嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group C

Group-Cには以下のアーチストが含まれます。
Charles Hutagalung
Chintami Atmanegara
Chossy Pratama
Christine Panjaitan
Chrisye
Cindy Claudia Harahap

Charles Hutagalung
歌手・作曲家
Charles Hutagalungは1948年10月14日北スマトラ州のメダンで生まれ、2001年5月7日にジャカルタで没した。享年52歳。
彼はインドネシアのミュージシャンでThe Mercy’sとThe Ge&Geのボーカルを担当していた。それ以外に彼は今に至るまで伝説的なった多数の曲を作った。

++幼少期++
Charlesは出生地のメダンで小さい頃から音楽に親しんでいた。かれはピアノのレッスンを受けていたのでまだ小さいうちからピアノ演奏に親しんでいた。それどころかその当時、余暇にゲーム友達と子供バンドを組んで演奏していた。青年になってからはメダンでVictim’sバンドに参加して演奏した。その後彼はBhayangkara Nadaバンドに入った。

++経歴++
「Bhayangkara Nada」
本当のところCharles自身は参加する前にメダンでBhayangkara Nadaのメンバーだったので、The Mercy’sの創立者ではないのである。Charles Hutagalungは後日1970年に初めてThe Mercy’sに参加したのである。当時このグループはメダンのナイトクラブやパーティーで演奏したり隣国マレーシアでショーを開いたりしていた。The Mercy’s自体は北スマトラ州のメダンの一地域出身の同じ意図を持つ若者のグループがパーティーバンドとして設立したものであった。The Mercy’sはメダンで1969年に初期メンバーErwin Harahap, Rinto Harahap, Rizal Arsyad (Iis Sugiantoの元夫), Reynold Panggabean (Camelia Malikの元夫), Iskandar別名BoenがRizal Arsyadリーダーの下で出来上がったものである。このグループは常に諸国の音楽の発展のトレンドに乗っていたので彼らはThe BeatlesやThe Bee Gees, The Hollys, CCR, Moneysと並べられていた。たまに彼らはKoes Plusのヒット曲のTelega Sunyiのようなインドネシアの曲の演奏もした。
The Mercy’sの名前は彼らはMercy(メルセデスベンツ)に乗るのが好きだった彼らの記憶から自発的に出てきたものである。フランス語ではかわいそうあるいはありがとうという意味になる。彼らは、ジャカルタのNoor BersaudaraとCeking, Cruss, Medinasのようなパーティーバンドに焦点を絞るとともに楽しみに浸る記憶と歴史を基本とする物語を有している。

「The Mercy’sのマレーシアでのショー」
興味を惹かれるのは結成一年に達していない時このグループはマレーシアでのショーのオファーが来ていた。同年にペナンでのショーへの要請状があった時、Iskandar は行かないことに決めた。彼は大学に残って医学部での学業を続けるためバンドを脱退した。(ちなみに彼は今でも神経外科の専門医である)。彼の抜けた後は当時Bhayangkara Nadaバンドを脱退していたCharles Hutagalungが埋めた。後日変更になったThe Mercy’sのプレーヤーの完全なフォーメーションはErwin Harahap (メロディーギター), Rinto Harahap (ベースギター), Rizal Arsyad (リズムギター), Reynold Panggabean (Drum), dan Charles Hutagalung (Keyboard, Organ)となった。Charlesの意図で、The Mercy’sは以前とは差を感じさせるバンドになった。彼はFront Line Manとして歌える素晴らしい声を持っていたとともにキーボードの上手な奏者であった。彼らはマレーシアのChusan Hotelのナイトクラブでほぼ毎晩演奏した。結成初年はThe Mercy’sは確かにまだ一つのナイトクラブから別なナイトクラブへ、メダンからペナンへと転々としていたのであった。

「The Mercy’sのベトナムでのショー」
1970年のちょうど中頃、六か月間の契約でThe Mercy’sはメダンに戻ってきて若者たちのパーティーでの演奏活動を再開した。その後彼らは、当時国内で仲間割れして戦争していて命が賭け事であったベトナムでのショーのオファーを受けた。このことは外国で自分たちの曲が認められるために翼を広げるようとしているプロのミュージシャンとしての彼らの気持ちを萎縮させなかった。このような状況の下、出稼ぎ先の国においてメンバーの一人に曲を作る本能が芽生えた。孤独の中でCharlesは一言一言切り込んで素晴らしい曲を作った。そのひとつがThe Mercy’sの名前を頂点まで押し上げたTiada Lagiであった。そして親指の価値のあるのは常に語っていたCharles Hutagalungの描いた理想であったが、Tiada Lagiのようなセンチメンタルに曲を生み出すことができた。この曲を通じてThe Mercy’sは数百万のファンを持つスーパーグループになったのであった。
ベトナムから戻ってきて、このグループは出生地のメダンに定着していて、音楽バンドのBee Gees, The Hollies, Grand Funk, The Beatlesなどにその志向をむけ、たった一回だけ彼らのインドネシア語の曲を演奏しただけだった。その時期にシンガポールとバンコクでのショーのオファーが届いた。しかし何らかの理由でこの契約は実らなかった。この話は彼らを失望させるものではなかった。The Mercy’sは舞台上で演奏するためとこの町で初めてオンエア放送のためにTiada Lagiを録音する依頼をRRIメダンから受けた。Tiada Lagiはマレー半島までその電波が届くRRIのリスナーから尋常ではない拍手喝さいを受けた。この件は毎日の放送でのひっきりなしのTiada Lagiへの注文がそれを証明している。
1971年に彼らは今度は日本でのショーのオファーを受けた。当時東京で就学していたインドネシア人の子供ではSpokiesグループとBroery Pesolima, Joko Susiloが流行していた。この風の吹きまわしが彼らに勇気を与えた、しかし何らかの理由でし日本でのステージ計画は挫折してしまった。このグループは無責任な人物に騙されていて、Go Internationalの希望は消えそのまま彼らの舞台はメダンを選ぶことになったのだった。彼らは我慢してステージでの行動に戻った。しかし、当時のインドネシアの国民に彼らはまだ知られていなかったため彼らの人気はそれ以上に高くはならなかった。

「The Mery’sがジャカルタに転戦」
1972年にThe Mercy’sはジャカルタに転戦することを決めた。Herman Tobing (ErwinとRinto Harahapの母親の弟)の努力が救いの神の来訪の緒端となった。彼は彼らに手紙を書き音楽をやる場所を探すと約束してジャカルタに移動するように誘った。CharlesとRizal, Rintoはこの初めての機会を利用した。メダンでの事務的問題を解決しなければならなかったのでErwinはReynoldとともに先にジャカルタのステージのパイオニアとなる構成でグループを組んでいた。首都でのその初期に彼らは数か所のナイトクラブに出演して自分たちの曲を演奏した。その後、彼らはTropicana, LCC, Paprica, Mini Discotiqueのような四か所で定期的に開かれたショーに出演した。この好機を彼らの自作曲のUntukmu, Hidupku Sunyi, Loveなどを知らせるThe Mercy’sが利用したのであった。最終地点はThe Mercy’sがジャカルタやバンドという大都市出身のバンドを制覇できることであった。メダン出身のローカルバンドからやってきた彼らはThe Rollies, Giosym The Prosと同等の全国版のバンドになったのであった。ジャカルタの後、インドネシア音楽界を襲った引き潮をThe Mercy’sが感じて、その時期にレコード界に入ったのである。Rizal Arsyadはドイツてで学業を続けるため後日バンドを脱退した。The Mercy’sのリーダーはその時Erwin Harahapに移ったのであった。

「The Mercy’sはその形とインストルメントとレコードを変えた」
彼らはその後新し楽器とプレーヤーを追加して曲調を変えることを決断した。Albert Sumlang (女性ジャズシンガーのVonny Sumlangの実兄)サックス奏者はMinahasaの血を引いていて参加するように乞われた。サキソフォンの導入はThe Mercy’sの音楽にいろいろな色を与えたことでこの決定はぴったりだった。新しいバンド構成でThe Mercy’sは最初のレコードを吹き込んだ。プロデューサーとしてのRemacoとPurnamaレコード会社とのコラボはThe Mercy’sにとっての初のアルバムを生み出した。このアルバムにはこれらの曲が入っている。TIADA LAGI (Charles H), HIDUPKU SUNYI (Charles. H), BAJU BARU (Charles. H), UNTUKMU (Charles.H), LOVE (Rinto.H), DI PANTAI (Charles. H), BEBASKANLAH (Charles.H), UNTUKKU(Charles.H), WOMEN (Rinto.H), KURELA DIKAU KASIH (Reynold. P), KISAH SEORANG PRAMURIA (Albert Sumlang)。この最初のアルバムは疑うべくもなく爆発的ヒットを招き、インドネシア音楽界においてその主力であるTiada LagiをもってThe Mercy’sの名前を直ちに持ち上げたのであった。上記のTiada Lagiは全国どこでもヒット曲になった。このローカルバンドはレコードとカセットテープの売り上げのトップであったKoes PlusとPanbersの首位の地位を揺り動かすことになった。とはいえ、デビュー以来五枚のシングルをだして、ジャカルタのみならず全国的に民放ラジオの歌ランキングの王者に据えたのだった。
これ以来、The Mercy’sは大衆のアイドルとなったグループに成長した。この異常な優位性は国軍司令部とRemacoとPurnamaレコード会社が1972-1973年に最も愛されたバンドとして褒めたたえ、ミリオンセラーを達成したことからGolden Recordを受賞した。彼らはゆめをじつげんできたのであった。時間を省略して彼らは1972年12月31日に独立記念広場のTaman Riaで、ショーを開催した。このショーには全国的に有名なKoes Plus, Panbers, Favorite’s, Mercy’sが出演した。会場の定員を上回る数千人の観客でステージはごった返した。

