嗚呼、インドネシア
71話 ジャカルタで早朝サイクリング
クバヨランバル一周コース
筆者が住んでいるGandariaを起点にしてコースを紹介します。

サイクリングコースは大気汚染が激しい大通りをできるだけ避けるように選んであります。

 道路が混んでいない時はJl. Gandaria TengahからBaritoを通過しJl. Melawai Rayaの交差点まで行きます。
ポイント 説明
@  Jl. Sisingamangarajaの歩道の上を走ってバスターミナルの南側の通りにでます。朝早くだとこのあたりが立ち売り新聞の分配場になっています。
2011-03-19
A  そのままPasarrayaの北東の角でJl. Istandarsyahを横切り、Ambara hotelの先の角を右折します。
J l. Tirtayasa 8からJl. Tirtayasa 7に右折し、警察大学の角の交差点を直進します。
 次の信号を直進してJl. Cikajangに入ります。道になりに走ると徐々に下り坂になり、Jl. Walter Mongisidiの大通りにぶつかります。
B  Jl. Walter Mongisidiから一本手前の道路の交差点まではJl. Walter Mongisidiからの一方通行を逆行しますので左折してくる自動車には十分気をつけてください。大通りを少し東に逆行したところで横断してJl. Ciranjangに入ってすぐ右折してJl. Ciasemを進みます。ここいらへんは静かで空気がきれいな住宅街ですので、楽しんで走りましょう。
Jl. CiasemがKebayoran baruの外周通りであるJl. Suryoにぶつかる直前のJl. Ciasem 2に左折し、そのまま直進します。Jl. CiniruからJl.  Cibeberに進み、道なりに進むと、Jl. Erlangga Rayaの植木市場の南端に出ます。そこを北上します。
 最初の角を左折しJl. Erlangga 1を進みJl. Gunawarmanに出ます。
C  Jl. Gnawarmanは交通量が多く、信号が全くないため自動車やバスが猛スピードでひっきりなしに走っていますので、なかなか横断できません。危険を覚悟で自動車の流れに乗って横断します。
 Jl. Mataramに入ればもう一安心です。豪邸がずらりと並んでおり車もほとんど走っていませんので風景を楽しみながら走りましょう。Jl. Sriwijaya Rayaを左折し南下しMabes Polri前を右折したのち、Jl. Pattimuraを左折し、Mabes PolriとPLN Pusatの間の大きな交差点に出ます。
D  この交差点は信号が長く、朝は警官の手信号が優先されるので、できるだけ右側(道路中央部)によるか、あるいは信号待ちの車列の最前列まで行って、車の流れの間を縫って信号を無視して交差点を右折してしまいます。Lapangan Polriの西側沿って南下しブロックエム・バスターミナル北側に出ます。バスがたくさん走っていたり停車していますので、周りには十分注意してください。
E  バスターミナルの西端はJl. Sisingamangarajaに面しています。この通りの中央分離帯には柵が設けられていますが、その隙を縫って無理やり横断しちゃいます。渡ったところは空港行きのリムジンバスDamriのターミナルです。停車しているバスの間を縫ってタクシーがたくさん出てきますので対面交通にご注意を。
 ここを過ぎるとJl. Mahakamに入り、やや下り坂の下がAyodya公園です。ここを右折するのですが、左から右折してくる車が多いので、注意を。
F  Ayodya公園の西側にあるJl. Barito Rayaを横断して、南北に長い公園の東口にはいります。南に進むとどぶ臭い川を渡る橋がありますのでそれを渡ると西口から公園を出られます。
 その後はどこを通っても同じですから好きな通りを選んでください。
 このコースでは、Pasar Mayestikの北側が含まれていません。
 なぜかというと、信号のない一方通行が多い上に自動車やオートバイが猛スピードで走っているため安全なコースを選ぶのが困難なためです。

表紙に戻る 次に進む

目次に戻

2011-05-07 作成
2012-01-10 追加
2015-03-21 修正
 

inserted by FC2 system