嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group G

Group-Gには以下のアーチストが含まれます。
Gatot Soenjoto
Gesang Martohartono
Glenn Fredly
Grace Simon

Gatot Soenjoto
作曲家、ミュージシャン、歌手、腹話術など
Gatot Soenjotoは東ジャワ州マランで1940年8月28日に生まれ、ブカシで2020年9月12日に没した。享年80歳。
彼はインドネシアのアーティストである。彼はGubahankukの作曲家でもある。これ以外に、かれはミュージシャン、歌手、司会者、物まね芸人として知られていて、Tongkiという名の人形を使った腹話術の専門家としても有名である。

人生と経歴
Gatot Soenjotoがインドネシアで初めて腹話術を見たのは1966年にTaman Ismail Marzukiで人形Koko (Coco)を使ったMarijoenの芸であった。彼はニューヨークのRamayana RestaurantでBand Los Morenosと一緒に演奏していた1974年に腹話術をMichael Tannenに師事して習った。インドネシアに帰国後、Gatot Soenjotoは声のマジックに関するマジックの本から多くを学んだ。2004年にGatot SoenjotoはBing Raharjaからカセットで完璧な腹話術に関する本の形で賞を受けた。今に至るまでGatot Soenjotoはずっと芸能界での金字塔である。
1970年代から80年代にGotot SoenjotoはTVRIで子供番組を持っていた。この番組でGotot Soenjotoは愉快なコメントをいつも放つ人形のTongkiを伴って出演した。毎回の登場で、彼は演じる役にそった服装で幾つかのキャラクターを常に演じた。番組を進行していた時、かれはミュージシャン、歌手、物まね、腹話術師としての洗練された芸を提示したのであった。
彼にはオートラリアで成功しているドラマーの息子Deva Permanaがいる。

出演番組
Aneka Ria Anak-Anak (pembawa acara bersama Kak Seto) - TVRI circa 1976 - 1978
Panggung Mini - (pembawa acara & characters) TVRI circa '80
Aneka Ria Anak-Anak Nusantara (pembawa acara) - TVRI circa 80's
Cerdas Ria (pembawa acara permainan anak-anak TVRI) - TVRI circa 1979
Aneka Ria TVRI - (bersama bandnya "El Chikome") circa '80-'90
Pesona 13 (pembawa acara kuis TV) - TVRI circa 80's
Caltex Children & Family Shows - Sumatra circa 1971 - 1976
Dorce Show - Trans TV 2006
Kick Andy Talk Show - Metro TV 2007
Berpacu Dalam Melody - Metro TV 2005

引用
https://id.wikipedia.org/wiki/Gatot_Sunyoto

Gesang Martohartono
歌手・作曲家
詳しい解説はインドネシア語をわざわざ訳す必要はなく、下記の日本語サイトを参照してください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/グサン・マルトハルトノ

この日本語サイトにない、グサンの作品は以下の通り。下記インドネシア語サイトから引用したもの。
Bengawan Solo
Jembatan Merah
Pamitan
Caping Gunung
Ali-ali
Andheng-andheng
Luntur
Dongengan
Saputangan
Dunia Berdamai
Si Piatu
Nusul
Nawala
Roda Dunia
Tembok Besar
Seto Ohashi
Pandanwangi
Impenku
Kalung Mutiara
Pemuda Dewasa
Borobudur
Tirtonadi
Sandhang Pangan
Kacu-kacu
Sebelum Aku Mati
Bumi Emas Tanah Airku
Urung
Kemayoran

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Gesang

Glenn Fredly
歌手、作曲家、プロデューサー、俳優

Glenn Fredly Deviano Latuihamalloはインドネシアの歌手、作曲家、プロデューサー、俳優である。彼は1975年9月30日に生まれ2020年4月8日に没した。
彼はFunk Sectionの元ボーカリストで、男性ボーカルグループのTrio LestariとBerlimaのメンバーであった。
【音楽経歴】
Glenn FredlyはFunk Sectionのボーカリストになった時が彼の音楽歴のスタートであった。1995年、彼が高校を卒業した一年後にFunk Sectionはきちんとした専門的なアルバムを出した。三年後の1998年にGlennはソロで歌いGlennのタイトルをつけた8曲が入ったアルバムを出した。このアルバムの中の三曲、Kau と Cukup Sudah、マレーシアでヒットしたMobil MamaはGlennがしばしば歌っていた。