「The Mercy’sが成功を達成した」
The Mercy’sの人気は当時の国内バンドとともに大都市をぶち抜いた。このバンドはざんばら髪と「箒」と呼ばれていたラッパズボンと幅広のネクタイをして色とりどり服を着て1970年代の若い子供たちのアイドルとなった。この行動でCharlesとRinto, Albertのトリオは、Untukmu, Hidupku SunyiとLove, Kisah Seorang Pramuriaのような曲の歌詞を使う上での能力を示したのだった。The Mercy’sはますます伝説的デュオのCharles HutagalungとRinto harahapの偉大さでますます持ち上げられたのであった。彼らの行動は、愛について多くを語る歌詞でインドネシアの音楽ファンの注目を引いた。彼ら二人は作曲と歌唱でThe Mercy’sでの役割を十分に果たしたのであった。バタック人の特徴の怖い顔のカリスマボーカリストCharlesはよく覚えられてこのグループの肖像になった。
栄光の時代、The Mercy’sはKoes PlusとPanbers, D’Lloyd, Favourite groupともにThe Big Fiveに入ったことがあった。この過程でThe Mercy’sは6枚のgolden recordと彼らのアルバムで高い評価を獲得した。The Mercy’sは彼らの曲が今に至るまで好まれ楽しまれているので現在までのほぼ20年間インドネシアの伝説的グループバンドの一つであり続けた。もっとも好かれるバンドに三回なった記録があるとともに、Remoacoレコードのミリオンセラーになったアルバムでgolden recordを何回も受賞した。

「Charlesが脱退してThe Mercy’sに再度参加した」
インドネシア音楽界を襲う潮流をThe Mercy’sはレコード界に入って以来感じてきた。1974年にCharles Hutagalungはグループ内の問題からThe Mercy’sを脱退するという声明を出すに至った。

「Charles とAlbertがThe Mercy’sから脱退」
その後すぐ彼はThe Mercy’sに復帰してレコード会社との契約にあったいくつかのアルバムを作った。The Mercy’sがRemacoの製品になった10番目のアルバムとPop Melayu, Pop Mandarin, 子供Popを作った後、Charles Hutagalungは1976年にグループを去った。彼はThe Ge&Geという自分のバンドを立ち上げた。今回はソロの経験を持つAlbert Sumlangが歩調をそろえて脱退して親戚たちとバンドAlbroを立ち上げた。

「Charles HutagalungとAlbert Sumlang抜きのThe Mercy’s」
1977年頃にThe Mercy’sのキーボード奏者でボーカリストのCharles Hutagalungがグループからの二回目の脱退を宣言したため、The Mercy’sの残された三人のメンバーRinto Harahap (ベースとボーカル)とErwin Harahap (ギター)、Reynold Paggabean (ドラムとボーカル)はこのグループの存続のために努力していた。The Mercy’sの音楽はその初期からトレードマークになっていたキーボードの要素にかけていたために明らかにかたわであった。やや短い間、三人が取り残されたThe Mercy’sはすぐに新しいアルバムのためにスタジオ入りしなくてはならなかったため、The Mercy’sはその後ひそかにキーボード奏者の代理を探した。ドラマーのReynold Panggabeanは後日God Blessのキーボード奏者であるYockie SurjoprayogoをNomo Koeswoyoが株主のYukawiレーベルでMercy’sの何枚かのアルバムのための追加のミュージシャンとするアイデアを出し、その後Remacoレーベルを去った。最終的にYockie SurjoprjogoはThe Mercy’sのアルバムVolume 11と二枚のクリスマスアルバムを始めとするThe Mercy’sのアルバムを支援する要請を受諾した。
Yockieが追加のミュージシャンとして登場した時The Mercy’sにもたらした音楽のやりかたが新しくなったものがあった。キーボードの音色が厚くなったのである。これはCharles Hutagalungが1972年のアルバムThe Mercy’s Volum 1以来常に使ってきたFarfisaキーボードを、一方ロックがその背景にあるYockie SurjoprajogoはHammond B3を好んで使っていたことによるものであろう。

「Charles HutagalungとAlbert Semlangの復帰」
1978年にCharles HutagalungとAlbert SemlangがThe Mercy’sに復帰し、彼らは最後のレコードを録音した。アルバムMimpiは1978年にリリースされた二人が復帰したあとの完全なメンバー構成での彼らの最期のアルバムとして記録されている。The Mercy’sのメンバーはおのおの他のグループで活動し始めた。Charles Hutagalungはソロ活動、Erwin Harahapは自分の会社を立ち上げてレコードプロデューサーの事業家として道を選び、Rinto Harahapはソロシンガーになり、Lolypopバンドを立ち上げ、レコード会社を設立し、作曲活動も行って、シンガーとしても大人気を博した。Raynold Panggabeanはダンドウットの流れをくむOrkes Melayu Tarantulaを立ち上げることを決めたのだった。

「The Mercy’sの解散」
これらの活動が行われた後The Mercy’sはレコード業界で真空になり、最終的に伝説的バンドThe Mercy’sの歴史が終わる崖淵に建った。The Mercy’sが大衆に広く愛されて成功したポップ、クロンチョン、子供用ポップス、賛美歌の40枚のアルバムが記録されている。Rinto Harahapは常に、The Mercy’sは以前存在していると主張し彼らからも解散という公式な表明離されていないのである。拒否はできないのではあるが、The Mecy’sは、Charles Hutagalungの存在によって知られ、他のメンバーはその補助であったことが言えるであろう。

++The Mercy’s 脱退後のCharlesの経歴++
「Ge & Geバンド」
Charles HutagalungはバンドThe Ge & Ge (Genius and Genial)を立ち上げるに至った。The 1974年のBercy’sの内部抗争は1976年のボーカリストで作曲家キーボード奏者のCharles Hutagalungの脱退で幕が閉じられた。彼は後日RemacoからリリースされたアルバムのThe Ge & Geを立ち上げた。このバンドはCharles HutagalungとIrwan, Candra, Boyから構成されていた。信頼できる歌は、ヒットを狙ったCharles Jutagalungの作品の主力の歌のHanya Satuが入っているThe Ge & Ge Volume 1と名付けられたアルバムでヒットした。一見してThe Mercy’sの曲に酷似している魅惑的なポップスバラード曲のHanya Satuは確かにThe Ge & Geのトップヒット曲になった。これ以外にもファンの肩をすくめさせたCukuplah Sudahがある。Tehe Ge & Geバンドはさらに1980年にKatakan とJangan Kecewaなどの数曲が入ったアルバムを出した。その後1981年にSayangとTelah Berlalu, Hidup Kenyataan, Kr. Cinta nan Suci, Cinta yang Pertama, Dengarlah, Kisahku, Jangan Ganggu Lagiなどの歌が出された。

「作曲」
新しくバンドを立ち上げる一方、Charlesはソロシンガーとしてそして作曲家としてより広く知られていた。その毎日はCHG Record’s所有のスタジオが彼が仕事をするところでインスピレーションを注ぐ場所であるがゆえにそのスタジオで忙しくしていた。自分で歌うためあるいは彼に寄りそう他の歌手に提供するためにそこで歌は作られた。彼は、Emilia ContessaやVivi & Nita, Emma Ratna Fury, Liza TanzilのようなFlower Soundの歌手のために多数の歌を作ったのであった。作曲家としてCharles Hutagalungは、Dewi Yullが歌ってリリースされたDalam Kerinduanのように当時有名だった曲を創り出すことができた。Hidupku SunyiはTantowi Yahyaがカントリー調で歌って再録音された。Inangの題名でEmilia Contessaが歌ったバタックソングも成功し他の歌手がこれらをカバーして歌った。この歌は今に至るまでバタック人のポップ音楽界で永遠の命を持っている曲の一つになった。これ以外に賛美歌Penebus Dosaは今に至るまで響き渡っていて、クリスマスソングのKenangan Natal Dusun Kecilは毎年必ずリリースされている。
Charles Hutagalungの創作曲の幾つかはCuriga全国のようにレベルポピュラーソングフェスティバル大会に入っている。一方、Jakarta Teguh berimanでジャカルタ知事が開催したソングフェスティバルで一等賞を獲得した。

「俳優になる」
The Mercy’sの真空時代に、アーティストとしてCharles Hutagalungは創造活動を続けていた。ぞっとするのはCharlesがアーティストのMbeling Remy SyladをオペラJesus Christ Superstarの中でヘロデ王を演ずるために信じていたことである。このオペラは1980年にBala Sidang Senayaで上演され、Julius SiyaranamualとRemy Syaladoによってインドネシア語訳されたTim Riceの作品のオペラが社会に受け入れらた。これ以外にCharlesは1993年頃にTPIで放送されたMelayu Deli地域の連続ドラマPak Bedulシリーズにも出演している。

「アーティスト組織内での活動」
Charles Hutagalungは上記以外にPAPPRI (Persatuan Artis Pemusik Pencipta lagu Republik Indonesia=インドネシア芸能人ミュージシャン作曲家ユニオン)、またPABINDO (Persatuan Artis Batak Indonesia=インドネシアバタック人アーティストユニオン) の組織の中で活動的であった。Charlesは自作の290曲をYKCI (Yayasan Karya Cipta Indonesia=インドネシア著作権協会)ら登録している。

