 1971)
Lagu Kesayangan
1971年 現在Musika Studioという名になっているMetro Studioで最初にミナハサの音楽を録音しレコードにした。
バンドは Kolintang “Kadoodan” リーダー Alfred Sundah, ボーカルは Vivie Sumanti dan Frans Daromes.

1975年
Kolaborasi pimpinan orkes Zakaria di studio Golden Hand – Surabaya, menciptakan sejumlah lagu melayu:

Menagih Janji (penyanyi Fadiah El Bash)
Air Mata (penyanyi Yusniah)
Walau Aku Jauh
Tiada Yang Murni
Derita dan Bahagia
Topeng Monyet
Thn 1976: Menciptakan lagu anak-anak di studio Yukawi – Cimanggis Bogor:

Ayam Jantan (penyanyi Dina Mariana)
Cicak dan Kucing
Kuda Sado
Kancil dan Buaya
Coba Terka
Krik Krik Bunyi Jangkrik
Roda Tiga

1975年にジャカルタで舞踊 Kabasaran / Cakaleleを発展させた.
これ以前にはこの舞踊は黒魔術の影響があると考えられていたので社会には受け入れられなかったが、最終的には舞台舞踊として受け入れられたのだった。

1985年にはDrs KL Sedukが率いるミナハサ文化協議会のために、ミナハサの伝統拡大論文著者ティームは「昔のミナハサ伝統拡大」という題でHotel Indonesiaで討論会が行われた。

1993年から2005年まではミナハサ文化の拡大のために伝統的な織物や陶器を紹介し、ミナハサ男性の正装のデザインを行った。

2005年には全国レベルでの Juri Festival Tari Maengketの会長を務め、その後は伝統的織物Bentenanのデザインを行った。
Pinatikan模様とKaiwu Patola模様は北スラウェシの政府職員の制服に用いられた。

2006年には Penulis sejarah tari Maengket舞踊の歴史 “Materi Pelatihan Pelatih Tari Maengket” Minahasa – Sulawesi Utaraを著述。Bentenan織のTinonton Mata, Tinompak, Sinoiのデザインを発表。

2007年にはSonder Sulawesi Utaraで行われたseminar Kerajinan Tenun Bentenanで、ミナハサ人の大部分が見たことがない昔のBentenan織の種類に関する論文を発表するとともに講演を行った。


2007年以降: ミナハサ地方の Maengket, Kabasaran, Kolintang 文化の教育と訓練。その目的とは理論とその歴史に関する知識が不足していたため芸術に関する大衆の誤解を解くためであった。

出典Benderranews.com 2019/1/19

Julius Sitanggang
歌手
Julius Sitanggungは1971年生まれで10歳の時に子供歌手としてデビューし現在も活動中。ジャンルはポップスとバラードである。
主な作品は
"Balada Anak Nelayan" (1983)
"Balada Si Tua" (1984)
"Dia & Dia" (1985)

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Daftar_artis_cilik_Indonesia
目次に戻る  PopIndoの目次に戻る   K1のアーティストへ

2021/01/17 作成

 

inserted by FC2 system