嗚呼、インドネシア
第91話インドネシアの懐メロ
アーチスト編
Group B

Group-Bには以下のアーチストが含まれます。
Benny Panjaitan
Bartje Van Houten
Bebi Romeo
Beni Ashar
Betharia Sonatha
Bill & Brod
Bimbo
Bob Tutupoli
Broery
Budi Doremi

Benny Panjaitan
歌手・作曲家
Benny Panjaitanは北スマトラ州Tarutungで1948年9月14日に生まれ、タンゲランで2017年10月24日に没した。享年69歳。
インドネシアの歌手であり1969年に設立された音楽グルーブPanbersのメインボーカルであった。

経歴
Benny Panjaitanの正式名はPorbenget Mimbar Mual Hamonangan PanjaitanでPanjaitan Bersaudara (Panbers)の構成員として知られている。Panbersは1969年にスラバヤで設立された。
ボーカリストとリズムギター担当以外に、Benny PanjaitanはPanbersの原動力であった。Panbersが流行らせた歌のほぼすべてがBenny Panjaitanの作品である。The BeatlesにおけるJohn LennonやQueenのFreddy Mercury, Rolling StonesのMick Jaggerの役割と同様であった。インドネシア的スケールではGod BlessのAchmad Albar, Soneta GroupのRhoma Iramaに匹敵する。彼は戦争時の避難先で生まれた。母親はメダンから避難するときに二人目の子であるBennyを身ごもっていた。Siantarを通って着いた先のTarutungがBennyの出生地である。Palembangに15歳まで住んでいた時、10年間ドイツ人のインストラクターの下で10年間サッカーを習っていた。彼は前の父親がボール遊びが好きであったと妄想した。球技以外に彼はギターとキーボードの演奏に習熟した。Bennyは意志が固く、たくさんの希望と意思はそれを実現しなくてはならないと考えていた。こうではあったが、彼は弟や妹たちにこれらの方針を伝えた。弟や妹たちは一緒に音楽のレッスンに参加したが、最終的には全員が独学で楽器演奏を習得したのであった。
レコーディングのオファーが彼のところに来た時、彼は既にSekolah Tingg i Teknik Nasionalナショナル技術高等専門学校(現在のISTN Jakarta)の大学生であった。父親がいつも学校だけは卒業しなくてはならないといっていたので彼は逡巡した。この機会を無駄にしたくないと、彼は父親の許可を貰おうとした。父親は職業選択の自由を与えたが、その条件は学校を中退してはならず、その仕事で生きていかなくてはならないというものであった。彼らは責任をもってこれを承諾した。最終的には難しい時間配分の下で、彼らは音楽市場で大成功したAlbum Iを出すことに成功した。彼らはすぐに、すでに第三回目のアルバムを出したKoes Plusの新しい競争相手になったのであった。

抑うつ的性格
作品から見て、音楽評論家はBennyが感傷的というよりも抑うつ的な正確であると指摘した。ほぼすべの作品は色濃い悲しみ、叙情的でロマンチックな恋愛物語として知られている。最大のヒット曲Awal dari Cintaから彼ら最後のヒット曲Cinta dan Permataに至るまで、BennyとPanbersはメランコリックな甘いポップスから抜け出すことはなかった。Panbersの曲、正確にはBennyの作品は、70年代の限界ぎりぎりの人の声だった。資本主義の世界で「取引」をしようとする典型的な境界ぎりぎりの人間は誠実さと愛を題材にせざるを得なかった。恋人を失い、新興勢力(OKB=Orang Kaya Baru)との争いの本物の敗退を原因とする貧しい男の肖像なのである。

作曲に対するBennyの哲学
作曲についてBennyは極めて選択的であり、最初の曲から他の曲との間のメロディーの相似性はなかった。彼はメロディーは少しだけ似ててもすべてはそうとはしない方針を持っていた。一つ二つのバーなら許せるが、六つ目になると羞恥心を感じた。その理由でPanbersの歌はその多くが永遠になったのは、他の曲と似ていなかったからだ。作曲において彼は作詞を先に行いメロディーは後で付けた。歌詞の部分が魂で曲は肉体であった。

この伝説的グループはBenny Panjaitanの多数理想とすごい感覚の作曲家としてのとびぬけた資質を十分認めた。この話はPanbersだけではなくIndah PermatasariやDeddy Doresのアルバムがその証拠となっている。

死去
Benny Panjaitanは2017年10月24日にバンテン州タンゲラン市のCiledugにある自宅で69歳で、彼を車椅子生活にした2010年以来患ってきた脳梗塞で死去した。死去する二日前とはいえ、Benny Panjaitanは自分の死期を語った。しかしこの話をBenny家族はすぐに否定している。

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Benny_Panjaitan 
+++++++++++++++++++++
Panbersに関してはこちらをご覧ください。

Bartje Van Houten
ミュージシャン
Bartje Van Houtenは1950年2月21日生まれで2017年5月5日に西ジャワ州BogorのSentulで没した。享年67歳。
Bartje Van Houtenはインドネシアのミュージシャンであり、1970-1980年代に有名であったD'Lloydバンドの一員であった。

Bartje Van HoutenとD'Lloydの最期
Bartjeの訃報は先輩ミュージシャンのKadri Mohamad Sutan BandaroがFacebook上で「訃報。Bartje Van Houtenは2017年5月5日13:30に昇天した」と書き込んだことから知られるようになった。

Bartje van Houtenの妻Titiek Bartje VBはこの訃報を是認した。話によると、Bartje van HoutenはSentulの自宅で亡くなったとのこと。彼女は10時頃に隣人から夫が病院に運ばれたという情報を受けた。彼女はすぐに病院に駆け付けたが、夫はすでに亡くなったと医師に告げられた。彼女がSentulに向かっているときにLiputan6.comから連絡を受けた。Titiek自身はBartje van Houtenの死因を確証できず、分かる限りではBartjeは危険視される病歴は有していなかったとのこと。

5月5日のBartje van Houtenの死去はD'Loydバンドを記憶にのこすだけにした。こうではあるが、D'Loydは我が国の音楽界で永遠の存在である。自分のグループのためにたくさん作曲した以外に、他の歌手のためにも多数作曲した。1970年代中盤にBartjueはEddy Silitonga, Ade Manuhutu, Arie Koesmiran, Melky Goeslaw等のソロシンガーのために多数の曲を作った。Mengapa Ada Dia Antara Kitaは1982年にRano Karnoが歌った。音楽界でBartjeは若いシンガー達の門戸を開いた人として知られている。その中のひとりがポップシンガーのMayangsariであった。
Bartjeが息を引き取ったことはD'Loydの魂もなくなってしまったということである。現在、かれらの曲名にあるようにD'LoydはCinta Hampa「空っぽの愛」の賛美歌をお気に入りにしてしまったのである。
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Bartje_Van_Houten
 主な作品
Akhir Cinta
Gereja Tua
Terlambat Sudah
Cinta dan Permata
Indonesia My Lovely Country
Tabahkanlah Hatiku