++晩年++
「脳梗塞を患う」
The Mercy’s音楽グループのボーカリストであるとともにオルガン奏者であるこの人は1998年以降脳梗塞に悩まされてきた。1998年1月21日に最初の脳梗塞が襲った。この病気は、The Mercy’sが1969年に国内音楽界でまだは溜めていた時から1978年までソロで活躍していた時に生産性を失くしたのだった。このような状況ではあったが、亡くなるまでCharlesは創作を止めなかった。彼はまだManada地方の曲を書いていたのだった。
皮肉にも黎明期の名声は永遠にCharlesを贅沢にさせなかった。この大声のテナー歌手は経歴の果てに患った脳梗塞の治療に費用をかけられなかった。このために1999年の12月にCharles Hutagalingの家族の経済的負担を軽減するために、彼のためのチャリティの晩というイベントを数人のミュージシャンが開催した。脳梗塞を患って以来、Charlesは同僚のアーティストからずっと注目と支援を受けてきた。2000年12月16日にCharlesと同年配のThe Mercy’sの仲間たちやPanbersのメンバーたちによって開催された慈善パーティーで彼は個人的に五千万ルピアの支援金を治療のために得たのであった。同月に他の100人のアーティストと共に彼は、1970年代に有名であった女優のRatna Djuwitaが会長であるYayasan Paramawidaya Artis Indonesiaから補償を得た。1999年1月27日Charlesは二回目の脳梗塞に襲われた。この二回目の梗塞は彼が神に召されるまで危うく動けなくなる状態を招いた。

「Charles Hutagalung逝去」
伝説のミュージシャンCharles Hutagalungはジャカルタで2001年5月7日7:53に脳梗塞で死亡した。この日の朝Charlesは自宅の寝室で再度転倒するに至り、Pertamina中央病院のDr. Djoko Listionoが監督して治療を行っていたSejatinya病院に運び込むことが決まった。自宅からMeruya Ilir地区でKebayoran BaruのPertamina中央病院に向かう途中で独特の声を持つThe Mercy’sの元メンバーは逝去した。蘇生が行われたがその甲斐もなく神の意志を止めることはできなかった。その晴れた朝にインドネシア音楽界はマエストロを失ったのであった。遺体は西ジャカルタのTaman Pemakaman Umum Jogloに2001年5月8日に埋葬された。

++家族関係++
Charlesは1975年5月16日にPadang-Medanの子孫のDelly Sriati Harahapと結婚して、Lim Imanuel Hutagalung(息子1976), Ria Maria Hutagalung (娘1977), Chepy Chekospi Hutagalung(息子1980)、Dian Kristian Hutagulng(娘1987)の四人の子供がいる。

++The Mercy’sへの賛辞++
2012年11月12日17:57 WIB、ジャカルタのAirman Sultan HotelでTribute to the Mercy’s, Lagu Rindu Untuk Negeri=メルシーズへの賛辞と国家のための思い出の歌のコンサートが開催された。この催し物はDina MarianaとRRIのゲストアナウンサーのJose Choa Lingeが司会した。年配のアーティストでこの催し物に参加したのはErmy Kullit, Arie Kusmiran, Yetty Lorent, Nana Dhiana, Betharia Sonatha, Rita Latul, Jelly Tobingなどであった。当時存命中であった元The Mercy’sのErwin HarahaoとRinto Harahapの姿もあった。このコンサートには今は亡きThe Mercy’sの二人のメンバーであるCharles HutagalungとAlbert Sumlangの一族も参加した。
Albert Junior Bandがまず一曲目としてUtukmuを演奏し数百人の招待客から暖かい歓迎を受けた。雰囲気ももっと暖かくなり記憶とThe Mercy’sの偉大な名前とを呼び戻し、後継者の故Albert Sumlangの世代として、Kisah Seorang PramuriaとMimpi, Biarlah Kusendiri, Tak Sedikitpunを演奏した。Ermy Kullitもゲストスターとして出演した。すべてのアーティスト、ミュージシャン、二人の故人の家族がInjit-injit Semutを通じてこのコンサートを閉じたのであった。Rinto Harahaは入場した時と四時間にわたるこのコンサートに立ち会って涙ぐんだのを見られた。
二回にわたったThe Mercy’sのレコードの頒布会では売り上げがそれぞれ150万ルピアと300万ルピアに達した。一方Jelly Tobingが演奏したCharles Hutagalungの作品Tiada Lagiは観客から1600万ルピアの収入を得た。Jelly TobingがUsah Kau HarapとAyah, Tiada Lagi
歌った時幾人かの観客が失神した。Tribute to The Mercy’sのためにわざわざスラバヤからやってきたViviさんという扇情的なThe Mercy’sのファンは寄付する他に、上記の伝説のバンドの好みの曲を聞いた時に鳥肌が立ったといっていた。主催者のBaju Baru EnterpriseのChoa Lingeによると、Charles HutagalungとAlbert Sumlangのお墓を修理するのにこの収入をすべて使うとのことだった。この催し物の成功はThe Mercy’sが未だにファンの心にしっかりと着いていることの証明である。

「Charles HutagalungとAlbert Sumpang, Rinto Harahp亡き後のThe Mercy’s」
現在、The Mercy’sのメンバーで残っているのはErwin HarahapとReynold Panggabenである。2001年のCharelsの死去に11月16日から集中治療を受けていたAlbert Sumlangが2009年12月6日 19:30Gatot Subroto PAD病院で続いた。その後Rinto Harahapで2015年2月9日21:45にシンガポールのMount Elizabeth病院で65歳の生涯を閉じた。シンガポールに行く前Rintoはジャカルタの別々な病院6か所で治療を受けていた。

++ディスコグラフィ++
幾つかのアルバムがThe Mercy'sとGe&Geから出されている。
Hidupku Sunyi (Vol 1/PH) Remaco/Purnama
Padamu Tuhan (Vol 2/PH) Purnama 3. Mama & Papa (Vol 3/PH) Purnama
Jangan Lagi (Golden Record-Vol 4/PH) Purnama
Usah Kau Harap (Vol 5/PH) Purnama
Biar Kusendiri (Vol 6/PH) Purnama
Dalam Kerinduan, Purnama
Kau Biarkan Ku Sendiri (Vol 7/kaset) Remaco
Oh Mama Oh Papa (Vol 8/PH,kaset) Remaco
Semua Bisa Bilang (Vol 9/PH)Remaco
Lagu Gembira, Remaco
Bujang Sama Bujang (Vol 2/Melayu) Remaco
Injit-injit Semut (Vol 3/Melayu) Remaco
Kutunggu Sampai Mati (Pop Mandarin/PH,kaset) Remaco
Kembalilah, Yukawi
Mimpi, (PH,kaset) Lolypop/Purnama
Instrumentalia Emas (instrumen/kaset)

Disco Album Kompilasi
The Best (Kau Biarkan Ku Sendiri/Vol 2, kaset) Berlian
Album-album Lagu Sukses Mahkota
The Best of (Semua Harus Gembira/Vol 2-PH) Remaco
20 Original Super Hits Remaco/BM
Tembang Kenangan Remaco/Virgo 6.20 Golden Album Memories Remaco/AR
24 Super Top Pop (Koes Plus,Panbers dll) Remaco/Gema
5 X 5 Super Group Band (Koes Plus, Panbers dll) Atlantic
27 Pop Melayu Legendaris (Koes Plus, Bimbo dll) Virgo Ramayana
Platinum Pop Nostalgia (Ge&Ge, The Crabsdll)Remaco/GNP

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Charles_Hutagalung

Chintami Atmanegara
歌手・女優
Chintami Atmanegaraはドイツのボンで1962年6月14日に生まれた。彼女は歌手で映画やテレビとラマのインドネシア国籍の女優である。

経歴
彼女のアーティストとしての経験は、監督Jopie Burnamaの映画Tempatmu di Sisiku (1979)に主役ではないが助演したことからはじまった。彼女の顔はしばしばカレンダーを飾り、多数の宣伝物でスターになっている。
女優Minati Atmanegaraのこの妹の映画とグラビアモデルでの成功はアルバムCintaku CintamuでJK Recordとともに生み出したアルバムでをちらっと1982年の歌謡界での経歴を見られただけであった。他のアルバムはNyanyian Hati (1992)でこの歌を通じて彼女は1994年のVideo Musik Indonesiaの最優秀アーティストと評価された。

Chintamiは1988年12月10日にOddie Agamと結婚したものの1992年9月に離婚で婚姻関係は解消された。この二人の間には1989年10月7日に生まれた子のDio Alif Utamaがいる。2000年にTamiはBayu Marutoのプロポーズを受けてやもめ人生に終止符を打った。

歌手とスターで忙しいだけではなく、Tamiはジャカルタ南のKebayoran BaruにあるスポーツジムのPesona Tiga DaraとPrimaの運営に姉のMinati Atmanegaraとともに携わっている。TamiはMalibu StudioのPR担当にもなっている。

Tamiの家庭は2009年に試練に揺れた。夫のBayu Marutoに女がいることが知らされたからである。この女性のYuniはTami自身の友達であった。このカップルは第三者の存在を否定したが、彼らは問題があることを白状した。この家庭内の問題は2009年5月3日に明らかとなりTamiは南ジャカルタの宗教裁判所に離婚申請をしている。

ディスコグラフィi
Cintaku Cintamu (1982)
Ku Jatuh Hati (1983)
Duri dalam Dada (1984)
Mana Kasih Sayang (1984)
Sayangilah Diriku (1986)
Tak Ingin Berpisah (1986)
Ujung Rambut ke Ujung Kaki (1988)
Nyanyian Hati (1993)
Biar Sepi Bernyanyi (1996)
Titami (2000)
Bintang & Bintang (2002)