二番目のアルバムはKembaliというタイトルで2000年に出された。このアルバムの中のSalam bagi SahabatやKasih Putihのようなヒット曲がある。主要アルバムのようにこのアルバムはSony music IndonesiaのプロデューサーAminoto Kosinの下でいまだにカバーされている。このアルバムも、Glennの二番目のアルバムが流行という点と販売数でメジャーレーベルには達しなかったとは言え、それ以前のアルバムと同様十分に知られている。

2000年にGlennはマレーシアで最良インドネシアアルバムとシンガポールでリスナーが選ぶ最優秀曲として評価された。一年後のインドネシア音楽大賞の時にGlennは歌曲部門とR&B部門最優秀歌手と評価された。

同年、彼は東部インドネシア出身のAndre Hehanussa, Edo Kondologit, Rio Febrianと Frans Mohedeと共にBerlimaという名前の男性ボーカルグループを立ち上げた。グループの各人は男性バックコーラスの出身ではなく、Frans MohedeもボーカルグループLinguaのメンバーとして知られていた。残念ながらGlennが亡くなるまでには実現しなかったが2017年に、Frans MohedeのSNS(インスタグラム)への投稿を通じて届けられたBerlimaをGlennは再興しようとした。2020年に新たに明らかにされたことは、彼がAmbonでのインドネシア音楽コンファレンスで上記のSNSを通じてBerlimaを再編しようとしたことである。これは彼の存命中になしえなかった事業の一つであった。

レーベル側の大きな懸念で、クリスチャンのGlennは2003年にSelamat Pagi, Duniaというタイトルで三枚目のアルバムを出した。多数のヒット曲がこのアルバムから出たのは疑う余地がない。インドネシアを最も揺るがしたヒットは曲Januariだった。このアルバムの成功はSony Music Indonesia側に2004年に再びVCDカラオケとアコースティックライブ公演をパッケージングされたアルバムを作成させることになった。

2004年にGlennはSalute to Koes Plus/BersaudaraのタイトルでErwin Gutawa所有のアルバムで共演した。彼はこのアルバムでDunia & Mari-mariを歌った。

2005年にGlennは新しい映画Cinta Silverのサウンドトラックとしてアルバム作成依頼を受けた。一年後にGlennはAku & Wanitaのタイトルで先輩のミュージシャンたちに対する高い評価と尊敬の念を持ち更なるアルバムを出した。同年GlennはTerangというタイトルで7番目のアルバムを出した。このGlennの最新の演奏パッケージは2006年のクリスマスと並行して出されたためクリスマスの雰囲気のアルバムであった。2007年にGlennは彼の最新アルバムをリリースした。タイトルはHappy Sundayでこのアルバムは音楽を通じてグローバルに人生を見る新しい精神を拡散する乗り物として主張したものであった。

Glennも環境保護に関心を持っていた。このことは、地球に対する尊敬の念として2007年7月7日にSoul for Indonesian Earthのタイトルでチャリティーコンサートに参加する事で証明されている。

GlennはTrans TVの新人発掘番組でボーカルグループPastoの指導者となり、Pastoはこのコンテストを仕切った。

2005年初頭にGlennはアチェの津波犠牲者に捧げる曲Kita untuk Merekaを作曲した。この曲はGlennとGito Rollies, Harvey Malaiholo, Rio Febrian, Duta Sheila on 7, Fadly Padi, Kikan Cokelat, Ahmad Albar, Vina Panduwinata, Baim, Delon, Tia AFI, Ruth Sahanaya, Syahrani, UbietなどのIndonesian Voicesグループが歌った。Indonesian Voicesと共にGlennはIan Antonioに捧げるアルバムTributで曲Rumah Kitaを一緒に歌った。