Bebi Romeo
歌手
Bebi、本名Virdy Meganandaはジャカルタで1974年9月6日生まれ。
彼はインドネシア人のミュージシャンであるとともに歌手でもある。BebiはRomeoバンドのボーカリストであり、それゆえBebi Romeoと呼ばれている。

経歴
Bebiの名はRomeoのBunga TerakhirでのRomeoの成功に伴い急上昇した。Romeoに参加する前は、Bebiは音楽グループBimaの一員であった。RomeoとともにBebiはRomeo (1999), Wanita (2002), Lelaki Untukmu (2006)をリリースし、2005年にはソロアルバムLagu Tentang Cintaをリリースした。

RomeoのドラマーのBimboと一緒にアルバムRomeoに収録されたBunga Terakhirのように、自分の音楽グループのために作曲する以外に、Krisdayantiが歌うMencintaimuやAri LassoによるPerbedaan、Dewa 19のDhaniとともに作ってChrisyeが歌ったAndai Aku BisaのようにBebiは他の歌手のための作曲も行うようになった。

BebiはAfgan Syah Rezaが歌ったBukan Cinta Biasaの作曲家になった。2009年6月末にこの歌はマレーシアの電話会社にハイジャックされた。それ以降この問題は裁判で係争中である。

プライベートライフ
BebiはMeisya Siregarにまだ恋人がいた時に彼女と恋に落ちた。両親の祝福を得ずにMeisyaも恋人としてBebiをものにした。かれらの恋人関係で、Meisyaは結婚することを熱望したが、Bebiによると結婚というものは恋愛の頂点であるからじっくり考えねばならないとのことであった。これを複雑と感じてMeisyaはBebiを捨てて前の恋人と2001年に結婚した。Bunga TerakhirとKenanglahの両曲はMeisyaへのBebiの愛の誠実さの形となのである。一年半後Meisyaは離婚してBebiの腕の中に戻った。Bebiは彼女と最終的に2004年12月14日に結婚した。彼らは2005年8月25日に娘Lyrics Syabila Mu Saqeenaを授かった。その後次女のSong Luisa Muhadijahを2010年9月25日に授かった。三人目の子供のMuhammad Bambang Ar Raaybachは2016年11月25日に生まれた。

ディスコグラフィー
Bimaのボーカリストとして
Sebuah Awal (1997)

Romeoのボーカリストとして
Romeo (1998)
Bunga Terakhir (1999)
Wanita (2002)
Lelaki Untukmu (2006)
Bukan Shalawat (2008)

作曲家とソロシンガーとして
The Singer-Songwriter (2005)
Bebi Romeo Various Artist (2011)
Bebi Romeo Mega Hits (2012)
Bebi Romeo Masterpiece (2012)
Bebi Romeo Signature (2015)

https://id.wikipedia.org/wiki/Bebi_Romeo
 【編者註】
この人は懐メロ関係者ではなかったが、せっかく和訳したので掲載しておく。

Beni Ashar
作曲家
誕生から死亡: 不明 
主な作品
Hetty Koes Endangが1988年に歌ったBerdiri Bulu Romakuである。

Betharia Sonatha
歌手
本名Sri Betharia Sonathaは1962年12月14日バンドンで生まれた。
彼女はインドネシア人歌手であり映画女優でもある。

経歴
親しみを込めた呼び方のBethaは1990年代のヒット曲となったHati Yang Lukaをヒットさせたことで有名になった。この歌はアルバムHati Yang LukaのGolden Kase HDXを呼び寄せることになった。ファンタスティックなこのアルバムの後、BethaはSeandainya (1995), Memoriku Di Karaoke (1997), Best of Betharia Sonatha Karaoke (1999), Melayu Deli Betharia Sonatha (1999), Platinum 22 Best of Betharia Sonatha Volume 002 (2003)を出した。歌手としてステージに降りてからは、Betharia Sonathaは30枚のソロアルバムを出した。彼女はこれまでの疲労困憊の代償として毎年一億ルピアの印税を楽しんでいると語った。Golden Kaset賞以外にBethaは7つのGolden Recordを獲得している。そのアルバムはMusica Studioで作成されたものである。

歌を歌う以外に、イスラム教徒のBethaは映画Kamus Cinta Sang PrimadonaとBiarkan aku Cemburuに出演している。俳優のWilly Dozanと離婚した後、BethaはFTVのDidi Petetと共演したPak De (2007)に主役として出演した。

プライベートラフ
BethaはWilly Dozanと結婚した。彼らは正式に2002年8月に離婚した。この二人からMohammad Leon Rahman DozanとNabil Rahman Dozanの二人の子が生まれた。Bethaは10歳年上の実業家と再婚してイタリアに住んでいる。この事実は2005年に知られるところとなり、二年間内縁関係が続いていたと語った。

ディスコグラフィー
Kau Tercipta Untukku (1981)
Pop Minang Vol. I (1981)
Pop Minang Vol. II (1981)
Kau untuk Siapa (1982)
Lagu Pop Indonesia Vol. III (1982)
Aku Ingin Cinta yang Nyata (1983)
Kau Sungguh Kejam (1984)
Butet (1984)
Pop Minang Vol. III (1984)
Ito Haholongan (1984)
Hati Seorang Wanita (1985)
Pop Jazz Ambon (1985)
Dia Madu Cintaku (1985)
Yang Selalu Kusayang (1986)
Hati Yang Luka (1987)
Langgam Romantika (1988)
Pilih yang Mana (1988)
Tinggal Mimpi (1988)
Bossanova Serie 1 (bersama Ireng Maulana, 1988)
Kau Salah Sebut Namaku (1990)
Jangan Ingin Menang Sendiri (1990)
Tasingot Au Inang (1990)
Biar Ku Sendiri (1991)
Biarkanlah Dia Pergi (1991)
Satu Tanda Tangan (1993)
Nasib Si Bari-Bari (1993)
Sami Sami (1993)
Tak Mungkin Lagi (1994)
Seandainya (1995)
Uda Zainuddin (1995)
Memoriku di Karaoke (1997)
Nostalgia (1997)
Nostalgia Dendang Melayu Terpopuler (1997)
Nostalgia 2 (1998)
Si Buyuang Kini Lah Gadang (2005)

フィルモグラフィー
Film劇場映画
Biarkan Aku Cemburu (1988) (bersama Nicky Astria dan Dede Yusuf)
Pengantin Cantik (2010) (bersama Jessica Mila dan Tora Sudiro)