フィルモグラフィー
映画 <>内は配役名
Tahun Judul Peran Keterangan
1980 Tempatmu di Sisiku
1981 Putri Seorang Jenderal, Lembah Duka
1982 Chips, Pak Sakerah, R.A. Kartini
1983 Damarwulan-Minakjinggo <Anjasmoro>, Tujuh Wanita dalam Tugas Rahasia
1984 Cinta Kembar, Bibir-Bibir Bergincu <Sari>, Titik-Titik Noda <Helen>, Kenikmatan Noni, Pengabdian
1985 Gantian Dong <Vera>, Serpihan Mutiara Retak <Del>
1986 Sama Juga Bohong <Soraya>, Ranjang Setan <Meriam>
1987 Penginapan Bu Broto <Anak Nugroho>, Akibat Kanker Payudara <Kartika>, Sama-sama Enak <Yanti>
1992 Plin Plan <Chintami>
2003 Kiamat Sudah Dekat <Mama Fandi>
2006 Rumah Pondok Indah <Firdha>
2007 Bukan Bintang Biasa <Mama Raffi>
2008 Otomatis Romantis <Dewi>, Chika <Riani Aditya>, Anak Ajaib <Ibu Maya>
2010 Time
2011 Tebus <Sisca>
2012 Sampai Ujung Dunia <Ibu Gilang>, Rumah Kentang <Tante Anti>

連続ドラマSinetron
Permata Hati
Selalu Untuk Selamanya
Keluarga Miring
Jembatan Emas
Lobi-lobi
Kupu-Kupu Kertas
Wanita Kedua
Hidayah
Manis dan Sayang
Anak Mami Jatuh Cinta
Namaku Safina
Roman Picisan
Get Married The Series
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Chintami_Atmanegara

Chossy Pratama
作曲家
Kapanlagi.com -
Chossy Pratamaの名前は1990年代末の映画界では忘れることができない。彼はその時代の映画の多数のサウンドトラックの製作者であった。
残念ながらChossyはその当時ブラウン管を彩った映画音楽をもう作らなくなった。映画音楽の作曲をしなくなったのにはいくつもの理由があり、その最大のものは年齢であった。
「もうテーマソングは書かない。理由はたくさんある。第一にすでに高齢であること。第二に音楽のトレンドがもう変わってしまったこと。第三には赤い糸の話から繋がるファクターとテーマソングはもう優先順位ではなくなってしまったから」とChossy Pratamaは最近西スマトラのパダンであった時に語った。

体に宿る芸術魂は確かに裏切らない。もう映画のサウンドトラックを作れなくなったとはいえ、Chossy Pratamaは新しい仕事をするための気力を保持しているのは確かである。
その証拠として、ChossyもMasih Adakah Cintaを通じてEsal Revanoと一緒に仕事をしている。「作曲家とは歌を書くためにかゆいのである。水を含んだ雲を見るだけで頭の中に結び目ができる。確かにEsalのためなら歌を書くのにかゆくてもかまわない」と追加した。

ChossyとEsalの年齢の差はこのプロジェクトでの障害物になることはない。それゆえChossyによれば、このような些細なことで芸術は制限されないのである。
「芸術というものは年齢のような境界や通路がない。私は今の音楽をまだ聴いている。韓国と中国語のものも含めて。障害物は存在するが、それは仕事上で我々に影響を与えない」とChossy Pratamaは結論付けた。

出典
https://musik.kapanlagi.com/berita/tak-lagi-aktif-buat-ost-sinetron-apa-alasan-chossy-pratama-c3e373.html

主な作品
Mimpi Terindah

Christine Panjaitan
歌手
本名Christine Natalina Panjaitanは1960年12月23日生まれ。
彼女はバタック人の血を引くインドネシアの歌手兼女優である。Christine Panjaitanの名はRinto Harahap作のKatakan Sejujurnyaを歌うときにつけられたもの。
子宮専門医Maringan Tobingと結婚した後、Christineは歌う頻度を低くした。彼女はJerico (1987), Jessica (1990), Jeremy (1990)の三人の子を得た。インドネシア大学の中国文学部を1986年に卒業して二年間バンドンのPajajaran大学で教鞭をとったことがあった。1998年にアルバムAkuを作った。

ディスコグラフィ (ciptaan:作品)
Kau dia dan aku (ciptaan Rinto Harahap)
Remaja (ciptaan Tonny F.)
Bagai Pelangi Senja (ciptaan Asep Sukma)
Sambut Mesra (ciptaan Eric Van Houten)
Masih Ada Hari Esok (ciptaan Tonny F.)
Untuk Selamanya (ciptaan Anto)
Bunga Cinta (ciptaan Yan D. Putra)
Sampai Menutup Mata (ciptaan Tonny F.)
Bersemi (ciptaan Monthy S.)
Rindu di Saat Sepi (ciptaan Leo Manuputty)
Tangan Tak Sampai (ciptaan Rinto Harahap)
Tangismu Tangisku Jua (ciptaan Rinto Harahap)
Hati Ini Milikmu (ciptaan Arche Rampengan)
Untukku (ciptaan Tonny F.)
Cerah (ciptaan Supardimansyah)
Jangan Sebut Namaku (ciptaan Fauzy)
Dua Merpati (ciptaan Budi Mithas)
Dia Yang Pernah Kucinta (ciptaan Henry W.)
Tinggallah Duka (ciptaan Frans Ginting)
Senyum Bahagia (ciptaan Anto)
Di Saat Cinta Bersemi (ciptaan Nuri Gemuri)
Untuk Mama (ciptaan Rinto Harahap)
Ciptakan Hari Baru (ciptaan Eric Van Houten)
Mengapa Kau Tak Mengerti (ciptaan Tony M.)
Biarkanlah Dia Pergi (ciptaan Dedi Supardimansyah)
Seindah Pelangi (ciptaan Davin Kaban)
Sayangilah Daku (ciptaan Anto)
Cinta Yang Tercipta (ciptaan Oetje F. Tekol)
Dia (ciptaan Adi Tiekno)
Hanya untukmu (ciptaan Frans Ginting)
Suling Bambu (ciptaan Asep Sukma)
Detik Tak Bertepi
Katakan Sejujurnya
Sudah Kubilang
Getaran Kasih
Perasaan
Selamat Jalan
Rindu
Jingga
Burung-Burung Putih
Hari Akan Berganti
Jangan Lemas Hatimu
Jangan Simpan Tangismu
Jangan Tumbuh di Sana
Jingga
Frida
Mata Hatiku

賛美歌
Yesus Menginginkan Daku
Ya Yesus, Dikau Kurindukan
Di Jalan Hidup yang Lebar, Sempit
Suara Yesus 'Ku Dengar
Wonderful Day
The Lord's Prayer
Singing, I Love You, Lord
Di Malam Sunyi Bergema
Kudaki Jalan Mulia
Tinggal Sertaku

カラオケ
Evergreen Hits Vol. 002 "Untuk Mama"
Evergreen Hits Vol. 012 "Tangan Tak Sampai"
Indonesia Evergreen Album 001
Indonesian Evergreen Hits Vol. 004 "Jangan Simpan Tangismu"
Indonesian Evergreen Hits Vol. 007 "Perasaan"
Indonesian Evergreen Hits Vol. 008 "Kau Dia Dan Aku"
Indonesian Evergreen Hits Vol. 014 "Rindu"
Indonesian Top Pop Nav 15 II & Nav 12 II
Lagu Cinta Sepanjang Masa Vol. 001 "Tangan Tak Sampai"
Lagu Cinta Sepanjang Masa Vol. 005 "Sudah Kubilang"
Lagu lagu Terbaik Christine Panjaitan
Pop Batak Naburju Soidopan dan Parumaen
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 001 "Jangan Simpan Tangismu"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 002 "Katakan Sejujurnya"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 003 "Rindu"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 004 "Kau Dia Dan Aku"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 005 "Selamat Jalan"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 006 "Perasaan"
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol. 007 "Sudah Kubilang"

フイルモグラフィ
Sejoli Cinta Bintang Remaja 1980; 監督 Dasri Yacob
Detik-Detik Cinta Menyentuh 1981; 監督 Ali Shahab
Seindah Rembulan 1980; 監督 Syamsul Fuad
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Christine_Panjaitan

Chrisye
歌手・作曲家
H. Chrismansyah RahadiはChristian Rahadiという名で1949年9月16日にジャカルタで生まれ、2007年3月30日にジャカルタで没した。享年57歳。インドネシアの歌手で作曲家である彼は本名より芸名Chrisyeで知られていた。
彼はインドネシア華人の家に生まれ、Chrisyeは若い時に音楽に惹かれた。中学生の時にChrisyeは兄のJorisと組んだバンドでベースギターを弾いていた。1960年代の終盤に彼は、後日Gipsyと名前を変えたSabda Nadaバンドのメンバーになった。1973年にしばらくの間休暇を取ったあと彼は演奏のためにこのバンドと共にニューヨークへ渡った。インドネシアに帰国後短期間の間に彼は他のバンドThe Pro’sと共にニューヨークに戻った。インドネシアに再度1976年に帰国して彼はGuruh Gipsyのインディーアルバムの録音のためにGipsyとGuruh Sukarnoputraと共に働いた。
1977年にGuruh Gipsyの仕事を終えた後ChrisyeはJames F. Sundah(1950年スマラン生まれの作曲家)の書いたLilin-Lilin KecilとBadai Pasti Berlaluの二曲の傑作をものにした。この二曲の成功は1978年に彼がSabda Alamというソロアルバムをリリースしたレコード会社であるMusica StudioへChrisyeの雇用に導いた。25年間の活動期間中に彼は18枚のアルバムのリリースと映画Seindah Rembulan(1981)への出演を行った。
Chirsyeは数年間肺がんで苦しんだ後奥さんのGusti Firoza Damayanti Noorと四人の子供を残して2007年3月30日にジャカルタの自宅で亡くなった。
滑らかな声とステージで見せる固い態度で知られ、Chrisyeは伝説的なインドネシアの歌手として認められている。かれの五枚のアルバムは音楽雑誌Rolling Stone Indonesiaによってインドネシア最高の150アルバムの中に盛り込まれている。五曲と彼が支援した一曲は2009年に同誌によるベストソング一覧に入っている。彼は1993年にBASF Awardともう一つは2007年のSCTV局から二つのlifetime achievement awardを得ている。2011年にはRolling Stone Indonesia誌はChrisyeを歴代三位のインドネシアのミュージシャンとして記録している。