Glennの活発な音楽活動歴はSandhy SondoroとTompと共に2011年に結成したTrio Lestariを通じて続けられた。GlennはHanung Bramantyo監督の下でTanda Tanyaというタイトルの国内の民族間の偏見と差別を撤廃する点で物議を醸し出す映画で助演者となったこともあった。これはGlennが最初に登場した映画となった。

2011年末にGlennはRas Muhamadとコラボして曲Tanah Perjanjianを作った。この曲はPapuaでの問題に対する同情について語っている。またRolling Stones Indonesiaを通じて無償配布された。

2012年9月2日にGlennはインドネシア音楽界活動17周年を祝ってコンサートCinta Betaを提供した。ジャカルタのIstora Senayanで行われた。このコンサートで東部インドネシアにしっかりと目を向けるようグレンは聴衆に注意喚起したのだった。このコンサートのコンセプトからサポートアーティストまでもGlennが伝えようとしていたイメージに従って構成された。
その晩には5000人以上の聴衆が居た。

3年後、Glennは映画Cahaya dari Timur: Beta Maluku, Filosofi Kopiと Surat dari Prahaのプロデューサーとして新たな目的のために繁忙を極めた。2015年にはGlennは20都市でコンサートツアーを打ち、そのうちの一つは彼の音楽歴20周年を祝う大規模なものであった。2015年10月17日にIstora SenayanはGlennとインドネシア音楽にとっての歴史的証人となった。これは2015年における最優秀コンサートとなった。いつものコンサートと同様に、Glennはメッセージを伝え続けた。この時彼は自分が育ち成功を収めてきた90年代の音楽のメッセージを取り上げた。彼は聴衆を驚かせるべく、Func Sectionも取り入れた。またその晩の参加者は7000人を超えたのであった。
Ruth SahanayaはGlennが若いうちから英雄として呼んでいて称賛した一人のミュージシャンであった。2016年Mama Utheがデビュー30周年を祝ったとき、GlennはジャカルタのBalai Sarbiniで2016年9月30日にRuth SahanayaのためにTanda Mata Glenn Fredlyと題したコンサートでGlennの誕生日を祝った。これはGlennの人生と音楽歴でRuth Sahanayaの姿を意味していた。その動機としてだけではなくアイドルというの姿であった。このコンサートもリジェネレーションとインドネシア音楽産業に対するGlennの懸念へのメッセージをもたらしたのだった。

2017年9月30日、Glennはコンサート#TNDMTをジャカルタのGandaria City MallあるGandaria City HallでSlankのために開催した。Glennはジャンルを超えた一連のミュージシャン、ewa Budjana, Bonita, Tompi, Idang Rasjidi, Bertha, Harry Pochang, Yacko, Young Lex, Mondo Gascaro, Trie Utami, hingga Yopie Latulのような人たちを引っ張り出した。上記のコンサートもNajwa Shihabを伴ったコメディアンSakdiyah Ma'rufが賑やかさに花を添えた。

Glennは現在Yura Yunita, Gilbert PohanやTiara Degrasiaという新人ミュージシャンを輩出するMusik Bagusという名前の自分自身のリーベルを所有している。2017年、Glennの課題の一つはMusik BagusのレーベルでTiaraのファーストアルバムをリリースすることである。
【社会のGlennに対する評価】
Glennは、ボーカルグループのBerlimaを結成するなど東インドネシア出身のミュージシャンと何回かコラボすることで、東インドネシアに関係するプロジェクトに巻き込まれているように見え、東インドネシアに対してとても懸念することで、毎回のコンサートの国内の民族間の偏見と差別を撤廃について発言することをいとわなかったゆえに、彼の経歴では極めて理想主義なミュージシャンとして知られていた。これ以外にも彼はHAM(人権)問題とその機会には毎回介入していた。