Sinetron 連続ドラマ
Cintailah Daku
Terpikat
Boneka Poppy
The Lajang
Indera Keenam
Kalau Cinta Jangan Marah
Sejuta Rasa Sayang
Wah Cantiknya 2
Ciuman Pertama
Kehormatan 2
Wong Cilik
Bulan dan Bintang
Gebetan Baru
Kolor Ijo
Jamilah Binti Selangit
Pinokio dan Peri Biru
Mertua dan Menantu (2010)
Benih Cinta (2011).

https://id.wikipedia.org/wiki/Betharia_Sonata

Bill & Brod
1980年代にSingkong dan KejuとMadu dan Racunで人気を博したバンド。
詳しくは分からないが、リーダーのArie Wibowoについてはこちらを。

ディスコグラフィー
Bill & Brod Album ke 3 (1988/8)
Madu dan Racun
Singkong dan Keju
Astaga
Kodok Pu Ikut Menyanyi
Harap Maklum
Lho
Api Unggun
Ida Ayu Komang
Pragawati
Selamat Tinggal Masa Suram
Bibir dan Hati
Dari Hati Ke Hati
Tertawalah
Tawa dan Air Mata
Cinta dan Badai
Inspirasi Manisku
Kau yang Terbaik
Petualang Cinta
Kadal dan Buaya
Jangan Bilang Siapa Siapa

Bimbo
1967年に初めてこのグループが結成された。このグループはTVRIのHamid GrunoによってTrio Bimboと名付けられた。このトリオはConsuelo BelazquezのベサメムーチョとElpido Ramirezのマラゲーニャサレロサを演奏した。
1969年にTrio BimboはMelati dari JayagiriとFlamboyan を含んだIwan Abdurahmanが書いた数曲をRemacoに提出した。一年後にTrio Bimboはポリドールからデビューアルバムを出した。このアルバムにはIwan AbdurahmanとTonny KoeswoyoのPinang MudaとMelati dari Jayagiri、Berpisah、Flamboya、Manis dan Sayang、Pengembaraが収納されている。このアルバムには世界的ヒット曲になったLight My FireとOnce There was a Love、Cecilia, El Condor Pasa、I Have Dreamed、Wichita Linemanも含まれている。Trio Bimboはスラバヤ出身のサキソフォン奏者のMaryonoの援助を得た。インドネシアでは彼らのアルバムは Remacoによって販売された
1970年代初期、RemacoはTrio Bimboのアルバムをリリースした。このアルバムに入っている歌は Iwan AbdurahmanのBalada Seorang Kelanaと Angin November、A. RiyantoのSuny、KoeswandiのBunga Sedap Malamである。
Trio BimboはLinが参加した後で1973年に改名した。この間、Trio Bimboはキーボード奏者のIndra Rivaiとベース奏者の Iwan AbdurrachmanとドラムのRudy Suparmaを迎えた。

+++++++++++++++++++++++
Bimboは1967年前後にバンドンで組織された音楽バンドである。このメンバーはSam Bimboの実の兄弟のAcil BimboとJaka Bimboである。後日グループの発展中に彼らの妹のIin Parlinaが追加された。彼らは恋の歌を歌っている。歌の中ではひげや手、目の問題から始まり義父母まで冗談めかしている。しかし、BimboはTuhanという歌を通じて神についても語っている。

幼少期
Raden Dajat HardhakusumahとOeken Kenranとの間で花の都のバンドンで彼らは生まれた。長男のSamは小さい頃から歌うのが好きであった。これに歌うのが大好きな弟妹たちも同調した。1950年代の中盤、SamとAtjil (後日綴り方の変更でAcilとなった)は以前に当時インドネシアで有名であった歌手のSam Saimunのファンであった。1950年代終盤に差しかかり、Elvis Presleyの歌がインドネシアに入ってきた。当時まだ青年だった彼らはエルビスプレスリーに染められてしまった。その前から、seriosa ala Pavarottiの真似をして彼らはエルビス調のロック音楽に影響を受けた。

経歴
「The Alulas」
1950年代の終盤にまだ高校生だったSamと弟のAtjilはバンドンでThe Alulasというバンドを結成した。1959年にはこのグループにいた友人のJessy Wenasの支援を受けて、バンドンのHotel Homannで行われたバンドフェスティバルで優勝した。

「Aneka Nada」
高校卒業後、1950年代中盤から1960年代にかけて、彼らは真剣に音楽の経歴を積み重ねた。1962年に彼らのバンドはBand Aneka Nadaに名称変更した。SamとAtjilはボーカリストになった。彼らは初代インドネシア大統領の息子のGuntur Sukarnoputraとたまたま学校(ITB)が一緒だったために参加した。その当時のAneka NadaのメンバーはSam (ボーカル)、Atjil (ボーカルとギター)、Guntur Sukarnoputra(ギター)、Iwan (ベース)、Jessy Wenasはギターとボーカル、Indradi(ドラム)、Memet Selamet (ボーカル)担当であった。Aneka Nadaはトリオ・ロン・パンチョスのようなチャチャのリズムのラテンアメリカの曲をたくさん演奏した。ロック調の洋楽も少しは演奏したが、当時、不快な音楽が禁止されていたためそれほど多くはなかったのである。このバンドではSoloのLokanantaで録音されたKampungkuが最初の録音である。この歌Kaguはバンドンやほかの国内諸都市のRRIで後日放送された。この時にバンドメンバーの変更があり、Iwanが脱退し、IndradiとDodoが参加した。

「Aneka NadaジュニアとYanti Bersaudara Trio育成」
同時期にSamも弟のDjakaとDjakaの中学校当時の同級生の友達Iwan Abdrachmanの援助を得て Aneka Nadaジュニアバンドを育成していた。SamはYaniとTina, Iinの妹たちをYanti Bersaudara Trioで歌うように訓練した。このトリオは1960年代の後半にAbunawasのような曲で流行に乗った。

「Aneka nadaの解散」
Yanti Bersaudaraが栄華を極めると同時にAneka Nadaは解散した。彼らの間の将来ビジョンの違いがバンドの継続を許さなかったためである。SamとAtjilはしばらくこの真空期間に置かれた。一方Yessy (旧綴りではJessy) WenasとGuntur Sukarno、Dodo, Memet SlametはKwartet Bintageという名で新しいバンドを結成した。このバンドはPuteri Malu, Si Gareng, Taman Rinduなど当時庶民に広く知られた曲で有名になった。

「Trio Yanti Bersaudaraからのギタープレゼント」
IinとYani、Tinaは成功のさなかで三人の兄たちにギターをプレゼントするのを夢見ていた。彼らは三代のギターをバンドンで有名なjalan Kopoのギター作家のOen Peng Hokに注文した。Peng Hokのギターは三人の兄の音楽への熱情をさらに高めることを彼女らは意図していた。これ以来この三兄弟はますます練習に励むようになった。彼らはラテン音楽の練習し始めた。最終的にSamとその弟のAtjilは弟のDjaka (Jaka)を誘って独自のバンドを結成した。