生涯と経歴
「生涯の初期」
ChrisyeはChristian Rahdiという名前でジャカルタで1949年9月16日にブタウィ・華人の実業家のLaurens Rahadi (Lauw Tek Kang)とスンダ・華人の母Hanna Rahadi (Khoe Hian Eng)との間に生まれた。彼は三人息子(兄弟はJorisとVicky)の二番目であった。幼少期はジャカルタのメンテンに近いTalang通りで過ごしたが、1954年に家族はメンテンのPegangsaan通りに引っ越した。
GIKI小学校在学中、Chrisyeは隣人のNastion家の子供たちと友達になった。彼はしょっちゅうバドミントンや凧揚げをして遊んでいたBamid Gauriともっとも親しくなった。その時彼は父親のレコードを聴くようになりBing CrosbyやFrank Sinatra, Nat King Cole, Dean Martinの歌を一緒に歌うようになった。小学校を卒業した後Chrisyeは第三カトリック中学ディポネゴロに通った。
Chrisyeがメンテンのこの学校に在学していた時Beatlemaniaがインドネシアにやってきた。これがChrisyeに音楽界により興味をひかせることになった。音楽をやりたいというChrisyeの意図をくんで父親は彼にギターを買い与えることにした。Chrisyeはもっとも習得しやすいと思ったベースギターを選んだ。ChrisyeとJorisはラジオと父親のレコードから流れる曲で音楽の練習をした。その影響で、彼らは楽譜が読めなかった。彼らは遅かれ早かれChrisyeをボーカルとして学校の行事で演奏を始めた。高校時代にChrisyeは黙って煙草を吸い始めた。ある時彼は校長に見つかって他の生徒の前で一緒に八本のタバコを吸わせられた。その後Chrisyeはヘビースモーカーになった。

「バンドメンバーと初期の仕事(1968-1977)」
1960年代中ごろにNastion一家はバンドを組み、ChrisyeとJorisはUriah HeepやBlood, Sweat and Tearsの曲を演奏するのを見た。1968年Chrisyeは父親の希望に沿って技術者になるためにインドネシア基督教大学(UKI)に籍を置いた。1969年頃にGauri NastionがNastion BandのSabda NadaのベーシストのEddie Odekが病気だったのでそのかわりとしてバンドに入らないかと誘った。その能力は十分であったので、Nastion兄弟はChrisyeをパーマネントメンバーとして参加するよう要請した。Sabda NadaはJuanda通りのMini Discoでレギュラーとして、年末年始や結婚式のために演奏した。Chrisyeが歌う機会を与えられたのは彼らがリバイバル曲を歌ったときであり、彼はオリジナルの歌手に声を似せようとした。
1969年にSabda Nadaはよりマッチョで洋楽バンドのようなGipsyという名前に変えた。マネージャーがいなかったこのバンドのスケジュールはTaman Islmail Marzukiでのレギュラー出演のためにとても忙しかった。その結果ChrisyeはUKIを退学して、スケジュールがよりフレキシブルな1970年にTrisakti 観光アカデミーに入った。
二年後Chrisyeはニューヨーク公演のオファーを受けた。Chrisyeはとても喜んだが、彼はこのことを父親が反対するのではないかと感じて父親に話すことを怖がっていた。最終的に彼は数か月間闘病しその間にSabda Nadaはニューヨークに行ってしまった。Chrisyeは自分の心配を晴らすために母親とJorisに相談した後、Chirsyeが学校をやめてニューヨークに行くことを父親は承諾したのだった。健康を取り戻した後、1973年の中頃に彼は米国にいるGipsyと会うためにPontjoと共に渡米したのであった。同年彼はTrisaktiを退学した。
ニューヨークではPERTAMINAの所有するRamayana Restaurantのステージに上がった。このバンドは約一年間ニューヨークの五番街のアパートに居を構えた。彼らはインドネシアの歌とProcol Harun, King Crimson, Emerson, Lake Palmer, Genesis, Blood, Sweat & Tearsのリバイバル曲を歌った。Chrisyeはオリジナルの曲で自己表現できないことにフラストレーションを感じたが、そのまま活動を続けた。
1973年にインドネシアに帰国してからGauriはChrisyeにスカルノ元大統領の息子のGuruh Soekarnoputraを紹介した。他方、Nastion一家は彼らの仕事を済ませるべくGuruhと一緒に仕事をしていて、自分で作曲することは彼にとって強い子音を含む歌詞の作成が困難でありこの音を避けることができることを自覚できたためにChrisyeは作曲を始めた。翌年彼はThe Pro’sバンドと共にニューヨークに戻った。1975年の中頃に契約があと数週間残っていた時、ジャカルタの親から兄弟のVickyが胃腸感染症で亡くなったと電話があった。すぐにジャカルタに帰れないので考えがごちゃごちゃになった。インドネシアに帰る時Chrisyeは飛行機の中で絶えず涙を流し鬱状態になった。
数か月間音楽活動を中止した後で、ChrisyeはNastion一家から連絡を受け新しい仕事のためにGipsy & Guruhに参加しないかと誘いを受け、Guruhも特別に彼のために書いた歌詞でChrisyeがメインボーカリストになるための数曲を提示した。うつ状態を克服したChrisyeは南ジャカルタのKebayoran BaruにあるGuruhの自宅での練習に参加するようになった。彼らは彼らは夜遅くまで演奏し、洋風ロックとバリガメランをフュージョンしたのだった。最初の数か1月間でできあがったのはたった四曲ではあったが1975年中盤に録音が行われた。1976年にアルバムGuruh Gipsyが発売され評論家たちに好意を持って受け入れられ5000枚のレコードが生産された。Gurh Gipsyの成功はChrisyeにソロシンガーになれることを実感させたのであった。
1976年の末に作曲家のJockie SoerjoprajogoとPramborsラジオの社長Imran AmirがChrisyeに接近した。彼らはPramborsの青年創作曲大会のボーカリストをしてほしいとChrisyeに頼んだ。しかし、Chrisyeはそれを拒否。数日後に当時Pamborsで働いていたSys NSがChrisyeがGuruhとEros Djarotと話しているときに接近した。SysはJames F, Sundahの作品であるLilin-lilin KecilのためにChrisyeを必要としていることを強調した。その歌詞を聞いた後、Chrisyeは参加することに同意した。この歌は北ジャカルタのPluitのIram Masスタジオで録音され他のコンテストの優勝者と共に一枚のアルバムに乗せられた。当初Lilin-lilin Kecilは9番目に入っていたが最終的にはもっと流行らせるために一番最初に移動された。その後、この歌は有名になりアルバムLCLR 1977はこの年に最も流行ったアルバムになった。
Lilin-lilin kecilが成功した後の1977年のなかごろにPramqua RecordsがChrisyeに接近し、Jurang Pemisahのアルバムをオファーしてきた。JockieとIan Antono, Teddy Sujayaと一緒に働いて、Chirsyeは7曲をJockieは曲をこのレコードのために吹き込んだ。その結果とJurang Pemisahのためにより高い希望をChrisyeは持つに至ったが、それは流行らないとPramaquaは判断しこれ以降のプロモーションは期待せず、ChrisyeのアルバムのBadai Pasti Berlaluへの期待は大きくなった。この後ChrisyeはJurang Pemisahアルバムのリリースを中止しこの曲を買い取るようにした。このアルバムは市場では流行らなかったために多数の人たちはこのアルバムはBadai Pasti Berlaluの次にリリースされたものと思っている。このレコードはインドネシアのすべてのラジオ局にいきわたってはいるものの、Chrisyeによると販売は、暖かい鶏糞(すぐに熱が冷めて長続きしない)であった。
同じ年に、ChrisyeとErosとJockieを含む数人のアーティストは二カ月間で映画Badai Pasti Berlaluの音楽を録音した。この映画音楽が1978年のインドネシア映画フェスティバルでCitra賞を得た後、定額でサウンドトラックのアルバムを作るためにIrama Masが彼らに近づいてきた。ChrisyeとBerlian Tutaurukはボーカリストとして21日間でPluitでこのサウンドトラックを録音した。映画と同じ題名を付けてリリースされたこのアルバムはその封筒に映画女優Christine Hakimの写真を掲載していた。このアルバムにはChrisyeの最初の曲Merepih Alamが入っている。発売当初の売り上げは多くはなかったが、Badai Pasti Berlaluのシングル曲が放送されるとアルバムが流行るようになった。