これ以外にも、Glennは、インドネシア音楽業界のトレンドのみならずシステムを公然と拒否するミュージシャンとしても知られている、

それ以外にGlennは、まずは著作権とその使用料に関連して音楽産業界の運営者の側に立たずインドネシア音楽産業界の発展に関して大きな懸念を寄せ、インドネシア音楽産業界のトレンドとそのシステムに公然と反対するミュージシャンとして知られているとともに、インドネシア音楽産業界の発展に関連する事案について頻繁に参加してスポークスマンとしてそれに介入していたのが頻繁に見られた。さらにGlennはこれまで、この人生哲学はJan Djuhanaの述懐によると実際にはより開放的であるとはいえその一つは彼の人生哲学がコーラスグループLigunaとほぼ同一であることで「妥協する理想主義」という彼の人生哲学でも有名であった。彼はこういっている。「市場の動向の指標を採用することに注意する産業界と音楽の理想主義とを一致させることができる限りGlennはずっと受け入れることになるだろう。彼は妥協する理想主義者だ」と。

コメディアンでGugum Project PopはGlennのイメージを想起させるイメージを作り出している。このことはアルバムTop of The Popに収録されている曲Bukan Superstarの歌詞の「人はGlenn Fredlyに似ていて魅力的な声をしていて女心に沁み込む」というのがその証拠である。
【Glennの残したもの】
Glenn FredlyはDewi Perssik, Rio FebrianやTompiのような彼と一緒に仕事をした仲間たちから伝説の歌手であると言われた。それとは別に、彼は独自の人生哲学である「理想主義的な妥協」に反しているインドネシア音楽産業の発展に対して厳しく拒否するミュージシャンとしても知られている。この人生哲学とLinguaのコンセプトはほぼ同じで、彼の人生哲学には沿わないインドネシア音楽産業界の発展に対してきわめて厳しい態度をとることで有名である。

その末期に至りGlennの人生哲学は少しずつ変化してきたとはいえ、Glennは自分の人生哲学を失うことなくインドネシア音楽産業の発展について他人の意見にきわめて寛容(terbuka)な人であった。その一つとは著作権使用料に関してミュージシャンの権利に関してしばしばとる積極的な行動であり、その一つはその擁護者になるということである。
【プライベートライフ】
Glen Fredlyは歌手のDewi Sandraと2006年4月3日に結婚したが2009年8月27日に離婚した。その後Glennは若いダンドゥット歌手のMuita Ayuと2019年8月19日に再婚した。GlennとMutiaの間には2020年2月28日に生まれた子供Gewa Atlana Syamayim Latuihamalloが一人いる。
【死去】
Glenn Fredlyは2020年4月8日18:00に南ジャカルタFatmawatiにあるSetia Mitra病院で44歳の生涯を閉じた。Glennは罹患していた髄膜炎の影響でこの世を去った。彼の遺体は南ジャカルタKebayran LamaにあるTanah Kusir共同墓地に葬られた。
【フィルモグラフィー】

題名 関係 配役
俳優 音楽担当 プロデューサー
2011 ? Yes No No Doni
2014 Cahaya dari Timur: Beta Maluku Yes No Yes Sufyan Lestaluhu
2015 Filosofi Kopi No Yes 副プロデューサー N/A
2016 Surat dari Praha No Yes 主プロデューサー N/A
2019 Pretty Boys Yes No No 流しの楽士
【ディスコグラフィー】

主要アルバム
  • Glenn (1998)
  • Kembali (2000)
  • Selamat Pagi, Dunia! (2002)
  • Ost. Cinta Silver (2005)
  • Aku & Wanita (2006)
  • Happy Sunday (2007)
  • Private Collection (2008)
  • Lovevolution (2010)
  • Luka, Cinta & Merdeka (2012)
  • Romansa ke Masa Depan (2019)
讃美歌アルバム
  • Terang (2006)
コンパイレーションアルバム
  • Terbaik Bersama (2005)
シングル
  • "Tinggikan" (2014)
  • "Perempuanku" (2015)[19]
  • "Filosofi dan Logika" (bersama Monita Tahalea dan Is "Pusakata") (2015)
  • "Tanda Mata" (2016)
  • "Agamamu Agamaku" (bersama Tompi dan Bertha McCarthy) (2017)
  • "Kau" (2017)
  • "Cintailah Aku" (bersama Astrid dan Nina Tamam) (2018)
  • "Like Never Before" (2018)
  • "Adu Rayu" (bersama Yovie Widianto dan Tulus) (2019)
  • "Orang Biasa" (2019)
  • "Aku Cinta Padamu" (bersama Dian Pramana Poetra dan Andi Rianto) (2019)
  • "Kembali ke Awal" (2019)
  • "Romansa ke Masa Depan" (2019)
  • "Ada" (2020)
  • "Itu Saja" (bersama Mutia Ayu) (2020)
  • "Kerinduan" (bersama Loka Manya Prawiro) (2020)
  • "Surga Itu Ada (Live)" (2021)
  • Lagu ciptaan
  • "Kepastian" (Rossa)
  • "Dengarlah Kasih" (Ruth Sahanaya)
  • "Dibalas Dengan Dusta" (Audy)
  • "Semua Karena Cinta" (Delon Thamrin ft. Joy Tobing)
  • "Harus Sampai Di Sini" (Kia AFI)
  • "Cinta Takkan Usai" (Pinkan Mambo)
プロデュースしたアルバム
  • Pasto (2005)
  • Yura (2014)
  • Hidayah (2016)
【表彰とノミネーション歴】