Bimboの結成
Trio Los Bimbos

Bimboバンドは三人の兄弟、Muhammad Samsudin Dajat Hardjakusumah (Sma)とDarmawan Dayat Hardjakusumah (Acil), Jaka Purnama Dajat Hardjakusumah (Jaka)で1967年に結成された。結成当初Samは音楽において特にハーモニーに関して彼らの限界を切り開いてくれた友人のFR Pattiraneに幾多のアドバイスを受けた。Bimboの名はTVRIのディレクターHamid Grunoが与えたものである。1967年の初めTVRIが放送開始した時このバンドには名前がまだなかった。Hamid Grunoが、素晴らしいという意味を持つBimboの名を使うように仕向けたのであった。それゆえ彼らも自称Bagusと言ったのである。これ以来彼らはまだラテンの匂いのするTrio Los Bimbosという名を使ったのであった。

「Trio Bimbo」
後日彼らはローカルをより印象づけようと名前をTrio Bimbosに変更した。Trio Bimboはラテン音楽に深く影響を受けていた。彼らの弁によるとラテンの曲はスンダの歌に似ているとのことである。ラテン音楽は多数パーカッションを使い、スンダの歌は多数のgendangを使う。その近似性は支配的な短調のメロディという点でもある。
1969年にTrio BimboはRemaco録音会社での録音のために彼らの音楽のコンセプトを提示しようとした。しかしながら、彼らのデモテープはそのままRemacoに拒否された。その理由とはTrio Bimboが持ち込んだ音楽はラテン・フラメンコに洗脳されたポップスでインドネシアでは一般的ではなかったということだった。この件でがっかりはさせられたものの、これからも音楽活動を続けていくという彼らの情熱を緩ませるものにはならず、彼らは継続中の教育を続けたのであった。

「シンガポールでのTrio Bimboの契約」
Trio BimboはシンガポールのOrchard周辺のMing Court Hotelで歌う三カ月間の契約をしたことがあった。ここで彼らは、シンガポール人をはじめ諸外国人のホテル客のためにほぼ毎晩演奏した。契約終了間近になってBimboも事実上ほぼ解散状態の時になり、AcilとJakaは学業を終わらせるために帰国しなければならなかった。ITBの芸術コースを卒業したSamも外国に長期滞在することを望まなかった。それゆえ彼らは記念に一つのアルバムを作成しようとした。インドネシアに帰国する前にBimboは1970年にシンガポールのFontanaレコードのレーベルでPolydorで録音するに至った。

Trio Bimboがアルバム1を録音
Kinetexスタジオでの録音はジャズミュージシャンでフルートとサキソフォン奏者のMaryonoとピアノのMylyonoを巻き込んだものであった。事実、この二人もシンガポールでの演奏契約をしていた。このアルバムはIwan Abdulrachmanの作品のMelati dari Jayagiri, Falamboyanなど12曲が網羅されている。このレコードがリリースされると爆発的人気を得たのはしんじられないだろう。1969年にこのグループはインドネシアのRemacoにデモテープを拒否されたという皮肉があるが、実際には隣国で高い評価を受けた。このアルバムのバックカバーに「歌うことは各個人の感情に最も早く訴える芸術である。言語を用いることなく、聞き手をそこに誘うことができる」という一文が入っているのが見られる。そして事実、聞き手はこのTrio Bimboが発するボーカルに酔うのである。Trio Bimboの出現は当時からTrio Los PanchosやBrothers Four風なオーラを持ち聞き手をデジャヴーに誘うようであった。低音のAcilのボーカルの音色は男性のゴールデンボイスと称賛されたAndy Williamsと双子のようであった。
このアルバムのA面でTrio Bimboは故Tonny Koerwoyoの作品であり1969年にKoes Plusのヒット曲となったアルバムDheg Dheg PlasからManis dan Sajang、更にはDjakaとIwan Abdulrahmanの作品のMelati dari JayagiiriとFlamboyanのような当時最高位であったインドネシアの歌を歌った。やがてこの二つの曲はロマンスの色合いの濃い歌の中でもBimboのトレードマークになった。この二曲はBimboのバラードの典型的なものと言える。その歌詞を開いて分析してみると確かに擬人的な方法は個人的で詩的であると感じられる。このアルバムのB面ではTrio BimboはEl Condor PasaとCecilia (Simon & Garfunkel), Light My Fire (The Doors), Once There Was A Love (Jose Feliciano), Wichita Lineman (Glenn Campbell)、更にはブロードウェイミュージックのRichard RodgersとOscar Hammersterin IIの作品であるThe King and IからのI Have Dreamのような一連の外国曲を歌っている。
Trio Bimbpの最初のアルバムはカセットとレコードで限定量しか製作されなかった。しかしながらインドネシアの音楽界への道をTrio Bimboに開いたのであった。

Trio Bimboが成功した
このAlbum Iのリリースの成功は国家的作曲家が彼らを知るきっかけとなった。かれらも後日続きのアルバムを出すための情熱を掻き立てた。Remacoはその決定を行った。彼らはBimboを続きのアルバムを録音して市場に出す仕事で一緒にやろうと惹きつけた。1970年代にBimboは詩的な歌詞で短調の傾向があるバラード曲で確かに特徴的であった。このことは彼らを独自的にし、ファンからは好まれなかった。彼らの哲学は素晴らしい曲を作って大衆に受け入れられることであった。したがって種々のアルバムはBimboの新しいアルバムの発行を待ち望んでいる愛好家の好みに合わせるべく市場の要求に沿ったものになった。BimboとRemacoの仕事関係は1978年で終了した。Remacoが閉鎖された少し前のことであった。その後、彼らは彼らと仕事を従っていた他のレコードスタジオに移った。

Bimbo
「Trio BimboはIin Parlinaで強化された」
1970年代中盤にBimboは七番目の末っ子の妹のIin Parlinaによって強化され始めた。これ以前Iinは二人の姉のYani(第5子)とTina(第6子)とともにYanti Bersaudaraに参加していた。YaniとTinaが結婚した後Yanti Bersaudaraは解散した。まだ歌いたいと思っていたIinは1971年から今まで三人の兄と一緒にBimboに誘われた。Iin Parlinaという仲間を追加してTrio Bimboは名前をBimboに変えた。Bimboの名はしばしばBimbo & Iinと書かれる。Iinが参加してから、少しユーモラスなAbang BecakからKumis, Tanganさらには目体の一部の名前を使ったタイトルの歌の日常的なテーマの曲にBimboは接するようになった。確かにIinは全てのアルバムに参加したわけではない。このことこそが多くのサポーターにしばしばIinがBimboの追加メンバーであると理解されている理由である。