「初期の経歴と映画 1978-1982」
作品Badai Pasti BerlaluにおけるChrisyeのテナーの声はMusicaのアーティストになってほしいと思っていたMusica StudioのAmin Widjajaの心を射抜いた。実は、AminはGuruh Gipsyのリリース以来長いことChrisyeを見守ってきた。Chrisyeは芸術的な自由を与えてくれるならという条件で申し出を受け、Aminはやむを得ずこの条件をのまざるを得なかった。Chrisyeは直ちに彼の金字塔になったSabda Alam (自然の掟)を1978年5月にMusicaで作成した。彼は他の歌手の歌数曲を選び出したり自作の数曲をアルバムSabda Alamに挿入した。Aminが仕事の進み具合を見たいと思っていたが、Chirsyeはそれを許さず、彼はサウンドエンジニアとスタイリストと共に中から鍵をかけたスタジオに籠って録音した。Badai Pasti Berlaluにインスピレーションを受けThe Beatlesが流行らせた多重録音の手法を使った結果生まれたアルバムは8月にリリースされた。TVRIとラジオ局での販売促進宣伝の後、このアルバムはついには販売数40万枚を超えるヒットとなった。
その翌年ChrisyeはJockieと共にPercik Pesonaをレコードで出した。Aminの死後に作られたこのアルバムにはChrisyeの親友であるJunaidi Salat, Jockie, Guruhの書いた歌が含まれている。このアルバムタイトルは彼らが一緒に選んだものであった。このアルバムは1979年8月にリリースされたが音楽評論家と市場で失敗した。Chrisyeは何人かのアーティストと議論した後で、このアルバムの失敗の原因はBadai Pasti Berlaluに似ていたためと悟った。その影響で、しばらく熟考を重ねた末に彼は新しい音楽のタイプを探し始めた。同年5月5日に彼はLCLR Pramborsの審査員になった。
イージーリスニングな影響を受けたロマンチックなポップスが自分に最も合うと決めたあと、Chirsyeは次のアルバムPuspa Indahへの道を切り開いたのであった。Guruh Sukarnoputraが書いた一曲以外のこのアルバムの全曲は彼の作品で英語のTo My Friends on Legian Beachも入っていた。このアルバムに収録されているGalih dan RatnaとGita Cintaは1979年の映画Gita Cinta dari SMAに使われた。この映画ではChrisyeは歌手として短い時間出演している。この映画が流行ってアルバムPuspa Indahも流行り、シングル化されたGalih dan RatnaとGita Cintaも温かく受け入れられた。
1981年にChrisyeはインドネシア映画Seindah Rembulanの中で配役を得た。最初は嫌がったがSys NSに説得されついにはこれを受け入れた。その製作はプロ的ではなくしばしば監督のSyamsul Fuadとそりが合わなかったので、後日彼はこのことを後悔した。同年に彼はその一部をJockieとコラボしたPantulan Cintaを制作した。このアルバムが市場で失敗した後Chrisyeは長い休暇を取ることにした。

「結婚と新しいスタイル (1982-1993)」
追っかけには好かれていたが、Chrisyは1980年初めまでデートはしなかった。しかし1981年の初め、彼はGuruh Soekarnoputraの秘書のGusti Firoza Damayanti Noor (Ynati)に近づいた。ダヤックとミナンを先祖に持つYantiも歌手でありミュージシャンの一家の出身であり、ChrisyeがGuruhを待っているときにChrisyeと音楽の話をしたり、友達の一人となった姉のRaidyを尋ねた時に彼らはまた会ったのであった。数週間Yantiがバリのファイブスターホテルで働いていた時にChrisyeは彼女に同行して、これが正式な結納ではないが彼女がジャカルタに戻ったら結婚するつもりだと述べた。イスラムはイスラム教徒の女性が非イスラム教徒の男性と結婚することを許さないので1982年にChrisyeはイスラムに入信した。1982年12月12日にChrisyeとYantiはパダンの伝統的な儀式で結婚したのだった。
財務状況の悪化に押されて、1983年初めChrisyeはErosとJockieと一緒に新しい仕事を始めた。新しく社長になったAciu Widjajaはかれらに新しい作風が必要であることをアドバイスした。このようにしてChrisyeとDjarot, JockieはThe Policeからのインスピレーションも入れてロマンチックポップスとアートロックを融合させた。このアルバムResesiは1983年にリリースされた。このアルバムは人気が高くレコード35万枚を売り上げ、銀の賞状を受けた。このシングル盤のLennyとHening, Malam Pertamaは数多くラジオでかけられた。
Resesiの後、Chrisyeは1983年にアルバムMetropolitanでErosとJockieと一緒に働いた。New waveに影響を受け、少年少女に対しての噂をたくさん提供したこのアルバムは市場に好意を持って受け入れられ銀の賞状を受けた。シングルのSelamat Jalan Kekasihは最も支配的であった。同年にChrisyeとYantiは第一子のRizkia Nurannisaを得た。翌年ChrisyeとEros, Jockieは多数の社会批判を盛り込んだアルバムNonaのために一緒に働いた。このアルバムは四枚のシングルを生み出しプラチナ賞状を得た。市場ではNonaを良く受け入れたがChrisyeは新しい意見を探すために決心して1984年の中盤にErosとJockieとの協業関係を断絶した。
その後すぐ、Chrisueは若いミュージシャンのAddie MSに近づき、続くアルバムのための支援を要請した。彼らはLilin-lilin KecilとBadai Pasti Berlaluに似たメロディーを使うようにAddieはアドバイスした。出来上がったアルバムのSendiriにはハープやオーボエ、イングリッシュホルン、更には弦楽器のような楽器を伴ってGuruhとJunaidi Salatが書いた歌が盛り込まれている。三枚のシングルを生んだこのアルバムは流行ってChrisyeはBASF Awardを受けた。
1984年の末に、Chrisyeは続くアルバムの制作のために他の若い作曲家、Adjie Soetamaに近づいた。当時はやっていたライトビートで明るいメロディーの影響で彼ら軽くて新しいスタイルを使った。この新曲Aku Cinta Diaの録音は1985年から始まり、Adjie以外にGuruhとDadang S, Manafからの曲の提供を受けた。Aku Cinta Diaは彼らが一緒に演奏したのをAciuが聞いた後、アルバムのタイトルとして選ばれ、この歌はチャンピオンにする価値があると決められた。このアルバムはより多くの感情を必要としたためとても頑固で有名なChrisyeは、彼の妻が色とりどりの舞台衣装を用意しAlex Hasyimが振付師になったのだが、販売促進のためのプロセスに困難した。リリース後Aku Cinta Diaは売り出し後一週間で数十万枚の売り上げがあり、最終的には金の賞状を得た。同年ChrisyeとAdjieはHip Hip Huraを制作し他のコラボのNona Lisaは1986年にリリースされた。この二つのアルバムはAku Cinta Diaに似たビートとメロディーを有していて最初のコラボと同じようではなかったが流行った。1986年3月2日はChrisyeとYantiは娘のRisty Nurraisaを得た。
この三枚のアルバムはよく売れたが、Chrisyeと家族は経済的な困難な中にいて、二回も自家用車を売る羽目になった。結局のところ継続することにしたが、これがChrisyeに音楽界から撤退することを検討させるきっかけになった。1988年にJumpa Pertamaを録音し、翌年に彼はPergilah Kasihをリリースした。後日彼はこの二つのアルバムは美しい感覚への接触感を持っていると述懐していた、題名に使われた曲のPergilah KasihはTito Sumarsonoが書いたものでChrisyeの最初のビデオクリップにも使われた。この金字塔のビデオクリップはとうに―何アジアのMTVで放送された最初のインドネシアのクリップである。
翌年の2月27日にChrisyeとYantiは三人目の双子のRanda PramashaとRavinda Prashatyaを得た。1992年にはChrisyeはKoes Plusの歌で版権を与えられたCintamu T’lah BerlaluのリバイバルカバーYounkyによる曲を配置して録音した。この曲のビデオクリップは東南アジアMTVで放映され、米国MTVで放映された最初のインドネシアのビデオクリップになった。翌年Chrisyeは四カ月間の計画と四カ月間の録音の新しい仕事のSendiri Lagiを録音住めために再度Younkyと共に働いた。このビデオクリップは東南アジアMTVでも放映された。