映画部門
表彰タイトル カテゴリー ノミネート作品 結果
Indonesian Movie Actors Awards 2013 最優秀サウンドトラック Malaikat Juga Tahu - (OST. Rectoverso) ノミネート
2015 最優秀サウンドトラック Tinggikan - (OST. Cahaya dari Timur: Beta Maluku) ノミネート
2015 最優秀映画 Cahaya dari Timur: Beta Maluku ノミネート
Festival Film Indonesia 2014 最優秀長編映画 獲得
Piala Maya 2014 選ばれた長編映画 獲得
2014 選ばれたテーマ曲 Tinggikan - (OST. Cahaya dari Timur: Beta Maluku) 作曲: Glenn Fredly 獲得
2016 選ばれたテーマ曲 Nyali Terakhir - (OST. Surat dari Praha) 演奏者: Julie Estelle?dan?Tio Pakusadewo; 作曲者: Glenn Fredly ノミネート
2020 選ばれたテーマ曲 Kembali Ke Awal - (OST. Twivortiare) 作曲者: Glenn Fredly 獲得
2020 選ばれたミュージッククリップビデオ Adu Rayu (bersama Yovie Widianto & Tulus) 監督: Davy Linggar ノミネート
 
音楽部門
カテゴリー ノミネート作品 結果
Anugerah Musik Indonesia 2001 Artis Solo/Duo/Grup/Kolaborasi Alternatif Terbaik Kasih Putih 優勝
Pencipta Lagu Alternatif Terbaik Kasih Putih (bersama Yovie Widianto) Ditampilkan oleh Glenn Fredly 優勝
Album Alternatif Terbaik Kembali ノミネート
2004 Pencipta Lagu Pop Terbaik Dibalas dengan Dusta Ditampilkan oleh Audy Item 優勝
2005 Artis Solo Pria Pop Terbaik Sedih Tak Berujung 優勝
2006 Karya Produksi Jazz Terbaik Tega 優勝
Karya Produksi R&B Terbaik Dansa Yo Dansa ノミネート
Karya Produksi Lagu Berlirik Inggris Terbaik When I Fall in Love (bersama Dewi Sandra) 優勝
2008 Artis Solo Pria Pop Terbaik Kisah yang Salah ノミネート
2009 Karya Produksi Terbaik-Terbaik Hikayat Cintaku (bersama Dewi Persik) ノミネート
2011 Artis Solo Pria Pop Terbaik Tersimpan ノミネート
2013 Album Terbaik-Terbaik Luka, Cinta & Merdeka ノミネート
Artis Solo Pria/Wanita Pop Urban Terbaik Malaikat Juga Tahu ? (OST. Rectoverso) 優勝
2014 Karya Produksi Kolaborasi Terbaik Menunggu (bersama Barry Likumahuwa Project) ノミネート
2015 Artis Solo Pria/Wanita Soul/R&B/Urban Terbaik Perempuanku ノミネート
Duo/Grup/Grup Vokal/Kolaborasi Soul/R&B/Urban Terbaik Filosofi & Logika (bersama Monita Tahalea & Mohammad Istiqamah Djamad) ? (OST. Filosofi Kopi) ノミネート
2017 Artis Solo Pria/Wanita Soul/R&B/Urban Terbaik Tanda Mata ノミネート
2019 Karya Produksi Terbaik-Terbaik Adu Rayu (bersama Yovie Widianto & Tulus) 優勝
Karya Produksi Kolaborasi Terbaik 優勝
Karya Produksi Aransemen Ulang Terbaik Aku Cinta Padamu (bersama Dian Pramana Poetra & Andi Rianto) Diaransemen oleh Andi Rianto ノミネート
2020 Album Terbaik-Terbaik Romansa ke Masa Depan ノミネート
Album Pop Terbaik ノミネート
Artis Solo Pria Pop Terbaik Kembali Ke Awal ? (OST. Twivortiare) ノミネート
Karya Produksi Original Soundtrack Terbaik ノミネート
2022 Lifetime Achievement Award 受賞
Billboard Indonesia Music Awards 2020 Top 100 Song of the Year Adu Rayu (bersama Yovie Widianto & Tulus) ノミネート
Top Collaboration Song of the Year ノミネート
Top Streaming Song of the Year (Audio) ノミネート
Top Radio Airplay of the Year ノミネート
Indonesian Music Awards 2021 Lifetime Achievement Award 受賞