「Bimboと社会批判アルバムと宗教的アルバム」
1980年代に入るとBimboはAntara Kabul dan BeirutあるいはSurat untuk Reagan dan Brezhnevのような社会批判の曲を演奏するようになった。これとは別に宗教グループとしての特徴がしっかりと着くようになった。ここから市場が受け入れやすい宗教的な歌も追加された。Sam Bimboの作品でTuhanで始まり1974年頃のSajadah(1977)などのカシダのアルバムに続いた。これらの歌は伝説的なものになりしばしばBimboのみならずテレビやラジオで他の歌手によってイスラムの祭日に歌われた。とはいえ、彼らの歌は1990-2000年代にGigiなどの別な歌手により再リリースされた。

「Bimboが作家とコラボ」
創造的な発展の中でBimboはMelati dari JayagiriからFlamboyanに至るまでたくさんの曲を書いたIwan Abdulrachmanのような数人の作家に支えられてきた。音楽の発展の中でBimboはWing KardioとTaufiq Ismailのような一連の作家とコラボを模索してきた。Bimboはその初期に作家のRadadhan KHに詩人Taufiq Ismailを紹介された。このよう経緯が流れて詩人Taufiq IsmailはDengan Puisi, Rindu Rasul, Sajadah PanjangまでのようなBimboの歌に乗せる歌詞を提供した。彼らは独自に詩の形を取る歌詞をつけて宗教的雰囲気を盛り込んだ音楽とを通じてこの国のポップ音楽の宝に色付けしたのであった。イスラムの宗教音楽を作るにあたって実際には作家もウラマとの協業もBimboは必要としなかった。しかしより高い価値を持つ歌詞を作成するために専門家の意見が必要であったのでかれらに協力を求めた。これこそが実際に行われた作業の理由だった。2007年にBimboはJual BeliとHitam Putihの社会批判風なTaufiq Ismailの新作を提示するなどの新しいアルバムをリリースした。

「生存環境を歌う」
Bimboはすでに長いこと環境問題に関与してきた。教育。環境大臣のPak Emil Salimの人気の初期に、Ciliwung河, Harimau Jawa, Cendrawasih, 人口統計などに関する近況問題に関する特別なアルバムを作った。Bimboの今日までの失望はインドネシアの環境条件がますます悪化していくことでありそれを彼らは当時の歌の中に注ぎ込んだのであった。

「Bimboの歌がOrde Baruの政府にブロックされた」
恋愛やイスラムへのいざないの曲ばかりではなく、当時のオルデ・バル(スハルト体制)の支配者に憤慨してJakaが作ったTante Sunのような彼らの歌の一部はこの国の政治社会状態を鋭く批判した。Tante Sunはオルデバル時代に対する批判の始まりであって大衆からの反応はとてもよかった。この歌はジャカルタの国家的イベントでITBマーチングバンドの歌になった。この歌は後日オルデバル時代にブロックされた。

「Bimboはインドネシア音楽の伝説となった」
Bimboは伝説となる長い道のりであった。40年以上にわたって彼らは200枚のアルバムで800曲を生み出した。BimboはPop, keroncong, Dangdut, Klasik Melayu, Pop Sunda、さらには毎年のラマダン明けの大祭のようなときには常に演奏される宗教音楽もリリースしたことがあった。

「Bimbo 40記念コンサート」
Bimboは2007年8月22日にジャカルタで行われた30周年コンサートで成功を収めた。その時も彼らはBimbo40周年記念本の出版とともにポップアルバムもリリースした。

Trio BimboとIinのプロフィール
「Sam Bimbo」
Raden Muhammad Samsudin Dajat Hardjakusumahは1942年5月6日に西ジャワ州クニガン生まれでSam Bimboの名で知られている。Samは七人兄弟の長兄でこのグループのリーダーであった。ITBの芸術科を1968年に卒業した。ミュージシャンとして以外に彼はしばしばその知識の倫理で作品を起こした。絵画の分野では1970, 1992, 2007年にインドネシアで個展を開いた。Samは妻Rubaah Samsudinとの間に四人の子供と四人の孫がいる。末っ子のAsri Dewi Lestari (Achi SHE)はバンドン初の女性音楽グループSHE Bandの一員である。Tuhan (Sam Bimbo)とRindu Rasul (Sam Bimbo, Taufiq Ismaail)の彼の作った曲の幾つかは伝説的な曲になっている。

「Acil Bimbo」
Raden Darmawan Dajat Hardjakusumah, SH (Acil)は七人兄弟の二番目で1943年8月20日に市にジャワ州のバンドンで生まれた。かれはErnawatiと結婚して4人の子供と3人の孫がいる。かれはバンドンのPajajaran大学法学部を1974年に卒業し、1994年に同大学の公証人コースを卒業した。彼はミュージシャン以外に2000に設立されたBandung SpiritというNGOの議長をしているとともに社会文化組織の理事とアドバイザーを詰めている。国内海外を問わずいくつかの行動と社会文化活動を活動的に行っている。

「Jaka Bimbo」
Raden Jaka Purnama Dajat Hardjakusumah, SE. (Jaka Bimbo)は西ジャワ州バンドで1947年5月1日に生まれた。彼はBimboグループの中で最も物静かである。バンドンのPajajaran大学の経済学部を1972年に卒業した。Jakaは七人兄弟の四番目であり、妻Novian Paramithaとの間に三人の子供がいる。Tante Sun, Surat Untuk Reagen dan Brezhnev, Antara Kabul dan Beirut, Citra, Sajadah Panjang などのBimboの数曲をJakaが作った。

「Iin Parlina」
Raden Iin Parlina Hardjakusumah (Iin Parlina)は1952年11月1日バンドンで生まれた。彼女はBimboバンドの唯一の女性歌手である。四人の子持ちの母親はIr. Syahril Anwarの妻である。Iin ParlinaはHardjakusumah家の七人兄弟の末っ子である。

「Bimboの世代交代」
Bimboのメンバーの子供たちは音楽をやるのが普通だった。その中の数人は後日本格的に始めたが残る多数の子孫たちは音楽を続けなかった。この中で本格的にやった人はSam Bimboの子供でAchiと呼ばれるAsri Dewi Lestariであった。彼女はSHEというグループバンドを立ち上げたとともに音楽家のプロになると決心した。この人以外にジャカルタでピアノの教師になることを選んだDeaもいる。

ディスコグラフィー
Trio Bimbo
TRIO BIMBO – TRIO BIMBO (FONTANA 1971)
TRIO BIMBO – TRIO BIMBO (REMACO 1971)
TRIO BIMBO BERSAMA 4 NADA (1972)