「Erwin Gutawaとのコラボとコンサート (1994-2004)」
自分自身のコンサートを成功裏に収めた後ChrisyeはErwin Guatamaと何回か働いた。Sendiri Lagiが流行っても1990年の前半にChrisyeはますます見てくれにこだわり若いアーティとを起用する音楽業界からの圧力を受け始めていた。彼は「フィニッシュラインに到達したと感じ」て音楽業界を離れようと決心した。多数のミュージシャンたちは60歳台になるまで人気があるとYantiは言ったのだが、Chrisyeは年配のアーティストたちは新人に追いやられ始めたことに注目した。このうつの存在で、それまでインドネシアのアーティストがソロコンサートを未だ開いたことのないJakarta Convention Center のPlenary Hallで単独コンサートを提示したJay SubyaktoとGauri NastionがChrisyeに近づいた。このホールをファンが埋め尽くすかどうか自信がなかったため、Chrisyeは最初は断った。
Chrisyeがコンサートの開催を提案したErwin Gutawaに紹介された後で何週間もGauriに強く言われて、結局Jay Subyaktoは、このコンサートは経歴を保持する最後の機会になるかもしれないといってChrisyeを説得することができたのだった。資金不足で彼らはスポンサーになってほしいとRCTIに掛け合った。しかしこれは断られて、独立広場でコンサートを開くのが良いだろうと嘲笑された。ChrisyeとSubyakto, Gutawaはこの計画を忘れるためにアーティストグループを集めて練習を始めた。四回目のRCTIの設立記念日に近づいてきて、彼らは喜んでこの彼らのお祝い行事の一部としてコンサートの開催に賛同した。数千枚のチケットは発売後一週間で売り切れてしまった。
単独コンサートは1994年8月19日に行われた。Chrisyeはヒット曲数曲を演奏したとともにGutawaが指揮するフルオーケストラの前でRuth SahanayaとデュエットでMalam Pertamaなどを歌った。後日Chrisyeは100% Indonesiaのコンサートが成功したことを示すためのSendiri(単独)と命名したこのコンサートは開催され、聴衆の子供たちのみならず大人たちは古い曲のみならず新しい曲まで歌詞を理解していたと述懐している。Chrisyeによれば、この件は彼を小さく感じさせたとのことであった。熱い情熱がこのコンサートを成功に至らしめて、Chrisyeは24台のトラックとバスの機材運搬用のコンボイを組んでスラバヤ、スラカルタ、バンドンでコンサートを開いた。これらのコンサートのチケットも完売だった。
単独ツアーに成功してChrisyeはGutawaの指揮のもとで再度マスターレコーディングで最も流行った歌を入れたアルバムを作ることを決意した。Chrisyeの申し出は彼らがオーストラリアのオーケストラを使わなくてはならないという条件を付けてGutawaは受諾した。Aciuも費用は6億ルピアになろうとはいえこのことに賛成した。ジャカルタでの基本録音の後ChrisyeとGutawa, サウンドエンジニアのDany Lisapaliはこのアルバムを仕上げるためにシドニーのStudio 301で二週間を費やした。Philip Hartl Chamber Orchestraは必要な音楽を演奏し、ミキシングとマスタリングもシドニーで行われた。Akusti Chrisyeが1996年にリリースされ市場で成功した。
Akusti Chrisyeの後、Gutawaは、より重い音楽で新しいスタイルを試すようChrisyeにアドバイスした。彼らは続いて、オーストラリアのオーケストラを用いたKala Cinta Menggodaを録音するために共に働いた。しかし、Chrisyeは、アナウンサーのTaufiq Ismailによる第65章Surah Ya Sinを基にした歌詞を与えられたKetika Tangan dan Kaki Berkataの曲を録音するのに実際に困難を感じていた。この歌を歌おうとするとChrisyeは突然泣き出してしまうのだった。最終的に、オーストラリアに出発する前日に彼はYantiの支援のもとでこの曲を仕上げることができた。10月11日、ChrisyeはジャカルタのPesta Olahraga Asia Tenggara 1997 (1997年東南アジアスポーツ祭)の開会式でIndonesia Perkasaを歌った。この曲はこの催し物のために書かれたものであった。翌月にChrisyeはKala Cinta Menggodaを発表した。Dimas Diayadiningratが監督したKala Cinta Menggodaのビデオクリップは1998年9月10日に東南アジアMTVビデオミュージックアワードを勝ち取り、Chrisyeはユニバーサル・アンフィシアター (改称後はGibson Anphitheatre)での授賞式のためにロスにわたった。
1999年にChrisyeは、もともとのアルバムはすでに十分と感じてはいたものの、Musicaの許可の元、アルバムBadai Past Berlaluの再録を始めた。このアルバムのためにもGutawaと一緒にやったのであった。Badai Pasti Berlaluとそのまま名付けられたこの新しいアルバムは製作と販売に8億ルピアの費用が掛かった。この費用の大部分はオーストラリアの別なオーケストラを探すのに必要とされたものであった。発売後このアルバムも流行し数か月の間に35万枚も売れた。このレコードの販売促進としてChrisyeはJakarta Convention CentreのPlenary HallでBadaiと名付けたコンサートを開催し、Chirsyeは全インドネシア各地でステージ活動をする多数の申し出を得ることができた。Kompas紙とのインタビューによると、この時Chrisyeは袋小路に迷い込んでしまったと感じ、彼は現存する全種類の音楽を試していたとのことである。しかしながら、彼は東ジャワ州のSidoarjoで2000年6月19日に開催された第15回国民体操週間の開会式でIndonesia Perkasaを歌ったことを含めて歌手としての行動をそのまま続けたのであった。
2001年にChrisyeは二曲の新曲と古い曲を入れたアルバムKonser Tur 2001をリリース。Setiaのビデオクリップは、ぴちぴちの服を着た女性のシーンがあることで物議を醸しだした。それから間もなく、1940年代を代表するIsmail MarzukiのKr. Pasar GambirとStambul Anak Jampangから1990年代を代表するAchmad DhaniのKangenまでChrisyeはインドネシア独立以降最も大切であると思われる歌をリバイバル録音した。このアルバムにはJikustikのPongkyがこのアルバムのために書き下ろした一曲とSophia Latjubaとのデュエット二曲が含まれていた。制作されたアルバムDekadeは2002年にリリースされ2003年10月までに35万枚を売り上げた。2002年12月15日にChrisyeは2002年のバリ爆弾事件の犠牲者支援のためにkartika Beach PlazaでのWorld- Voices of Starsをバリでのコンサートで支援した。これにはMelly Goeslaw, Gigim Slank, Superman is Deadが協賛した。2004年7月12日にChrisyeはPlenary HallでDekadeと名打った三回目のコンサートを開催した。アルバムDekadeの曲とSophia Latjubaとのデュエット曲とSakuraでFariz RMとPengalaman PertamaでA. Rafuqの数人のオリジナルの歌手が参加したこのコンサートにはGutawaオーケストラもコンサートに出演した。Chrisyeはその後、最後のスタジオアルバムとなったSenyawaの作成に入った。Project PopとUngu, Peterpanを含むほかのインドネシアアーティストたちとの共同作業をして、彼もこのアルバムのプロデューサーになってGutawanを交替させた。Project Popと共にBur-Katはラップを歌った最初の仕事になった。2004年11月に売り出されたこのアルバムは市場から暖かい賛辞を得た。しかしSony Music Entertainment Indonesiaはアルバムのカバーに彼らのアーティストの名前を書くのを拒否した。それゆえ、Senyawaは回収されてこれらの名前なしで再リリースされた。

「ガンと死去(2005-2007)」
2005年7月にChrisyeは呼吸困難のためPondok Indah病院に搬送された。13日間の治療の後シンガポールのMount Elizabeth病院に転院しそこで肺がんに罹患していることを告げられた。彼のイメージの一部である長髪がなくなることを心配することもなく2005年8月2日を最初として六回の化学療法を行った。
2006年に入るとChrisyeの健康状態は改善を見せ、Alberthiene EndahがChrisye, Sebuah Memoar Musikalと題した一代記を書いた2006年の5月と11月にはAlberthieneとの長いインタビューに答えられるまで回復した。彼はChrisye by RequestとChrisye Duetsの両アルバムを作成したが、新曲を作るのには健康状態が十分でないと感じていた。しかし2007年2月に肉体的状態が再び悪くなった。
2007年3月30日の4:08に南ジャカルタCipeteの自宅で没した。同日TPU Jeruk Purutに彼は埋葬された。この埋葬にはErwin Gutawa, Titiek Puapa, Ahmad Alber, Sophia Latjuba, Ikang Fawziを含め数百人が参列した。この埋葬は一人は捕まったが数人のスリの行為で汚された。
Chrisyeの百箇日にMusicaは複合アルバムを二枚出した。Chrisye in Memoriam-Greatest HitsとChrisye in Memoriam – Everlasting Hitsのアルバムには一枚当たり彼のMusicaとの契約中に作った14曲が入っている。2008年8月1日にAryono Huboyo Djatiが書いたChrisyeの最後のシングルLirihが発売された。この曲は秘密にされていて収録日は分かっていない。Djatiによるとこの歌は余興として吹き込まれたものとのこと。Vicky Sianiparの監督によるAirel PeterpanとNidjiのGiring Ganesha、Chrisye夫人の入ったビデオクリップが後日リリースされた。

スタイル
JockieによればChrisyeがLilin-Lilin Kecilの収録に選ばれた一つの理由がこの曲に使われたキーボードとぴったり合うやわらかな音色をもった特別な声の持ち主であり、JockieはChrisyeの声はソフトな音楽と混ぜた時にダイナミックさがなくなってしまうことを感じていたため、彼はアルバムJurang Pemisahにロックのリズムを導入したとのことであった。Erwin GutawaはChrisyeの声をなんにでも使うことができる何も書いていない一枚の紙と評した。雑誌Gatraの投稿作家はChrisyeのステージスタイルは動きが極めて少ないので硬直した感じであったと述べている。Chrisyeは自分自身で舞台衣装を選び時々は新しい色とデザインの衣装にトライした。彼のミュージックビデオでは一種類の服だけを好んで着ていて、Kompasに対して、どぶに落ちたら着替えるだけだと語った。

遺産
Chrisyeは幾人かのジャーナリストから「伝説の」歌手と呼ばれた、2007年に雑誌Rolling Stone IndonesiaはBadai Pasti Berlaluを時代を超えた最高のインドネシアアルバムとして選択した。Chrisyeの三枚のアルバムもこの中に入っている。Sabda Alamは51番目、Puspa Indahは57番目、Resesiは82番目だった。Guruh Gispyは第二回目に入っている。これに後で時代を超えた最高のインドネシア曲での五曲選挙が続いた。(Lilin-lilin kecilは13番目、Kidungは26番目、Merpati Putihは43番目、Anak Jalananは72番目、Merepih Alamは90番目)。 Guruh GipsyのIndonesia Maharddhikaは59番目に入っている。2011年に彼らはChrisyeを三番目のインドネシアベストシンガーとして呼ぶようになった。Eros DjarotはChirsyeはたぐいまれな声を持っていたが、常に恥ずかしがって社会の噂を晴らすことに熱心ではなかった。
Asosoasi Industri Rekaman Indonesia(インドネシアレコード産業協会)のデータによると1977年のBadai Pasti Berlaluは1977年から1993年の間に900万枚に達する二番目に多い売り上げのアルバムであった。1990年におけるPergilah Kasihのためのミュージックビデオは香港のMTVで放送された最初のインドネシアのビデオクリップであり、Video Musik Indonesiaのの催し物ではSendiri Lagiが時代を超えた最高のビデオクリップであった。
Vina PanduwinataとAhmad Albar, D(Connamons, Sherina Munafなど多数のインドネシアアーティストがChrisyeの20曲をジャカルタのRitz CarltonホテルでChrisye: A Night to Rememberのコンサートで歌った。このコンサートも彼の子供たちや妻からの証言が入っていた。このコンサートチケットは売り切れになった。
Alberthiene Endahは二冊のChrisyeの一代記を書いた。一冊目は2007年に出版されたChrisye の幼少期と経歴、ガンとの闘病についてのChrisye: Sebuah Memoar Musikalであった。二冊目は2010年に出版されてChrisyeの晩年を描いたThe Last Words of Chrisyeであった。

