嗚呼、インドネシア
71話 ジャカルタで早朝サイクリング
市長とサイクリングしませんか?
 大気汚染がひどく交通マナーの悪いこのジャカルタで、何をいまさらサイクリング、と思われる方もいるでしょうが、昨年からサイクリングブームに火がついて、今年は自転車がおおうれに売れているそうです。

 筆者はもともとサイクリングが好きで十数年前からインドネシアのあちこちでぶらぶらと走っていました。

 昨年11月からジャカルタに長期出張になり、毎日事務所に座りっきりの生活を余儀なくされています。体重はメキメキ増加してしまい、なんとかしなくちゃと思っていた時に、住んでいる地域のPak Lurah (町長)から強い誘いがあり、毎週というよりほとんど毎朝7から8kmを走っています。

 ここでは火曜日と金曜日に行われている早朝サイクリングについてお話しましょう。

 この早朝サイクリングは上記の町長さんがジャカルタ南市長に提案して始まったもので、我々がサイクリングしている間、警察官ががっちり他の交通を遮断してくれますので、安全ですし、脱落者がいてもトラックで回収してもらえます。参加者は毎回約50名です。

 スタートはJl. Ciomasと Jl. Citayamの交差点の角にある市長公邸で、6:15〜6:30出発です。終点はAyodya公園で、鶏粥がふるまわれます。所要時間は約40分です。
ルートは下の地図の赤い矢印の通りです。
 途中での休憩はありませんし、トイレもありませんのでご注意を。

 
(以下は2012年1月10日更新分)
 2011年11月頃に南市長さんの任期が終わり、副知事に任命された元市長さんの事務所までいくために、火曜日と金曜日のサイクリングコースが変わりました。
 変更後のサイクリングコースはつぎのとおりです。
 Taman Ayodya 6:30出発- Jl. Sisingamangaraja - Jl. Sudirman - Jl. Thamrin - Jl. Merdeka Selatan - Balai Kota 7:30頃着。一休みしてから出発地に戻ったり、他の行事に参加することが多い。この行事の全てに付き合っているとブロックMに戻れるのは9時過ぎになりそうです。
 コース中の脱落・帰宅も自由です。ちなみに筆者はSemanggiから西に折れてSenayan の西側のJl. Asia Afrikaを通って宿舎に戻っています。宿舎着は大体7:15頃です。
スタート地点ではこんな感じで集まっていました。 Jl. Ciomas IV

110412-03s 市長公邸正門前


公邸入口 オレンジ色のチョッキが会のユニフォーム


警備の警官たち

どういうわけか筆者もいつの間にかサイクリングクラブの一員に。(April 05, 2011)
チョッキを着せてくれているのが市長のMr. Syahrul Effendi
次に進む

目次に戻る

2011-05-07 作成
2012-01-10 追加
2015-03-21 修正
 

inserted by FC2 system