Bimbo
BIMBO POP (1973)
BIMBO MENGETENGAHKAN IIN PARLINA (1974)
ABANG BECAK (1974)
BALADA PENDEKAR (1974)
BALADA GADIS DESA (1974)
POP MELAYU MENARI DAN BERGOYANG (1974)
MELATI (1974)
DANGDUT BERSAMA BIMBO (1975)
CLASSIC MELAYU (1975)
POP QOSIDAH (1975)
KERONCONG POP (1975)
POP ROCK (1976)
DANGDUT VOL.3 (1976)
BIMBO BERSAMA RUDY JAMIL (1976)
INDONESIA ANTIK VOL.1 (1976)
INDONESIA ANTIK VOL.2 (1976)
POP BASA SUNDA VOL.1 (1976)
BIMBO LATIN BEAT (1977)
INDONESIA BARU (1977)
INDONESIA ANTIK VOL.3 (1977)
10 TAHUN PERJALANAN BIMBO (1977)
POP BASA SUNDA VOL.2 (1977)
POP BARU 1978 (1978)
TEKA TEKI TAHUN 2000 (1978)
BIMBO 1979 (1979)
BIMBO SPECIAL POP (1979)
ANTARA BOGOR DAN CIANJUR (1979)
BIMBO ‘80’ CINTA TERLARANG (1980)
MASS MEDIA (1981)
MENYAMBUT ABAD 15 HIJRIAH (1981)
ALBUM KENANGAN (1981)
CITRA NAN BIRU (1981)
KAMPANYE PEMILU ’82 (1982)
SURAT UNTUK REAGAN & BREZHNEV (1983)
DANDUNG IN PUNK ROCK (1983)
ANTARA KABUL BEIRUT (1984)
ROMANTIKA HIDUP (1984)
CINTA KELESTARIAN (1984)
FAJAR ABAD 15 HIJRIAH KITA ADALAH SATU (1985)
LESTARIAN INDONESIA (1985)
BIMBO ’85 (1985)
OPINI BERITA TAHUN MACAN (1986)
SAYA CINTA BUATAN INDONESIA (1986)
QASIDAH ’97 (1997)
QASIDAH ‘IBUNDA KITA, SURGA KITA’ (1999)
TAQABALLAHU MINA WAA MINKUM (2002)
ALBUM 40 TAHUN BIMBO (2007)
SEMOGA JALAN DILAPANGKAN TUHAN (2007)
WARISAN : BIMBO AND FRIENDS (2012)

Album Solo
WANITA – Acil Bimbo (1994)
KENAPA HUTANKU KAU BAKAR? – Sam Bimbo (1997)

フィルモグラフィーi
AMBISI (1973)
SEMALAM DI MALAYSIA (1975)
TANTE SUN (1977)

出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Bimbo

Bob Tutupoly
歌手
Bobby Willem Tutupolyは1939年11月13日スラバヤで生まれ、2022年7月5日ジャカルタにて没した。享年82歳。
彼はBob Tutupolyの名でより広く知られているインドネシアのアーテイストである。彼は1965年にPattie Bersaudaraと共演してジャカルタでレコーディングを開始した。続いて彼はLidah Tak BertulangやTiada Maaf Bagimu、Tinggi Gunung Seribu Janjiなどで有名になった。
彼は歌うことに興味をひかれていたが、最終的には1960年代にThe Jazz RidersバンドのBill Saragihに参加した。
1969年に彼は米国に渡りニューヨークにあるPertamina所有のレストランのマスターになった。1977年に帰国してから彼はSlamet Adriyadiの創作曲のWiduriを歌ったことがポピュラーになりそれ以降とても有名になった。彼はまたTVRIのクイズ番組の司会者もしている。

幼少期
Bob Tutupolyはマルク出身のAdolf Laurens TutupolyとElisabeth Wilhemmina Henket-Sahusilawaneの間の五人の子供のうちの二番目であった。彼は1939年11月13日にスラバヤのDiponegoro通のWilliam Booth病院で生まれた。Bobには兄のChristian Jacobs Tutupolyと三人の弟Alexander Barthes TutupolyとHendrika Laurensia Tutupoly、Adolf Tutupoly Jr. (ジョグジャカルタでの独立戦争時1947年に死亡)がいた。父親はオランダ植民地時代以来インドネシア独立宣言以降はインドネシア国軍の海軍勤務であった。Bobと家族は当時首都であったジョグジャカルタに転居することになった。その子1953年にスラバヤに戻りPasar Turi小学校に就学した。小さい頃からBobと四人の兄弟たちは父親から軍隊教育を受けた。Bobの芸術的才能はこの両親から受け継いだもので、父親は笛の奏者で母は教会の聖歌隊であった。Bob Tutupolyは引き続きスラバヤのKristen Embong Wungu中学校とKatolik St. Louis高校で教育を受けた。彼はスラバヤのPerguruan Tinggi Ekonomi (Airlanga大学の経済学部)とPajajaran大学の経済学部に挑戦したが学業は中途で挫折してしまった。

経歴
Bob Tutupolyが歌の世界に耽溺したのは小さい頃から声を指摘されてきたからであり彼は青年期に小遣いの足しにするための金儲けのために歌った。高校時代にBobはDidi PatiraneにRRIのジャズクワルテットに誘われ、BobもMande-mandeと Sulie, Donci Bagiciのようなマルク地方の歌を録音した。この録音は国営レコード会社のLokanantaが提供したものであった。当時BobはChen Brothers (Bubi Chen, Nico, Jopie ChenとFrans)に上流層の舞踏会に出演するために参加するよう誘われた。Tutupolyは以前にもBhinneka Ria でBubi Chen, Laudy Item, Award Seweileh, Marius Diaz, Hasan Alamudin, Yusminと共演したことがあった。このバンドはスラバヤのバンドフェスティバルとジャカルタでおこなわれた全ジャワバンドフェスでも優勝した。Bhinneka RiaはTrio Los Pancosと共演するに至りOto Bemo, Kopral Jonoなど1960年にJack Lesmanaとともに録音した。バンドンでの就学中にBobは、バンドン市内のナイトクラブやHotel HommanやBumi Sangkuriangなどのホテルで演奏したYongki Nusantara率いるCresendoグループに参加した。1963年にThe Ridersがタイで働いていた当時のボーカリストBill Saragihを彼に交代することを申し出た。The RidersとともにBobは一か月に15回もHotel IndoneisaのNirwana Supper Clubに出演した。BobはHotel Indonesiaに出演したばかりではなくTVRIや招待された他の場所にも出演した。