表彰
Chrisyeはその経歴の中でたくさんの表彰を受けた。1979年に彼は国軍放送・愛される男性歌手の1番に選ばれた。アルバムSabda AlamとKu Cinta Diaでは金賞をHip Hip HuraとResesi, Metropolitan, Sendiriでは銀賞に輝いた。
Chrisyeは1990年代中盤までにベストセラーになったアルバムでコンパクトカセットテープメーカーのBASFが行ったBASF Awardを三回受賞した。最初はSendiriで1984年に受賞、その後1988年にはJumpa Pertamaで、最後は1989年にPergilah Kasihであった。彼はインドネシア音楽界への音楽提供のためBASF Lifetime Achievement Awardを1994年に受賞していて、同年に最優秀レコード歌手として評価された。1997年にかれは最優秀男性ポップス歌手でAnugerah Musik Indonesia(インドネシア音楽賞)の評価を得た。翌年にはアルバムKala Cinta MenggodaがアルバムTermaikを含めた九つのインドネシア音楽賞を獲得しChrisye自身も最優秀男性ポップス歌手、最優秀レコード歌手、Gaurissに最優秀グラフィックデザイナーに評価された。2007年に彼が亡くなった後、彼はSCTVの最初のLifetime Achievement Awardを受賞し、息子のRistuがそれを受け取った。

プライベートライフ
現在Air Asia Indonesiaの社長になっているAciu WidjajaはChrisyeがシンプルな人であったと言っていた。彼とChrisyeと他の数人が海外に行ったある時、贅沢な服を買わなかったり世界的レストランを探そうとしなかったのはChrisyeだけだった。Chrisyeは実際にフートドコートで食事をとり、快適な服を買っただけだった。彼の一代記にはChrisyeが結婚するまではしょっちゅうテント屋台で食べていて人がそれを軽蔑するのにしょっちゅう困っていた。Guruhはアルバムの計画を立てていた時にChrisyeがピアノの下でもどこでも寝ることができたと述懐していた。
彼がYantiと結婚してからYantiは主婦業に専念するために歌手を止めた。子供ができた後子供を学校に送っていったりして家族と共にする時間を作ろうとはしたのだが時々Chrisyeはステージとレコードづくりのために忙しすぎて彼らと共にする時間が取れなくなった。1992年のインタビューの時Chrisyeは自分の子供たちは親の仕事の圧迫を感じていたので両親のようなアーティストになるつもりはないと語った。

ディスコグラフィ
芸能生活の間Chrisyeは33枚のアルバムを出した。これらにはGuruh Gipsyとのものが一枚、スタジオアルバムが21枚、サウンドトラックが2枚、複合アルバムが9枚だった。すべてのソロアルバムはSabda Alam以降10万枚以上を売り上げた。1992年のコンパス紙のインタビューでChrisyeはアルバムの販売促進のための圧迫のためかアルバムを収録するたびに病気になると言っていた。
Chrisyeは多数のシングル盤も出していてそのうちいくつかは映画のテーマ曲になった。Pengalaman Pertamaは映画Genteng-genteng Kok Monyetに使われ、アルバムBadai Pasti BerlaluのCintakuはリマスタリングをして映画Gadis Penaklikに、Seperti Yang Kau Mintaは映画 Disaksikan Bulanに用いられた。

Guruh Gipsyとの共演
1976 – Guruh Gipsy
スタジオアルバム
1977 – Jurang Pemisah
1978 – Sabda Alam
1979 – Percik Pesona
1980 – Puspa Indah
1981 – Pantulan Cita
1983 – Resesi
1984 – Metropolitan
1984 – Nona
1984 – Sendiri
1985 – Aku Cinta Dia
1985 – Hip Hip Hura
1986 – Nona Lisa
1988 – Jumpa Pertama
1989 – Pergilah Kasih
1993 – Sendiri Lagi
1996 – AkustiChrisye
1997 – Kala Cinta Menggoda
1999 – Badai Pasti Berlalu
2002 – Dekade
2004 – Senyawa

サウンドトラックアルバム
1977 – Badai Pasti Berlalu bersama Badai Band
1980 – Seindah Rembulan bersama Iis Sugianto

コラボ作品
Friends On Legian Beach
1980 – Selangkah ke Seberang – album studio Fariz RM. Mengisi bass pada lagu Mega Bhuana
1981 – Bayang Pesona – album studio Harry Sabar. Mengisi bass pada seluruh lagu
1981 – Beri Kesempatan – album studio Keenan Nasution. Mengisi vokal dan bass pada lagu Beri Kesempatan
1981 – Lomba Cipta Lagu Remaja 1981 – album kompilasi hasil Lomba Cipta Lagu Remaja Prambors Rasisonia. Mengisi vokal pada lagu Nyanyian Cinta Dari Seberang
1984 – Cinta Indonesia: Pergelaran Karya Cipta Guruh Soekarnoputra Volume 3 – album kompilasi hasil karya cipta Guruh Soekarnoputra. Mengisi vokal pada lagu Seni
1984 – Emansipasi – album studio Andi Meriem Matalatta. Sebagai pencipta lagu Dilema bersama Eros Djarot dan Jockie Soerjoprajogo
1986 – Cinta – album studio Vina Panduwinata. Sebagai pencipta lagu bersama Adjie Soetama pada lagu Cinta. Lagu ini direkam ulang oleh Chrisye untuk album mini Cintamu Telah Berlalu
1986 – Aku Tetap Cinta – album studio Utha Likumahuwa. Sebagai pencipta lagu Malam Ini bersama Bagoes AA. dan lagu Kenanganku bersama Adjie Soetama
1987 – Golkar Pilihanku! – album kompilasi persembahan Eddy Sud & Artis Safari untuk kampanye Golkar di Pemilu 1987. Mengisi vokal pada lagu Aku Cinta Golkar
1987 – Lomba Cipta Lagu Pembangunan 1987 – album kompilasi. Mengisi vokal pada lagu Doa Anak Negeri
1988 – Kemesraan – album kompilasi yang dinyanyikan oleh artis-artis Musica Studios. Mengisi vokal pada lagu Kemesraan bersama Iwan Fals, Betharia Sonata, Rafika Duri, Itang, Jamal Mirdad, Etrie, dan Nani
1989 – Tak Kuduga – album studio Ruth Sahanaya. Sebagai pencipta lagu bersama Adjie Soetama pada lagu Selamanya
1990 – Hening – album kompilasi yang dinyanyikan oleh artis-artis Musica Studios dengan spirit senada melanjutkan sukses album Kemesraan. Mengisi vokal pada lagu Hening bersama Rafika Duri dan Trio Libels
1990 – Kidung – album kompilasi yang dinyanyikan oleh artis-artis Musica Studios dengan spirit senada melanjutkan sukses album Hening. Mengisi vokal pada lagu Kidung bersama Rafika Duri dan Trio Libels
2001 – Bung Karno, Penyambung Lidah Rakyat Indonesia – album kompilasi yang diedarkan secara khusus dalam rangka memperingati 100 tahun Bung Karno. Mengisi vokal pada lagu Indonesia Perkasa, Chopin Larung, dan Terima Kasih Indonesiaku
2005 – From Us to You – album kompilasi hasil karya Titiek Puspa. Mengisi vokal pada lagu Marilah Kemari, dan Hidupku Untuk Cinta
2006 – Slalu, Untuk Sahabat Peterpan – album karaoke Peterpan yang ke-2 edisi film Alexandria. Mengisi vokal pada lagu Menunggumu
Album Kompilasi anurmeta[sunting | sunting sumber]
2018 - Kidung Abadi

シングル
•Thala'al Badru Alaina (2006)
•Shalawat Badar (2006)
•Lirih (2011)
•Rindu Ini (2020)

フィルモグラフィー
•Puspa Indah Taman Hati 1981 sebagai Cameo
•Gita Cinta dari SMA 1981 sebagai Cameo
•Seindah Rembulan 1981

ビデオクリップ
•Jangan Janji (2000) (Album Tu Wa Ga Pat) sebagai Cameo
•Dara Manisku-Lirikan Matamu (2002) (Album Dekade) sebagai Cameo

テレビ広告
•Sarung Atlas (Testimoni) (2001)
•Hula Hula Campina (hanya jingle lagu Album Hip Hip Hura) (2011)

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Chrisye

Cindy Claudia Harahap
歌手・女優
Cindy Claudia Harahapはジャカルタで1975年4月5日生まれ。
彼女はインドネシアの映画女優である。Cindyは1970年代に有名であったRinto Harahapの娘である。

経歴
Cindyは1992年にリリースしたアルバム Aku Tak Mau Lupaで知られるようになった。その後アルバムAku Sayang Kamu, Mengapa Harus Berpisah, Kunagn-Kunang, Rasa Cinta, Aku Milikmuを続けて出した。

歌手以外に、親友のTamara Bleszynskiも映画に出演したことがある。この三人の長女をスターダムに押し上げた映画にはBidadari Yang TerlukaとBunga, Bayangan Adinda, Tauke Tembakau, Arisan! (The Series)がある。

個人の生活
CindyはThariq Mahmud Ebenと1998年7月4日に結婚した。この二人の間にはSabrina Aisha Putri, Abriel Omar Syarief, Kirana Shaskia Putriの三人の子供がいる。

アルバム
Aku Tak Mau Lupa (1992)
Aku Sayang Kamu (1993)
Mengapa Sampai Berpisah (1996)
Kunang-kunang (1997)
Rasa Cinta (1998)
Aku Milikmu (1999)

フィルモグラフィー
映画
Gelas Gelas Kaca (2016)

連続ドラマ
Bidadari Yang Terluka
Bunga
Bayangan Adinda (2002)
Tauke Tembakau
Arisan! (The Series)

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Cindy_Claudia_Harahap

目次に戻る  PopIndoの目次に戻る   Dのアーティストへ

2020/12/19 作成
2021/09/02 修正

 

inserted by FC2 system