【他の表彰】
カテゴリーi ノミネート作品 結果
Nickelodeon Indonesia Kids' Choice Awards 2008 Penyanyi Pria Terfavorit ノミネート
Indonesian Choice Awards 2015 Song of the Year Cinta dan Rahasia (featuring?Yura Yunita) ノミネート
 出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Glenn_Fredly
謝辞
このwikipediaの記事は理解不明な点が多かったため、Jakartaの日本語教師であるIchi Suslia先生に監修していただきました。ありがとうございました。

Grace Simon
歌手
Grace Simon は1953年4月5日に中部ジャワ州スマランで生まれた。
彼女はしばしばTVRIの番組Aneka Safariに出演した1970年代のポップス歌手であり、しばしばASEANポップスコンテストに出場していた。もっとも有名な彼女の歌はTitiek Puspaが作ったBingである。歌手の傍ら彼女はBroery Pesolinaと共に映画Lagu Untukmuに主演で出演していた。この次の映画はCincin Berdarahという題でMuni Caderと共演した。

ディスコグラフィー
Bing
Tirai
Sayonara Sayangku
Saling Percaya
Lihat Air Mata
Sebelum Kau Pergi
Bila Seorang Diri
Cinta Putih
Jera
Tiada Cinta
Seindah Cinta
Kursi Pengantin
Aku Tak Percaya lagi
Selamat Malam
Melati Penuh Noda
Menanti
Esok Malam Kujelang
Untukmu
Pria dan Wanita
Renjana di produksi Musica Studio
Karmila
Untukmu
Jangan Bersedih
Damai
Kisah Seorang dara
Lembe-lembe
Anju Au
Pelarian di produksi Musica Studio

アルバム
Tembang Kenangan Pop Indonesia vol 1 "Tiada Cinta seindah cintaku"
Tembang Kenangan Pop Indonesia vol 2 "Sabda Alam"
Tembang Kenangan Pop Indonesia vol 3 "Yang ditinggalkan"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol 4 "Mengenangkan"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol 5 "Diam-diam Jatuh Hati"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol 6 "Karena Janji"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol 7 "Di Wajahmu kulihat Bulan"

フィルモグラフィ
Mereka Kembali (1972)
Last Tango in Jakarta (1973)
Cincin Berdarah (1973)
Lagu Untukmu (1973)
Yatim (1973)
Benyamin Spion 025 (1974)
Ratapan Anak Tiri (1974)
Benyamin Koboi Ngungsi (1975)
Benyamin Tukang Ngibul (1975)
Impian Perawan (1976)
Kasus (1978)
Pacar Seorang Perjaka (1978)
Beri Aku Waktu (1986)

表彰
1976年 歌唱全国大会 優勝

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Grace_Simon

目次に戻る  PopIndoの目次に戻る   Hのアーティストへ

2020/12/25 作成
2020/09/06 追加訂正

2023/02/22 追加訂正

inserted by FC2 system