「アルバム」
Panca NadaのリーダーのEnteng TanamalがBobにRemacoでPatties Bersaudaraとともにクリスマス曲を録音しようと持ち掛けた。その後、BobもGunung Seribu JanjiやTak Mungkin Kulupa, Tiada Maaf Bagimu, Batu Nisanのようないろいろな歌を録音するようになった。彼は国内で出演するだけではなく、マレーシアやシンガポール、香港などにも出演た。1966-1969年に彼はABRI放送最高人気歌として表彰された。これ以外にレコードが売れた結果で彼はゴールデンレコード賞も受けた。1969年にBob Tutupolyはグループ内にインドネシア人がいてロサンジェルスに本拠地のあるアメリカで録音しプロデューサーを見つけるという約束のVenturasのオファーで米国に渡った。この二つの約束は果たされることがなくYamaha Buena Parkでパートの仕事をせざるを得ず、サンフランシスコとロサンジェルスで歌うためにThe Midnighterに参加した。Bobは最終的にラスベガスのナイトクラブとカジノで歌うためにラスベガスに移った。そこで彼は発売はされなかったがHello LA と Bye-Bye Birminghamを収録するに至った。この町で彼は同社のPR担当になりRestoran Ramayanaの歌手になる機会を与えてくれたPertaminaの子会社であるPelitaの社長のHaryonoに出会った。このレストランはニューヨークにあるPertaminaが設立したインドネシアレストランでありインドネシア観光の促進機構としても機能していた。Bobはこのレストランの支配人の地位に座っていたが結局1976年に彼はインドネシアに帰国しSlamet Aryadiの創作曲のWiduriの録音を行った。1978年にBobとGrace SimonはASEANアーティスト交換でインドネシア代表に選抜された。彼は1980年のポップスフェスティバルで優勝し日本の武道館で行われた国際フェスティバルでもインドネシア代表となった。
彼のアルバムの幾つかは以下の通りである。
The Best Song Of Bob Tutupoly Widuri
Album Nostalgia 2
Album Cinta Nostalgia 2
Tembang Kenangan Pop Indonesia Vol 6 "Kerinduan"

「テレビの司会者」
若い時分からBob Tutupolyは司会者として知られていて、彼が出たのはkuis Pesona 13 (一年半), Silih berganti (二年間)、 Ragam Pesona (五年間)であった。Bobの司会番組に呼ばれたことのあるゲストでインドネシアのセレブにはBenyamin Sueb, Chintami Atmanagara, Henny Purwonegoro, Meriam Bellina, Iis Sugianto, Neno Warismanなどがいる。中年になってからBobは数年間IndosiarでTembang Kenangan (懐メロ番組)の司会を務めた。

「フィルモグラフィー」
歌手以外の分野でBob Tutupolyはいくつかのインドネシアの映画に出演している。Bob Tutupolyが出演した映画はGli Innamorati Della Becak (Kisah Cinta si Tukang Becak) (1958)と Penasaran (1977), Sebelah Mata (2008)であった。Gli Innamorati Della Becakはイタリア人に終わらされた映画でありこの映画でBobはIndriati IskakとThe Baby Dolls (Baby Huwae, Gaby Mambo, dan Lintje Tambayong atau lebih dikenal sebagai Rima Melati)と共演した。

他の業績
歌以外にBob Tutupoliは国際的なアジアのステージにインドネシアの芸術を持ち込む義務のある文化大使にもなった。BobはマルクのSiswa Lima芸能団を1985年と1988年にオランダの諸都市のステージに持ち込んだことがあった。彼はしばしばゴルフやバレーボール、バスケットボール、バドミントンで運動している。Bob TutupolyはPT. Widuri UtamaとWiduri Promotionを立ち上げ、移住省と森林省と一緒に働いている。Bob Tutupoly個人も子供宗教社会組織全国連合会の議長を務めたこともあった。Bubi Chen Bubi と Enteng Tanamal, Bob Tutupoli, John Reny Rehatta, Christ Manusama dan Zeth LekatompessyとともにBob Tutupolyはマルクを第一としたインドネシアの音楽の巣院に貢献したことでAmbon Jazz Plusの高い評価を受けた。

家族
Ramayana Restaurantの支配人を任されていた時にBobはそこで踊っていたインドネシアのダンサーのRosmayasuti Nasution (Yosie)と知り合った。Bob Tutupolyは1972年に婚約した。この妻は1972年のNone Jakartaになった。1977年4月15日にBobとYosieは司法書記の前で正式な夫婦となった。この結婚にはAdnan Buyung NastionがYi\osie側の家族の証人としてLeo LopusilaがBob側の証人として立ち会った。それ以前に彼らは互いの信仰の違いにより九カ月間にわたる裁判を行わなければならなかった。彼らの娘は1978年1月29日に生まれSasha Karina Tutupolyの名がつけられた。
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Bob_Tutupoly

Broery Marantika
歌手
Broery Marantikaの名前でも知られているBroery Pesulimaは1948年6月25日にマルク州のアンボンで生まれ、2000年4月7日に西ジャワ州Depokにて没。享年51歳。
彼は伝説的なインドネシアの歌手であるとともに編曲家でもあった。

家族
彼の本名はSimon Dominggus Pesulimaであるが歌手活動の間は母方の名前を取ったBroery Marantikaの名を使っていた。彼は母方の叔父のPdt. Simon Marantikaにそだてられた。父親は Gijsberth Pesulimaで母親はWilmintje Marantikaという名であった。BroeryはHenkyとFreejohn, Helmiの三人の兄弟がいる。Helmi Pesulimaも歌手として有名である。

経歴
数ある曲の中で有名なのはMawar BerduriとAngin Malamである。彼は2000年に脳梗塞を患いそれ以降病院を出たり入ったりしていた。Broeryは妻と二人の子を残した。
Broeryはシンガポールでアジアでその名をとどろかせていたAnita Sarawakという名の同地の歌手と最初の結婚をした。この結婚中にBroeryはBroery Abdullahの名前を使った。離婚後彼は名前を元通りにしてキリスト教徒に戻り1989年にWanda Irene Latuperissaと結婚した。彼らには1990年7月23日に生まれたIndonesia Putra Pesulimaと1991年に生まれたNabila Methaya Pesulimaがいる。
BroeryにはAstrid Kayhatuとの間に1971年11月17日に生まれた婚外子Trian Kayhatu Pesulimaがいる。

死亡
Broeryは2000年4月7日にDepokのPuri Cinere病院で闘病中の脳梗塞の治療中に死亡した。

作品
「ディスコグラフィー」
Widuri
Mengapa Harus Jumpa
Siti Nurbaya
Seiring dan Sejalan (duet dengan Sharifah Aini dari Malaysia)
Selamat Tinggal
Aku Jatuh Cinta
Ayah
Kharisma Cinta
Aku Orang Tak punya
Duri Dalam Cinta
Senja Di Kuala Lumpur
Sabar Menanti
Rindumu Rinduku
Abang Beca
Kasih
Biarkan bulan bicara
Cinta
Waktu potong Padi
Sabar Menanti
Mungkinkah
Antara Cinta dan Dusta
Balada seorang Minta-minta
Alam Jadi saksi
Senja Kelabu
July and Romi
Layu Sebelum Berkembang duet degan Emillia Contessa
Nasib Pengembara duet dengan Emillia Contessa
Setangkai Bunga Anggrek duet dengan Emillia Contessa
Bahasa Cinta duet dengan Vina Panduwinata
Untuk Apa Lagi duet dengan Vina Panduwinata
Aku Begini Engkau Begitu ciptaan Rinto Harahap
Jangan Ada Dusta di Antara Kita duet dengan Dewi Yull
Kharisma Cinta duet dengan Dewi Yull
Segalaku Untukmu duet dengan Dewi Yull
Rindu yang Terlarang duet dengan Dewi Yull
Dekat Tapi Jauh duet dengan Ziana Zain dari Malaysia
Jangan Ada Dusta di Antara Kita duet dengan Rossa

「アルバム」
2001 "Selamat Tinggal" exclusive solo.
Cinta Kilat Album Cinta
1991 The best of Broery Marantika "Hati yang Terluka"
30 years in review vol 2 "Daku Cari Jalan Terbaik"
30 years in review vol 3 " Angin Malam"
Best of the best Top Pop vol 2 "Jangan Kau Menangis"
Persembahanku Album "Untukmu" 1970
20 Golden Best "Mawar Berduri"
"Balada Seorang Biduan"
Koleksi Hits 1970 - 2000 "Kasih"
Memories Hit's Broery Marantika "Kaulah Segalanya"
"Mengapa Harus Bertengkar" duet dgn Dewi Yull.
Tembang Kenangan vol 5 "Hapuslah Air Matamu"
Tembang - tembang 1970 "Sepanjang Jalan kenangan"
Tembang Kenangan "Resah"
1989 "Aku Begini kau Begitu": You're My inspiration: Before You Go.
1992 The best collection of Broery Marantika ( Kuala Lumpur Mal: Warner Music WEA )
1993 " Dalam Gelora Cinta"
15 lagu - lagu slow cinta terlaris 1995 "Kasihku Bukan Cintamu"
1995 "Kasihmu Kasihku
Penghargaan
1997 Pemenang dengan lagu Surat Untuk Kekasih di Malaysia Official Music Industry Award ( AIM ).
1996 Album soundtrack terbaik di Malaysia Hapuslah Air Mata
1991 meraih penghargaan dalam enam kategori di Jakarta Music Festival. Broery bernyanyi lagu Once There Was Love

フィルモグラフィー
Matahari Hampir Terbenam - 1971
Brandal-Brandal Metropolitan - 1971
Lagu Untukmu - 1973
Akhir Sebuah Impian - 1973
Kasih Sayang - 1974
Bawang Putih - 1974
Jangan Biarkan Mereka Lapar - 1974
Hapuslah Air Matamu - 1975
Wajah Tiga Perempuan - 1976
Impian Perawan - 1976
Perempuan Histeris - 1976
Sesuatu Yang Indah - 1976
Istriku Sayang Istriku Malang - 1977
出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Broery_Marantika

 Budi Doremi
歌手・俳優
Budi Doremiの名で知られているBudi Syahbudin Syukurはインドネシアの歌手で俳優である。彼は1984年9月19日生まれ。
芸名に使っている「ドレミ」は2012年にリリースしたシングル盤から採用したものである。
【個人生活】
彼はRachmatullahとSwaryahの間の子でバンテン州とランプン州で育った。
【ディスコグラフィー】

スタジオアルバム

題名 内容 参考
1 Hari yang Cerah

コンパイレーションアルバム

題名 内容 参考
Musikini Super Hits
  • リリース: 27 Agustus 2019
  • レーベル: Jagonya Musik & Sport Indonesia
  • Format: CD
Musikini Super Hits 2
  • リリース: 21 April 2021
  • レーベル: Jagonya Musik & Sport Indonesia
  • Format : CD
Dua Warna Cinta
(Virgounと共演)
  • リリース: 8 April 2022
  • レーベル: Dr. M
  • Format: CD, unduhan digital

シングル盤

メインボーカルとして
題名 最高位 アルバム
IDN Songs
"Hatiku Telah Dijleb Jlebin Kamu" 2013 Single non-album
"Tolong" 2018 Musikini Super Hits
"Tolong (Ku Sudah Bosan Sendirian)"
(menampilkan Pinkan & Billy)
2020 Dua Warna Cinta
"Melukis Senja" Musikini Super Hits 2
"Tentang Dia"
(Ashillaと共演)
Single non-album
"Mesin Waktu" 2021 17 Dua Warna Cinta
"Tak Kan Hilang" 2022 2 Single non-album
ステージ歌手として
題名 アルバム
"Ling Ling Cinta Yang Hilang"
(Edric Tjandra プロモート)
2016 Single non-album
【フィルモグラフィー】

映画

題名 配役
2015 Catatan Akhir Kuliah 大学の助手
2016 Jangan Dengerin Sendiri Budi
2017 Baracas: Barisan Anti Cinta Asmara Jubir

テレビドラマ

題名l 配役
2015 Ini Reog アシスタントMC
2018 The Mask Singer Indonesia パネリスト 第二巻Musim kedua
2022 Idola Cilik ゲスト審査員 第六巻第四話
【表彰とノミネート】
カテゴリー 候補名 結果
2012 Dahsyatnya Awards 新人 Budi Doremi ノミネート
Nickelodeon Indonesia Kids' Choice Awards 好みの歌手 優勝
Inbox Awards 男性ソロ歌手 ノミネート
Anugerah Planet Muzik 新人最高男性歌手リクルート "Doremi" ノミネート
2013 Dahsyatnya Award Penyanyi Solo Pria Terdahsyat Budi Doremi ノミネート
2014 SCTV Music Awards Penyanyi Solo Pria Paling Ngetop ノミネート
Inbox Awards Penyanyi Solo Pria Paling Inbox ノミネート
2020 Billboard Indonesia Music Awards Top Male Singer of the Year ノミネート
Top 100 Song of the Year "Tolong" ノミネート
Top Streaming Song of the Year (Audio) ノミネート
Top Streaming Song of the Year (Video) ノミネート
2022 Anugerah Musik Indonesia Karya Produksi Original Soundtrack Terbaik "Takkan Hilang" (OST. DJS the Movie: Biarkan Aku Menari) ノミネート
SCTV Awards Soundtrack Sinetron Paling Ngetop "Mesin Waktu" (OST. Takdir Cinta yang Kupilih) ノミネート
Indonesian Music Award Male Singer of the Year "Mesin Waktu" 未定
Nada Sambung Pribadi of the Year 未定
 出典
https://id.wikipedia.org/wiki/Budi_Doremi
目次に戻る  PopIndoの目次に戻る   Cのアーティストへ

2020/12/13 作成
2021/08/31 修正
2022/07/16 加筆 Bob Tutupoly死去

2023/02/16 追加

inserted by FC2 system